神奈川県消防用設備・用品・保守点検のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

神奈川県の消防用設備・用品・保守点検業者

ミツハマ防災設備株式会社は、宮前区の消防用設備総合取り扱いを行う会社です。消火器具、屋内/屋外消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備等の消防用設備の設計・施工・販売を行っています。

詳細を見る

相日防災株式会社は防災事業を行っています。消防設備点検の他、防災訓練や耐震施工、企業防災備蓄品の提案などを行います。多種多様な防災用品を取り扱っており、最新の防災事情を把握しています。

詳細を見る

株式会社神奈川発電機サービスは、非常用発電機の保守点検、修理設置業務を行う会社です。そして、車で客先(主に東京都内・神奈川県内)を回り、保守・点検業務を行うことを手掛けています。

詳細を見る

シマツ株式会社関東営業所は、総合商社であるシマツ株式会社の関東営業所です。仕事で使用する文房具から清掃用品、軍手などの作業用手袋やレザーゴーグルや防塵マスクなどの作業安全衛生防護用品、建設用品など様々な業種の仕事で使用する用品を販売しています。

詳細を見る

有限会社オガタ商会は、消防用設備・用品販売、保守点検を手掛けている会社です。企業、一般向けに地震防災グッズ、避難はしご、非常用持ち出し袋、救急箱、アルファ米、消火器、ヘルメット、防災頭巾、毛布、煙感知器などの防災グッズ、防犯用品、環境用品(ハンドソープ)の取扱いをしています。

詳細を見る

株式会社ヒラボウ小田原営業所は 消防設備・通信設備の設計・施工・保守点検等を行っている会社です。知識と技術を持った消防設備士・点検資格者が、消火・警報・避難といった多様な設備点検業務を行っています。

詳細を見る

株式会社カマタ興業は、消防用設備設計・施工・販売・保守を行っている会社です。あらゆる消防法を広く理解し、消防設備資格を取得し幅広いユーザーに対し、絶えず信用を賜り良き消防防災員として社会に貢献していきたいと念願しています。

詳細を見る

江田総合設備株式会社神奈川支店は消防設備定期保守点検、建築設備定期検査、連結送水管耐圧性能検査、特殊建築物等定期調査、消防設備改修工事、消防24時間緊急対応、防火対象物定期点検、建物管理サービス、管理員業務、清掃業、リフォーム業務、建物コンサルタント業務(一級建築士)を行っている会社です。

詳細を見る

株式会社藤沢防災設備は消防設備保守・点検、防火対象物点検、防災管理点検等を行っている会社です。消防用設備等の種類に応じ、消防用設備等の適正な配置、損傷、機能について、告示に定める基準に従い、外観又は簡易な操作により確認を行っています。

詳細を見る

株式会社ヒラボウ茅ヶ崎営業所は総合防災会社です。消防・防災設備の設計・施工、保守点検ならびに、防災用品の普及・販売に努めてまいりました。また、放送設備・インターホン、電気錠設備、LANやテレピ共聴など、弱電設備の設計・施工も手がけております。

詳細を見る

幸防災株式会社は、消防設備の工事および保守点検を専門とする会社です。消火器や住宅用火災警報器、災害に備えて各種防災用品の販売、廃消火器引取りなども行っています。

詳細を見る

森防災有限会社は、店舗・会社・住宅の消防設備保守点検会社です。主に防火対象物に設置されている古くなった消火器の交換作業、屋内消火栓ホースの交換設置・引き取り等を行っています。

詳細を見る

実際の依頼例

消防用設備・用品・保守点検業者をお願いしました

神奈川県における消防用設備・用品・保守点検業者の依頼例

消防用設備・用品・保守点検が必要なとき

消防設備の法定点検

建物の消防設備には2種類の法定点検があります。1つは消防用設備点検と呼ばれ、一般的に消防設備点検にあたるものです。こちらは一戸建ての個人住宅を除いてほとんどの建物が該当し、年に2回の点検(機器点検・総合点検)と、建物に応じて1年に1回、もしくは3年に1回の報告が義務付けられています。もう1つは防火対象物点検と呼ばれるものです。こちらはホテルや百貨店など特定防火対象物に指定されており収容人数が300人以上の建物、または雑居ビルなど収容人数が30人以上で階段が1つしかなく、地階または3階以上に店舗など特定用途部分がある建物が該当します。防火対象物点検は年に1回の点検と報告が義務付けられています。

