東京都葛飾区イベント撮影のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都葛飾区のイベント撮影カメラマン

TKG_Works

4.8
starstarstarstarstar
ニューユーザー

是非、最高の今の瞬間を一緒に残しましょう!!★コロナ対策について★ ・毎日検温し体調管理をしています。 ・マスクの着用、  ハンドジェルアルコール除菌  をして撮影いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

落合直哉(カペレグラフ)

5.0
starstarstarstarstar
ニューユーザー

笑うと芸人のバカリズムさんに似てると言われます。初対面でもすぐに仲良くなれるニュートラルさが自慢です。 ウェディングをはじめとする人物撮影に特化しており、どんな一般の方も魅力的に写すことを得意としています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

高橋写真館

4.8
starstarstarstarstar
シルバー

as you likeな撮影を心がけておりますブライダルで100回超の撮影経験があり、新郎、新婦お二人の一生の記念日となるような撮影を心がけてきました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

「あなたの笑顔を未来へ!」ビデオ、写真の撮影を中心に、CG、web関連、司会者の手配、楽曲提供、等々、広くメディア全般を扱います。綿密なお打ち合わせを元に、丁寧な施行。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

山内宗洋写真事務所

ニューユーザー

下積み時代にあらゆる撮影を勉強しています。Instagram: 2006年法政大学法学部政治学科卒業。大学在学中よりカメラアシスタントを始める。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

北島 和将

0
ニューユーザー

様々な現場を豊富に体験、特に「食」には高いこだわり初めまして。 フリーカメラマンとして活動しております、北島和将と申します。 アクセスありがとうございます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

都内にて映像制作を行っております。C-Innovationと申します。 業務用ビデオカメラを使用し、高品質に映像を残す事ができます。 今は動画時代です、企業プロモーションには動画は必須です! 対応ジャンル イベント ライブ セミナー PV MVなど。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

青木 司

ニューユーザー

鉄道風景写真が好きです。写真は、趣味で5年目になります。会社は、20年勤続で鉄道会社の販売部門にいます。又、Facebookのイベントグループお散歩フォトで大野智美プロのもとで3年になります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

Lasp舞台写真株式会社

ニューユーザー

写真のクオリティで選ぶならLasp Inc. !Lasp舞台写真マガジン PHOTO KIMONO A情報サイト

. . . (もっと読む)
詳細を見る

富山 裕文

ニューユーザー

実績作成中プロフィールをご覧いただきありがとうございます。 現在、会社員として映像制作・写真撮影・デザイン業務を行なっており、休日にカメラマンをしております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

有限会社亀有スタジオは、東京都の撮影スタジオです。3代に渡る確かな実績と、「町の写真館」独特のアットホームな雰囲気と親身な対応が特長です。七五三・成人式・卒業式・入学式・結婚式等の記念写真から証明写真、宣材写真まで様々な撮影を請け負っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ひらまめ写真館は、葛飾区の写真館です。七五三やお宮参り、成人式や入園・入学などの各種記念撮影を行っており、証明写真も撮影しています。「みんなの思いが一つになった最高の写真を残すことができる写真館でありたいと」日々邁進しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

イベント撮影カメラマンをお願いしました

葛飾区におけるイベント撮影カメラマンの依頼例

よくある質問

イベント撮影の料金はどのくらいかかる?

イベント撮影の料金は、1時間で20,000円程度、2時間で34,000円程度、3時間で40,000円程度、4時間で60,000円程度、延長1時間につき10,000円程度が目安です。会場や場所によって往復の交通費などの出張費が発生することがあります。キャンセル料は、早いところでは10日前から発生します。当日キャンセルの場合は、料金の100パーセントがキャンセル料となることがほとんどです。屋内の照明の程度により、ストロボ使用料が別途発生することもあります。特に、当日の天気に左右されやすい屋外でのイベントの場合は、悪天候による急なイベント中止の可能性も考慮しましょう。

イベント撮影の依頼における注意点は?

イベントの開催時間が長ければ、カメラマンの拘束時間も長くなり料金も増額となります。さらに拘束時間には撮影だけでなく、撮影に必要な機材のセッティングなども含まれていますので、拘束時間=撮影可能時間ではありません。撮影に必要な機材のセッティングや撤去に短くても〜20分は見込んでおきましょう。大体のイベントの所要時間をお伝えします。式典などは1時間~1.5時間程度、ピアノやバレエの発表会は3時間~4時間程度、結婚式の二次会は2〜3時間程度、企業の謝恩会・歓送迎会・退職パーティーなどは2〜3時間程度、入学式・卒業式・謝恩会などは1時間~3時間程度、お祭りや地域のイベントは3時間~10時間程度の拘束時間です。

また、プロカメラマンが納品してくれる写真のカット数は撮影時間により変わります。料金が納品カット数に応じて変わることもあります。拘束時間による平均カット数は、1時間40カット前後、2時間90カット前後、3時間150カット前後、4時間200カット前後です。

イベント撮影を依頼する流れは?

イベントのスケジュールに対して、どのような写真を撮影してもらいたいのかを主催者側であらかじめ確認しておきましょう。その上で複数の会社やカメラマンに見積もり依頼を取り、条件や内容を比較します。これまでの実績も確認しましょう。1社に絞ったら、守ってもらいたい服装やTPOなども伝え、撮影可能場所や立ち入り可能場所も地図などを渡して撮影当日までにカメラマンに伝えておきましょう。契約書を交わさない場合は、契約内容や支払い条件をメールでやりとりするなど齟齬がないように形に残しておきます。全ての撮影やデータの納品、支払いなどが完了したら終了となります。

イベント撮影業者の選び方は?

カメラマンに「これまでの、イベント撮影の実績」を確認しましょう。例えばスポーツ系の写真を撮影が得意なカメラマンと、展示などの静止物の撮影が得意なカメラマンなど、カメラマンによって得意な被写体が異なります。来てもらいたいイベントで「どんな被写体を、撮影して欲しいのか」「これまでに、同様の撮影経験があるか」を確認しましょう。

イベントはやり直しができないため「プロの、イベント撮影経験のあるカメラマン」に出張撮影を依頼すると安全です。例えば式典や行事は、目的やテーマがわかるように、看板、横断幕、受付の様子なども撮ってもらいます。参加者の表情をクローズアップしたり、引いて撮影したりと、プロのカメラマンであれば加減がわかっています。逆に、加減や撮影のポイントがわかっていないほぼ素人に近いようなカメラマンに撮影を依頼するのはリスクがあるかもしれません。

その他気を付けるべきポイントは?

イベント撮影では、カメラマン用の座席や場所の確保が大切です。カメラマンにとってのベストポジションなどを会場運営者に聞き、その位置を確保します。