東京都西東京市オフィス 清掃(クリーニング)のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都西東京市のオフィス清掃業者

安心安全な洗剤使用/誠実/明朗会計/清潔【年間施工実績500件以上】NPO法人日本ハウスクリーニング協会認定のプロのハウスクリーニング士がいるお店になります。

詳細を見る

オールマイティーは、西東京市の便利屋です。引越 不用品処分 ハウスクリーニング 遺品整理を行い、ちょとした事、こんなことは何処へ頼めばいいの? という皆さまのお困り事を解決しています。

詳細を見る

メリーメイドは、株式会社ダスキンが全国展開する家事代行サービスです。主な営業品目は、掃除、洗濯、買いもの、調理、アイロンがけ、片づけ、収納サービス等です。

詳細を見る

西東京市清掃事業協同組合は、清掃業・ハウスクリーニング・廃棄物処理などを行っている会社です。組合は西東京市の家庭から排出されるごみや資源物の収集運搬を受託していた6社により平成20年11月に設立いたしました。

詳細を見る

東京綜合管理株式会社は、清掃業・ハウスクリーニング・廃棄物処理などを行っている会社です。設備管理業務(空気調和設備及び給排水設備の保守管理、消防用設備の保守管理)、環境衛生管理(建物内外の日常・定期クリーニング、特殊設備ルームクリーニング(クリーンルーム・コンピュータールーム)、空気環境測定・水質検査、クリーンルーム清浄度・リーク測定、ねずみ・衛生害虫等の防除、 貯水槽・汚水槽・雑排水層の管理・清掃、グリースストラップのクリーニング、クリーンマット各種レンタル、緑地管理(樹木の選定、害虫駆除)、警備・保安(施設常駐警備・巡回警備)などを行っています。

詳細を見る

有限会社下田商会は、清掃業・ハウスクリーニング・廃棄物処理などを行っている会社です。西東京市と東久留米市の業務委託を受け、一般廃棄物、一般家庭ごみ・事業系ごみ・家電リサイクル及び、し尿汲取りの廃棄物運搬収集サービスを行っています。

詳細を見る

落合クリーニングはクリーニング店です。特殊品を除き、すべて自家処理しております。ブランド品クリーニング、リフォーム(寸法直し、カケハギ、ファスナー取替など)も承ります。

詳細を見る

住美サービスは、清掃業・ハウスクリーニング・廃棄物処理などを行っている会社です。会社所在地は、東京都西東京市富士町です。

詳細を見る

秋本清掃有限会社は、清掃業・ハウスクリーニング・廃棄物処理などを行っている会社です。会社所在地は、東京都西東京市東伏見です。創業は、昭和34年9月です。

詳細を見る

有限会社東亜ビルサービスは、清掃業・ハウスクリーニング・廃棄物処理などを行っている会社です。会社所在地は、東京都西東京市芝久保町です。

詳細を見る

株式会社ホライズンは、清掃業・ハウスクリーニング・廃棄物処理などを行っている会社です。会社所在地は、東京都西東京市中町です。

詳細を見る

有限会社アドは、清掃業・ハウスクリーニング・廃棄物処理などを行っている会社です。会社所在地は、東京都西東京市柳沢です。

詳細を見る

実際の依頼例

オフィス清掃業者をお願いしました

西東京市におけるオフィス清掃業者の依頼例

よくある質問

オフィス 清掃の料金はどのくらいかかる?

巡回料金を週1回で行うと、月額約14,000円~30,000円程度、週2日で行うと月額約24,000円~40,000円程度です。

その他オフィス清掃で行われる清掃内容ごとの料金は、床洗浄とワックスがけは約15,000円~50,000円程度、カーペットウェット洗浄は約25,000円~40,000円程度、ガラス清掃は約15,000円~120,000円程度、業務用エアコン洗浄は約15,000円~43,000円程度(1台あたり)程度です。

ガラスの清掃は、高所作業が必要な窓は別で専用ゴンドラの料金がかかることがあります。業務用エアコン洗浄は、台数に応じて割引が適用されることがあります。ワックスがけで剥離洗浄も行う場合は通常のワックスがけの2倍程度の料金がかかります。

オフィス 清掃の依頼における注意点は?

