愛知県壁紙(クロス)クリーニングのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

愛知県の壁紙(クロス)クリーニング業者

Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...

実際の依頼例

愛知県における壁紙(クロス)クリーニング業者の依頼例

よくある質問

壁紙(クロス)クリーニングの料金はどのくらいかかる?

クリーニング費用の相場目安は、クロスクリーニング1㎡(1平方メートル)で500~1,000円です。一般的な6畳の部屋は、1万6千円~3万円程度が相場です。汚れがそれほどひどくない場合は安く済みますが、ヤニや油汚れが染み込んでいるときは張替えとそこまで変わらない金額を請求されることもあります。事前に無料で見積もってもらいましょう。天井がそこまで汚れていないときは、天井のクリーニングを無しにしてもらえば費用を抑えることができます。

壁紙(クロス)クリーニングの依頼における注意点は?

クリーニングの費用は部屋の大きさではなく、クリーニングを行ってもらいたい範囲の平方メートルで決まります。窓やドアなどが多く壁紙が少ない部屋だと損をする、といったことはありませんが、最低(ミニマム)料金や最低(ミニマム)範囲を設定されていることもあります。クロスの種類によってもクリーニング料金が変わります。量産クロスとよばれるスタンダードな壁紙と比べて、機能性の高いハイグレードな壁紙のクリーニングは1.4倍程度費用がかさむため、クロスのグレードを把握しておくことも大切です。

壁紙(クロス)クリーニングを依頼する流れは?

複数のクリーニング業者に見積もり依頼を取り、比較しましょう。業者を決めたらクリーニングに来てもらいますが、クリーニングの範囲によっては部屋を使えない、家から出ないといけないと言うことも起こり得ます。

クリーニングは、壁紙自体を張り替えるよりも安価ですむことが多いです。壁紙がひどく破れているなど状態が悪いケースを除き、クリーニングで費用を抑えるのがいいでしょう。壁紙の汚れがひどく漂白が必要な壁紙は、漂白剤を塗ってから6~12時間ほど液剤を染み込ませる時間が必要です。クリーニングが終わる時間が遅くなることもあるため、クリーニングの日は丸一日予定を空けておきましょう。

壁紙(クロス)クリーニング業者の選び方は?

クリーニングと張替えのメリットとデメリットをわかりやすく比較して解説してくれる業者を探しましょう。最初に1〜2社に見積もりを取り現場を見てもらった後に、セカンドオピニオンとして別の業者の見積もりも取り、最初の業者と比較してもいいでしょう。

他社との比較を許さない、他社に依頼せずにこのままうちに依頼しませんか、と詰め寄る業者は避けたほうがいいとも言われます。見積もりで業者が現地確認に来るときは、家族何人かがいる日時を設定したり、友人に立ち会ってもらうなど、業者何人か対1人の客、男性業者対女性の客にならないようにすることも大切です。

その他気を付けるべきポイントは?

壁紙の汚れには大きく分けて5種類あります。手垢の汚れは、人の出入りが多い玄関周りや階段によく見られます。小まめに拭き取れば問題ありませんが、時間が経過するほど手垢汚れは落ちにくくなります。窓から差し込む太陽光による日焼けは、部屋全体のクロスが黄ばんだようにくすみます。厳しい西日が差し込む箇所は劣化しやすい傾向にあるため、カーテンで遮るなどの工夫が必要です。長年同じ位置に写真立てやカレンダーなどを飾っておくと、その部分だけくっきりと跡になってしまうこともあります。冷蔵庫やエアコン付近の黒ずみは、電気焼けによる黒ずみです。電化製品を長期間クロスに近づけた状態で使用すると起こる現象で、掃除での除去は困難です。

喫煙する部屋の壁紙の黄ばみはヤニによる汚れです。タバコのヤニは煙となって部屋全体に行き渡るため、壁だけでなく天井までどんどん黄ばんでいきます。さらにタバコの匂いまでもが壁紙に付着します。キッチン周りは油ハネや飲食物が付着します。油を含んだ煙が部屋中に充満し、コンロ付近以外の壁紙がくすむ原因となります。油汚れは粘着性が高く、一度付着してしまうと跡になりやすいです。