岐阜県ホームページ作成・制作のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

岐阜県のホームページ制作業者

ORG

ニューユーザー

はじめまして。ORGと申します。在宅勤務を希望する駆け出しデザイナーを組織してお値打ちなHP制作、更新をする会社を経営しており岐阜市以外の全国の企業からの問い合わせを頂いております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

なんでも受けますちょっとした大工工事から外構 、左官タイル貼りまでやらせてもらっております。 リフォームで玄関などイメージを変えてみませんか?タイルを貼って新しいイメージにすると変わります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ホームページ制作業者をお願いしました

岐阜県におけるホームページ制作業者の依頼例

よくある質問

ホームページ作成・制作の料金はどのくらいかかる?

簡単なホームページ作成・制作を依頼する場合の平均料金は約20万円程度です。価格帯は15万~30万円程度です。簡単なホームページとは、トップページ及び各種ページ、商品一覧やブログ機能などを有するタイプです。お知らせ機能や資料請求ページといった特殊機能を付け加える場合は、オプションとして1項目ずつ料金が追加されます。できるだけ費用を抑えたい場合は、デザインテンプレート(ひな形)を利用する方法もあります。本格的なホームページ作成・制作を依頼する場合の平均料金は約50万円程度です。価格帯は30万~80万円ほど。価格帯に幅があるのは、機能が増えるほど料金が加算されるためです。独自のシステム機能や高度な技術を導入すると100万円以上かかることもあります。本格的なホームページとは、基本ページやお問い合わせページなどの通常スペックの他、ショッピングができる機能やSNS機能などの複雑な機能を含みます。月額運用費・維持費は平均で7,000円程度です。価格帯は5,000円~10,000円ほど。運用費の中には、レンタルサーバー費が月額数千円、ドメインレンタル費が年間数千円が含まれます。さらに、ホームページ制作業者による管理や更新の作業を行うための人件費が含まれます。

ホームページ作成・制作の依頼における注意点は?

ホームページ制作会社に仕事をした際にかかる費用の内訳は、主に制作費と運用費です。制作費とは、ホームページのデザインを行う費用です。それぞれのページのデザインや見せ方、ページ割や細かな動作、アニメーション制作などが該当します。ディレクション費(プロモーション企画や提案)、ページ構成の作成、各ページのデザイン(カラーやコンセプト)、文章・写真のレイアウト、アニメーション、または画像スライド、コーディング費(インターネット言語に書き換える作業)、インターネットに繋ぐためのシステム構築などです。ホームページのカラーやレイアウトなどのデザイン構成は、ホームページ制作会社が提案してくれますが、掲載する文章や写真・イラストなどは発注側が用意する場合もあります。依頼したホームページ制作会社が提示した制作費の中に含まれる項目は、発注前に細かく確認しましょう。

ホームページ作成・制作を依頼する流れは?

複数のホームページ作成・制作業者に連絡を取りましょう。可能な限り無料の相談などを活用して、どのような方針でウェブサイトを作り、どのような実績があるのか確認しましょう。比較しながら絞っていき、1社に決めたら契約を交わします。契約書など、書面で契約条件を残したものを取り交わすといいでしょう。支払い条件に従って前金などの支払いを進め、ホームページ作成・制作を進めてもらいます。

ホームページ作成・制作業者の選び方は?

これまでの実績や、作成・制作時に大切にしていることなどを確認しましょう。大手や納期の早い業者などは、価格が安かったり、納期が早かったりとメリットが多いですが、営業担当と制作担当が分かれているとか、決まった型やテンプレートで制作することでコストを抑えていることもあります。個人業者でも品質の良い業者はたくさんいます。「すぐに納品はできない」「少し先のスケジュールであれば対応できる」ような個人業者は納期がかかりますが制作を外注していないところも多く、時間はかかるもののコミュニケーションの齟齬なども起きづらく、また「すぐには納品できない=仕事が詰まっている」だけの良い仕上がりで仕上げてくれます。ホームページ作成・制作でポイントになるのは「使用する写真と文章」です。業者がこれまでにどのようなホームページを製作してきたか確認して、オリジナリティのある写真を使って作成しているか(自社製品や自社社員の写真を撮影しているか?それともコストを抑えて、購入できるイメージ写真などを流用しているか?)、文章には独自性があるか?(自社や自分のビジネスの強みが伝わる文章を作成してくれるか?)なども確認をしましょう。ホームページを作る目的は、閲覧者に自社の魅力や自分の強みを伝えて、今後の取引や売り上げにつなげるため、作成するのではないでしょうか。作成・制作側や運営する側が作成しやすいことよりも、作成後、ホームページ閲覧者にとって魅力が伝わように仕上げてくれるかどうかを重要視すると良いでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

ホームページ作成時に使用する写真を提供するよう求められることもあります。どの写真を使うか、選ぶかどうかも大切です。今、多くの人は何かを調べるときにインターネットやSNSを使います。美しく俳優やモデルのようである必要はありませんが、商品や人の良さが伝わる魅力的な写真を用意しましょう。スマートフォンのカメラも高性能なものが増えていますが、場合によってはカメラマンを起用して撮影してもらっても良いのではないでしょうか?カメラマンの撮影する写真の仕上がりはやはりプロとは違います。