オフィスの専用部分の清掃を自社の社員が行う会社もありますが、社員が本来の業務に集中し、仕事の効率化を図るためにも、オフィス清掃は専門の業者に依頼するといいでしょう。清掃の専門業者に依頼することで、短時間で清潔にすることができます。清潔な状態を常に保つことは、将来的に建物の寿命を延ばすことに繋がります。自社ビルの方は時に気にかけたいですね。

また飲食店などの店舗も、厨房内には頑固な油汚れもあり、店内には飲食客によって付けられる汚れも多いため、日常的な清掃を専門業者に依頼すると安心できます。

オフィス 清掃を依頼する流れは?

清掃のパターンをいくつか想定し、それぞれの見積もりを取りましょう。また、例えば植木の手入れやオフィスグリーンの水やりや点検など、現在いくつかの会社に任せているいくつかの仕事をまとめることで費用が変わることもあります。

清掃の頻度や時期別の見積もりを取り、数社で比較しましょう。長く付き合いのある会社がある場合でも、定期的に他社と条件を比較するといいでしょう。1社に絞ったら契約内容を確認して契約を交わし、支払い条件に応じて支払いを行い、清掃業務を進めてもらいます。

オフィス 清掃業者の選び方は?

実績の有無、中でも「悪い実績」の有無を確認しましょう。オフィス内に立ち入って作業してもらうため、社員しか知り得ない情報や機密情報を確認することも、できないわけではありません。社員や顧客の情報を保管している場所の清掃を任せるわけですから、慎重に業者を選定しましょう。

清掃員が全員自社雇用で身元がはっきりしている業者は安心できますが、自社雇用ではなく、身元がはっきりしない清掃員も出入りしている会社を起用する場合は、顧問弁護士などにも相談するといいでしょう。何かが起きてからでは遅いからです。清掃の質や値段も大切ですが、オフィスや特定の場所に出入りする人を厳選することも大切です。外部組織によるデータ漏えいなどの事件事故が起きることも想定しましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

オフィス内の簡単な清掃や日常清掃だけでも、ハードフロア、カーペット、デスクや椅子、ガラス窓やサッシ、ブラインド、エアコンなどの空調設備、照明器具、布製ソファなどのインテリア製品、トイレ掃除などがあります。他には、気になる臭いの脱臭、除菌デスクまわりやその他のゴミ箱内のゴミを回収、分別、搬出も清掃の一部です。またオフィス「ビル」の清掃には、玄関出入口とその周辺、外壁、通路のハードフロア、カーペット、食堂や給湯室、喫煙室や共用ゴミ箱の回収、分別、搬出などが発生します。

掃除が社員でまかなえそうな場合でも、害虫駆除やワックスがけ、窓掃除、空調設備、貯水槽など、特殊なオフィス清掃は業者に依頼しましょう。例えばワックスがけは、はじめにゴミやホコリを掃除機を使って掃除し、必要があれば備品などの養生をし、洗剤を塗布して汚れを浮かせ、ポリッシャーと呼ばれる床磨き用の機械で洗浄をした後、汚水を吸水バキュームなどで取り除き、モップなどで吹き上げてから十分に乾燥させます。次に、奥から順に出口に向かってワックスを塗布し、仕上げに送風機やエアコンで乾燥をします。劣化した古いワックスの黒ずんだ塗膜を除去してから新たにワックスがけを希望する場合は、剥離剤を使用して剥離洗浄をワックスがけの前に行います。ワックスがけにかかる時間は延べ床面積80㎡程度のオフィスであれば、2時間程度ですが作業員の人数などで前後します。ワックスがけの前に剥離洗浄を行う場合は、ワックスがけのみの場合の大体2倍程度の作業時間が必要です。手間も時間もかかります。