undefinedイベント撮影のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

新潟県のイベント撮影カメラマン

井浦カメラ店

5.0
starstarstarstarstar
ニューユーザー

コミュニケーションを取り笑顔の写真を撮ります!井浦カメラ店は、新潟県新潟市の写真店です。 人生の節目や大切な記念日も、 時間がたてば記憶が薄れてしまうもの… 当店は、そんな特別な一瞬をかたちに残すお手伝いをしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

Eternal Moment

4.8
starstarstarstarstar
シルバー

撮る側も撮られる側も皆が笑顔のカメラマンです😀各種イベント、パーティー、プロフィール写真、ポートレート、家族写真、会社店舗案内等々、永遠の思い出として残したいシーンや色々な人に見て頂きたいものを美しく撮影します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

新潟県長岡市を拠点にしている、フォトスタジオです。 人物、イベント、広告等のスチール撮影全般にご対応いたします。 またスタジオでは、各種ポートレートや商品撮影も可能で、スタジオ前の公園ではロケーション撮影もできます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

空から 世界へ 映像を通じた情報発信ドローンによる空撮を中心とした映像制作を行っています。企業案内を始めとした各所PR動画、YouTube動画制作も行っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

赤ちゃん写真や七五三、入園・入学などお子様の記念撮影から、成人式、結婚式やフォトウェディング、ご家族の記念写真から証明写真まで、確かな技術とサービスでお客さまにお写真を提供いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

umes photo

0
ブロンズ

結婚式場やテレビ局、スタジオカメラマンを経てフリーランスのカメラマンをやっております。 ブライダルや子供撮影、成人式、記念撮影等モデルや被写体の自然な動作、表情を大切にして撮影をしております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社アトス

ニューユーザー

写真撮影全般、ビデオ撮影、TVCM制作、TV番組制作をやっております。 30年以上の経験を生かしリーズナブルな提案を、させていただきます。 代表の中沢は、特に写真撮影に長けており、オーディション用宣材写真、カタログ、パンフレット写真などを他社に負けないクォリティで提供いたします新潟県写真家協会理事 新潟県発刊、フォレストマガジン オフィシャルカメラマン 新潟日報事業社発刊、ふれっぷカメラマン 四季の写真コンテスト グランプリ、 新潟県美術展覧会 奨励賞他、受賞多数。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ドローンによる各種空撮サービスと、水中ドローンによる水中撮影サービスを専門とする会社です。空撮用ドローンは、室内での飛行から雨天でも飛行可能な機種を各種ラインナップし、様々なシチュエーションに対応できる体制を整えております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

長岡 泰地

ニューユーザー

写真撮影及び写真レッスンをいたします。 様々な案件に対応可能です。 instagram→@taikick_i_i Email→ HP→ 料金や時間帯。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

EN studio works

0
ニューユーザー

楽しかったと言われる写真撮影を!写真を通して人が喜ぶこと、感動すること、楽しんでもらえることをやろう」 と思い、人と人を繋ぐスタジオフォト、ブライダルフォトを始めた。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

カサイスタジオ

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

カメラマン歴40年の経験と技術で欲しかった納得のいく写真を撮影します。(協)日本写真館協会、日本写真文化協会

. . . (もっと読む)
詳細を見る

コダカメラ

ニューユーザー

お客さまに満足して頂ける写真を提供し。 お客さまに感動して頂ける写真を提供。30年強の撮影経験があり赤ちゃんからエンディングフォトまで撮影します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

イベント撮影カメラマンをお願いしました

新潟県におけるイベント撮影カメラマンの依頼例

よくある質問

イベント撮影の料金はどのくらいかかる?

イベント撮影の料金は、1時間で20,000円程度、2時間で34,000円程度、3時間で40,000円程度、4時間で60,000円程度、延長1時間につき10,000円程度が目安です。会場や場所によって往復の交通費などの出張費が発生することがあります。キャンセル料は、早いところでは10日前から発生します。当日キャンセルの場合は、料金の100パーセントがキャンセル料となることがほとんどです。屋内の照明の程度により、ストロボ使用料が別途発生することもあります。特に、当日の天気に左右されやすい屋外でのイベントの場合は、悪天候による急なイベント中止の可能性も考慮しましょう。

イベント撮影の依頼における注意点は?

イベントの開催時間が長ければ、カメラマンの拘束時間も長くなり料金も増額となります。さらに拘束時間には撮影だけでなく、撮影に必要な機材のセッティングなども含まれていますので、拘束時間=撮影可能時間ではありません。撮影に必要な機材のセッティングや撤去に短くても〜20分は見込んでおきましょう。大体のイベントの所要時間をお伝えします。式典などは1時間~1.5時間程度、ピアノやバレエの発表会は3時間~4時間程度、結婚式の二次会は2〜3時間程度、企業の謝恩会・歓送迎会・退職パーティーなどは2〜3時間程度、入学式・卒業式・謝恩会などは1時間~3時間程度、お祭りや地域のイベントは3時間~10時間程度の拘束時間です。

また、プロカメラマンが納品してくれる写真のカット数は撮影時間により変わります。料金が納品カット数に応じて変わることもあります。拘束時間による平均カット数は、1時間40カット前後、2時間90カット前後、3時間150カット前後、4時間200カット前後です。

イベント撮影を依頼する流れは?

イベントのスケジュールに対して、どのような写真を撮影してもらいたいのかを主催者側であらかじめ確認しておきましょう。その上で複数の会社やカメラマンに見積もり依頼を取り、条件や内容を比較します。これまでの実績も確認しましょう。1社に絞ったら、守ってもらいたい服装やTPOなども伝え、撮影可能場所や立ち入り可能場所も地図などを渡して撮影当日までにカメラマンに伝えておきましょう。契約書を交わさない場合は、契約内容や支払い条件をメールでやりとりするなど齟齬がないように形に残しておきます。全ての撮影やデータの納品、支払いなどが完了したら終了となります。

イベント撮影業者の選び方は?

カメラマンに「これまでの、イベント撮影の実績」を確認しましょう。例えばスポーツ系の写真を撮影が得意なカメラマンと、展示などの静止物の撮影が得意なカメラマンなど、カメラマンによって得意な被写体が異なります。来てもらいたいイベントで「どんな被写体を、撮影して欲しいのか」「これまでに、同様の撮影経験があるか」を確認しましょう。

イベントはやり直しができないため「プロの、イベント撮影経験のあるカメラマン」に出張撮影を依頼すると安全です。例えば式典や行事は、目的やテーマがわかるように、看板、横断幕、受付の様子なども撮ってもらいます。参加者の表情をクローズアップしたり、引いて撮影したりと、プロのカメラマンであれば加減がわかっています。逆に、加減や撮影のポイントがわかっていないほぼ素人に近いようなカメラマンに撮影を依頼するのはリスクがあるかもしれません。

その他気を付けるべきポイントは?

イベント撮影では、カメラマン用の座席や場所の確保が大切です。カメラマンにとってのベストポジションなどを会場運営者に聞き、その位置を確保します。