奈良県防犯カメラ設置のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

奈良県の防犯カメラ設置工事業者

防災機器や消防設備の維持や保守点検はお任せください。 スプリンクラー設備や火災報知器、泡消火設備など総合防災設備工事を及び機器を販売から施工まで行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

カギの事ならお任せ下さい。カギの紛失や、金庫の番号を忘れた、車のカギの閉じ込めなどすぐにご対応いたします。 また、合鍵が作れない安心なカギや、カギの増設など防犯に関するご相談もアドバイスさせていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

鍵、スペアーキー作製とガラスの事ならお任せ下さい。 他店では作れない合鍵でも作製できます。紛失キーの作製、キー番号からの作製、鍵・錠前の修理、ガラス入替も行っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

カギのことならお任せ下さい! カギの専門店ハウザー生駒まで! 鍵交換 鍵修理 鍵開け 金庫 住宅 自動車 バイク 紛失キー制作 ◎カギ折れ、カギの欠損によるトラブル なぜか急にカギが回らなくなった… ◎ロッカーや机のカギの紛失 スーツケースの鍵をなくした。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

「家の鍵を無くしてしまった」、「車にキーを置いたままロックしてしまった」、「金庫の番号を忘れてしまった」、「机やロッカーの鍵を無くしてしまった」など。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

防犯カメラ設置工事業者をお願いしました

奈良県における防犯カメラ設置工事業者の依頼例

よくある質問

防犯カメラ設置工事の料金はどのくらいかかる?

自分でカメラを購入して、業者に設置してもらう工事費の平均価格は約43,000円で、価格帯は3万~5万円です。工事費の内訳は(設置・配線・調整・録画機器設定・現地調査費用)などの基本的な項目が含まれています。配線が長く必要になる場合や、設置場所の構造などによって工法・料金が異なる場合もありますので、設置前に必ず現地調査を行ってもらい、正確な見積を出してもらいましょう。

業者にカメラの購入から設置までサポートしてもらう場合の平均価格は約76,000円で、価格帯は5万~10万円です。内訳は(基本的な性能のカメラ一台・録画機器一台・設置・配線・調整・録画機器設定・現地調査費用)です。カメラの画素数が高く鮮明に録画可能なモデルなど、グレードの高いものを選択すると商品差額が発生します。

設置のみの場合と同様、必ず現地調査し見積を出しましょう。その際にカメラを設置する目的や設置場所をしっかりと伝え、プロ目線のアドバイスをもらいながら疑問はどんどん質問し、納得行くプランと見積になってから工事を行いましょう。

防犯カメラ設置工事の依頼における注意点は?

自宅の周囲や駐車場に防犯カメラを設置することによって、不法侵入や車上荒らしなどの被害を防止する効果を期待出来ます。防犯カメラの撮影範囲に侵入するのを直接抑止するだけでなく、住人の防犯意識が高い家だとアピールすることによって精神的に躊躇させる効果もあります。防犯カメラが見える位置に「防犯カメラ作動中」のステッカーや防犯シールを貼り、侵入者にカメラの存在を意識させることも有効です。

防犯カメラ設置工事を依頼する流れは?

複数の業者に同じ条件で相談をして、見積書や提案を比較しましょう。予算に応じて最も良いと思えるカメラを決めて、施工日や支払い条件を確認します。カメラの取り付け工事を行い、動作確認の結果問題なく動くことがわかったら完了、料金を清算して完了です。

防犯カメラ設置工事業者の選び方は?

業者によっては、持ち込みカメラ(自分で購入したカメラ)の取り付けは断られる場合もあるので、依頼する前に確認しましょう。工事前に設置予定のカメラを業者に伝えておくなど、トラブルが起こらないように連絡を密に取り合う必要もあります。また、電源工事が必要なタイプのカメラ設置工事は、電気工事士の資格を持っていないと行えません。選べるカメラに制限が出ないよう、業者の電気工事資格の有無を確認しておきましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

年々進化するカメラ性能のおかげで、鮮明に記録された映像により犯罪解決するケースは増えています。空き巣などの犯罪で犯人が写っていた場合、証拠品として警察に提出し、捜査に使われることがあり検挙率のアップが期待出来ます。自宅の塀に車で当て逃げされたなど、泣き寝入りしてしまう事が多いケースでも、車のナンバーが写っていれば犯人を特定することが可能です。

ネットワークに接続出来るカメラが増えており、離れた場所から映像を見られる機能を生かして、見守りカメラとしての設置が増えています。室内に設置して、留守番中の子供の様子を見守る、ペットの様子などを外出先からスマートフォンで確認する、といったことが可能です。高齢化に伴い、遠方に住んでいる両親の様子を確認する、といった使い方も増えています。