富山県イベント撮影のプロが近くにいます

どちらでイベント撮影カメラマンをご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

富山県のイベント撮影カメラマン

office-tt

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

現在のレベル

ブロンズ

こんにちは。 フォトオフィス・ティーツー(代表:清水俊之)と申します。 富山を拠点に北陸はもとより全国に出張撮影をしております。 企業様向けだけでなく個人様も直接お請けさせていただいております。

. . . (もっと読む)

Media Art Zusi

ニューユーザー

現在のレベル

ニューユーザー

リーズナブルに質の高い撮影をより身近なツールへこんにちは、撮影制作クリエイターのモリサキです(^.^)私はプロカメラマンとして北陸を中心に活動させて頂いております。

. . . (もっと読む)

庄司 力斗

ブロンズ

現在のレベル

ブロンズ

楽しい撮影現場と満足な結果を重視します!!イベントにカメラマンが欲しい! 何気ない1日を形に残したい。 特別な日はもちろん残しておきたい。 そんな想いにお応えする写真を撮ります。

. . . (もっと読む)

人生の節目に記念に残る、素敵な写真撮影を当スタジオでしませんか? マタニティフォトや、お宮参りから、バースデー、節句、入学、卒業、成人式や、舞妓さん、芸者さんに変身フォトまで、各種撮影できます。

. . . (もっと読む)

イベント撮影カメラマンの写真一覧


写真をクリックで詳細を表示

Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...

実際の依頼例

富山県におけるイベント撮影カメラマンの依頼例

イベント撮影の種類とポイント

式典や行事

周年行事や記念式典の撮影は、あらかじめ写真の用途と式の進行を伝え、可能であれば会場の地図も見せておきましょう。式典の主催者側に、どこまでカメラマンの立ち入りが可能なのかも確認し、カメラマンのドレスコードも伝えます。

写真の用途や撮影してほしいシーンをカメラマンに伝え、行事や式典の主役を引き立てるような写真を心がけてもらい、正面からだけでなく、斜め、横、背後からのアングルで聴衆も写り込ませて、など色々な写真を撮影してもらいます。

式典や行事の目的やテーマがわかるように、看板、横断幕、受付の様子なども撮ってもらいます。参加者の表情をクローズアップして撮影するのも、会場の雰囲気が伝わる良い手段です。

各種発表会やステージなど(ピアノなどの音楽、ダンスなど)

発表会の撮影では、カメラマン用の座席の確保が大切です。なるべく舞台正面の位置がいいでしょう。カメラマンにとってのベストポジションを会場運営者に聞き、その位置を確保します。

ピアノの発表会であれば、入場退場以外は決まったポジションでの演奏になりますから、撮影はさほど難しくありませんが、バレエやダンスといった動きのある演目ではソロ、群舞、照明など、変化に富んだ動きのある演出に対応してもらうよう、被写体の動きや撮りたいシーンの構図を指定しておいてもいいです。

カメラの操作音やシャッター音が発表者や参加者の妨げにならないよう、できるだけ無音にしてもらいましょう。また会場によっては三脚の使用ができない、一脚なら使用可能、撮影補助機材全般の使用が禁止されているということもあります。事前に会場や主催者に確認を取り、カメラマンに伝えましょう。

学校行事

入学式の子供達のピカピカのランドセル姿、初々しい制服姿、屋外での桜を背景にした写真は定番です。卒業式なら、卒業証書を手にして、卒業式の立て看板の横での定番写真や、思い出の詰まった校舎を背にしての撮影も良いものです。立て看板は人気の撮影スポットなので空いているタイミングで早めに撮っておきましょう。

謝恩会や教職員の退職は、主役となる教職員の表情を積極的に収めてもらいます。挨拶のスピーチや余興、食事、記念品の贈呈など、式典などのかしこまった席とは異なる、楽しげでリラックスした表情を捉えたいところです。

地域のイベント

地域活性化イベントや商店街イベントは、たくさんの人にその地域に来てもらい、好きになってもらって、お金を使ってもらうことが目的です。タウン誌、自治体の広報誌やサイト記事など写真の用途に応じて写真を残しましょう。来場者の楽しそうな様子、メインイベントや最も盛り上がった催し、イベントグッズやゆるキャラなどの撮影もいいでしょう。

その地域ならではのグルメや、湯気が立ちのぼるホカホカの食べ物、そこでしか行われない催し物や、スタッフや参加者の笑顔をクローズアップしたり、会場全体の雰囲気がわかる写真も撮ります。イベントに参加したことのない人でも、写真を通じてその地域を好きになってもらえるような活気あふれる瞬間を残しましょう。

イベント撮影の料金と相場

屋内のイベント

イベントはやり直しができないのでプロのカメラマンに出張撮影を依頼すると安全です。料金は撮影時間に応じて料金が変わることがほとんどです。

・1時間 20,000円程度
・2時間 34,000円程度
・3時間 40,000円程度
・4時間 60,000円程度
・延長1時間につき 10,000円程度

出張場所によって往復の交通費などの出張費が発生することがあります。キャンセル料は、早いところでは10日前から発生します。当日キャンセルの場合は、料金の100パーセントがキャンセル料となることがほとんどです。屋内の照明の程度により、ストロボ使用料が別途発生することがあります。

屋外のイベント

屋外でのイベントも基本的な出張撮影料金は屋内イベントの場合と同じです。撮影時間に応じて料金が変わります。

・1時間 20,000円程度
・2時間 34,000円程度
・3時間 40,000円程度
・4時間 60,000円程度
・延長1時間につき 10,000円程度

特に、当日の天気に左右されやすい屋外でのイベントの場合は、悪天候による急なイベント中止の可能性も考慮しましょう。

写真の枚数

プロカメラマンが納品してくれる写真のカット数は撮影時間により変わります。大体の平均カット数は、1時間40カット前後、2時間90カット前後、3時間150カット前後、4時間200カット前後です。カメラマンによっては時間内のカット数無制限の場合もあります。

イベントの開催時間、カメラマンの拘束時間

イベントの時間に合わせて、カメラマンに撮影を依頼します。イベントの開催時間が長ければ、カメラマンの拘束時間も長くなり、料金も高くなります。拘束時間には撮影だけでなく、撮影に必要な機材のセッティングなども含まれていますので、拘束時間=撮影可能時間ではありません。撮影に必要な機材のセッティングや撤去に短くても〜20分は見込んでおきましょう。

・式典など 1時間~1.5時間程度
・ピアノやバレエの発表会 3時間~4時間程度
・結婚式の二次会 2時間程度
・企業の謝恩会、歓送迎会、退職パーティーなど 2時間程度
・入学式、卒業式、謝恩会など 1時間~3時間程度
・お祭りや地域のイベント 3時間~10時間程度