神奈川県小田原市トイレリフォーム業者のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

神奈川県小田原市のトイレリフォーム業者

普段は工務店の工事が主ですが、近年、直接のお客様が少しずつ増えてきており、実績とともにお客様の信頼も得ております。 お客様のライフスタイル・ニーズに合わせたプランニング・施工をし、『鈴木総建でやってもらって良かった』と言って頂けるよう、精一杯の努力をさせていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

私たちスドウ工営は、地元密着で今までやってきて、皆様のおかげで、9年間やってくることができました。 もちろん施工の質に関しても常に上を目指し、多くの資格を取得するなどしてまいりました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

西湘ペイント株式会社は、建築塗装業、リフォーム業を営む会社です。主に外壁・屋根等の塗装工事、防水工事、リフォーム工事等を行っています。完全自社施工で、どこよりも安く・早く、質の高い技術で大切なマイホームが新築同然の明るいマイホームに生まれ変われる工事を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

チャーリーケアは、福祉用具の販売及びレンタルを行っている会社です。自立支援用品や介護用品の販売・レンタルの他に、住宅の改修工事も手掛けています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

有限会社下里住設店は、住宅リフォーム業者です。主に水道衛生工事、住宅設備工事、リフォーム工事、新築工事などを手掛けています。施工から管理までを、自社施工・自社管理で行っており、機械や労務コストを抑えることを可能にしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

J・システム株式会社小田原営業所は設備工事の会社です。太陽光発電、オール電化の工事を行っています。生活スタイルやニーズに合わせた商品をアドバイスしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社西山建築設計事務所は一般の住宅、マンション、店舗、官庁施設の新築からリフォーム、古民家再生まで幅広くの設計を行っている会社です。主に専用住宅・店舗・事務所ビル・集合住宅・保育園、幼稚園、老人ホーム・医院・官庁施設等の新築及びリフォームの計画、設計、管理業務、開発企画業務を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

タカラスタンダード株式会社は、住宅設備機器を製造する住宅機器メーカーです。主な事業内容は、システムキッチン、システムバス、洗面化粧台、トイレ、エコキュート 、ホーロー壁装材等の製造・販売です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社朝倉風呂住宅設備は水まわりの設備を中心に活動している企業です。浴室 従来浴室の改修や、システムバス・換気乾燥暖房機・水栓類取替及び修理などを取り扱っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社朝倉風呂住宅設備は水まわりの設備を中心に活動している企業です。浴室 従来浴室の改修や、システムバス・換気乾燥暖房機・水栓類取替及び修理などを取り扱っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

有限会社三共ハウス防除は建築工事・害虫駆除の会社です。主な業務内容は害虫駆除・防除、有害鳥獣駆除、床下防湿・防カビ、屋根・外構、内装、水廻り、外構、地震対策家屋補強工事です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社東海ビルメンテナスは施設総合管理を行っている会社です。主に一般ビル清掃管理(オフィス、病院、官庁等)、ショッピングセンター総合管理(清掃管理、設備管理)、マンション管理(耐震補強、建築物定期検査、改装工事・改修工事の企画・設計・施工・管理)等を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

トイレリフォーム業者をお願いしました

小田原市におけるトイレリフォーム業者の依頼例

よくある質問

トイレリフォームの料金はどのくらいかかる?

普通の便座から温水洗浄便座に交換する場合には、トイレ内にコンセントが必要です。トイレ内にコンセントがない時には電気工事や内装工事も必要で数日かかります。コンセントさえあれば、便器の交換にかかる時間は30分から2時間程度です。TOTOのベーシックなタンク式トイレに交換した場合、商品代と工事代を合わせて約19~34万円程度です。

タンクがある便座をタンクレスのものに交換すると、TOTOのローシルエットデザインのトイレに交換した場合は、商品代と工事代を合わせて約28~47万円程度です。

トイレを内装ごとリフォームする場合、地域や住宅の構造、選択した便器、内装の仕様などにより、価格が大幅に変動します。相場は19~34万円程度ですが、便器の性能や内装の建築材料や工事内容によって価格は上がります。

トイレリフォームの依頼における注意点は?

便器便座機能だけを向上させたい場合でも、温水洗浄便座を設置するためにはアース線の取り付けができるコンセントが必要です。コンセントがないトイレの場合は、コンセントを新規設置するための電気工事が必要になり、費用と時間がかかります。

トイレリフォーム業者が現地調査、つまり実際の現在のトイレを見て、他の部屋との配線の兼ね合いなどを調査して初めて「必要な工事」「案内できる内容」がわかることも多いため、「単純に金額だけ先に教えてください」ということができないこともあります。正確な見積もりを知って正しく予算などを検討するため、まずはリフォーム業者に現状を見てもらい、見積もり金額を算出してもらいましょう。

トイレリフォームを依頼する流れは?

トイレリフォームを特に急いでいない場合、最低2社のリフォーム業社にリフォーム金額を出してもらい、予算と比較しましょう。トイレのトラブル、例えば水道が破裂した・詰まって水が流れないもしくは水があふれるなど、急を要するトイレのトラブルには「とりあえず見積もりを」などとゆっくり時間をかけるわけにも行きません。

しかし特に急いでいないリフォームを検討中の場合、見積書を複数手に入れて比較し、業者の対応や相談のしやすさも含めて比較してください。業者を決めたら着手金を支払って着工、完了したら清算します。

トイレリフォーム業者の選び方は?

現在の要望だけではなく、家族構成や生活の変化に伴う提案もしてくれるような、今後も相談できそうな、相談しやすそうな事業者を選びましょう。例えばトイレは、家族構成の変化に伴って手すりを取り付ける、内装を広くとるなどのバリアフリーリフォームをしたほうがいい場所です。未来も視野に入れながら、現在の要望についても耳を傾けてくれるようなリフォーム業者を選びましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

家族が1人でも使いづらいと感じたら、トイレのリフォームを検討することをおすすめします。家族が高齢になることで和式便器で用を足すのが難しくなったり、洋式便器でも立ち上がるのが難しくなるものです。また、古いトイレはどうしても水道料金が高くなるので、家計のためにリフォームを考える人もいます。何らかの不具合を感じたら、リフォームを検討する時期といえるでしょう。