消防用設備点検

消防用設備点検は、“機器点検”と“総合点検”の2種類で構成されています。機器点検では機器の作動、機能、外観の観点から設備を確認します。総合点検では消防設備を作動させ実際に使用し、点検基準を満たしているか、総合的に確認します。点検後は所轄の消防署へ報告書を提出します。なお機器点検は6ヶ月に1回以上、総合点検は1年に1回以上行う必要があります。

防火対象物点検

消防用設備点検では機器を中心として設備の点検をしていくことに対し、防火対象物点検では、防火体制がどのように管理されているかを点検するのが特徴です。具体的には防災管理者が選任されているか、避難訓練が実施されているか、防火扉の前や避難階段に障害物が置かれていないか、消防法で定められた消防用設備が設置されているかなど、防火管理上必要な業務が基準に達しているかをチェックされます。防火対象物点検でも、点検後は所轄の消防署へ報告書を提出します。

点検の対象となる設備

点検の対象となる設備は、大きく警報設備、消火設備、避難設備、防火設備の4種類に分けられます。具体的に、警報設備には非常用放送設備、非常警報設備、ガス漏れ火災警報設備などがあります。消火設備には消火器、スプリンクラー設備、屋内・屋外消火栓設備などがあります。避難設備には避難はしご、誘導灯、非常灯などがあります。防火設備には防火扉、防火シャッター、排煙制御設備などがあります。点検ではこれらの設備が正しく機能しているか点検し、消防署へ報告します。

よくある質問

消防用設備・用品・保守点検の料金はどのくらいかかる?

消防用設備点検の場合、点検費用はマンションで機器点検・総合点検それぞれに約2万〜4万円、ビルなど非商業施設で約2万〜35,000円、飲食店など商業施設で約15,000〜25,000円が相場です。なお病院のような大きな施設の場合、それぞれの点検で20万円以上かかることもあります。防火対象物点検の場合、建物の規模や設置している設備の個数などによりますが、約12,000〜7万円程度の点検費用がかかります。

消防用設備・用品・保守点検の依頼における注意点は?

依頼の際に出してもらう見積もりが明瞭であるか、しっかり確認することが大事です。見積もりが不明瞭ですと信頼に欠けるだけでなく、費用を水増ししている可能性もあります。作業の工程や部品の項目などが記載されているか、チェックしておきましょう。また時間に余裕があれば2〜3社程度で相見積もりをして、見積もりを比べるのがおすすめです。

消防用設備・用品・保守点検を依頼する流れは?

消防用設備や用品の点検では、まず事前に設備などを調査し見積もりを作成してもらいます。見積もりに納得したら点検の日時や手順などを打ち合わせし、後日点検を実施してもらいます。なお点検の際に、必要であれば改修や整備も行ってもらいます。点検後は業者が報告書を作成し依頼人が確認し、問題なければ所轄の消防署へ報告書を提出、清算をして依頼完了です。

消防用設備・用品・保守点検業者の選び方は?

業者を選ぶ際は、迅速な対応をしてもらえるか意識するようにしましょう。消防用設備は機械のため、どうしても誤作動の可能性があります。ですが誤作動が起こったとしても、対応がスピーディーな業者であれば速やかに修理してもらえて安心でしょう。反対に問い合わせへの返答が遅かったり、見積もりを依頼しても連絡がこなかったりする業者には注意が必要です。

その他気をつけるべきポイントは?

消防法は改正されやすく、その度に点検基準や設備の設置要件が見直されることも多くあります。そのため業者は専門知識を常に勉強し、最新の情報にも対応しておくことが求められます。消防設備の工事や点検を依頼する際は、その業者が最新の情報を把握しているか確認するようにしましょう。

こんな時も、消防用設備・用品・保守点検業者にお任せ

Q1:点検を依頼するとき、何か用意しておくものはありますか。

A1:問い合わせの連絡をした際に、建物の図面や過去の点検報告書などがあるとより正確な見積もりを出すことができます。ですがそうしたものがない場合でも、現地調査で業者に確認してもらえるためあまり心配する必要はありません。

Q2:設備点検はどのくらいの時間がかかりますか。

A2:建物規模や敷地面積によりますが、大規模な修理がない限り1時間程度で完了します。