写真撮影

山形県
写真撮影のプロが近くにいます

プロの探し方

Supporters

山形県の出張カメラマン・フォトスタジオのプロ一覧

山形県山形市

評価3件

5

あなただけの思い出の場所=スタジオで撮影致します

技術の進歩で室内ならば誰でも簡単に"綺麗"な写真を残せるようになりました。 では外ではいかがでしょう? 顔が暗くなる。思っていたように撮影できない。スケール感(遠近感)が違うetc.プロのカメラマンにとっても"外"での撮影は困難です。嫌がるプロも多いでしょう。ですが、私は敢えて"外"でのロケーション撮影を強く推奨します。 思い出してみてください。 お宮参り、七五三、室内写真館で整列して撮った綺麗な写真。見直そうと思いますか?見直したとき、開いてすぐに閉じて仕舞っていませんか? 今までの室内の写真スタジオは確かにいつでも一定の品質で"綺麗"な写真が残せました。でも、じっくりと想い出を思い出していますか?そこに当時の"感動"は写っていますか? お寺や神社で、手を合わせて走り回って、その場の雰囲気で残す写真こそ未来の自分たちに残す本当の「七五三」の写真なのではないでしょうか? だから『まごころ写真館』は『外』の『想い出の場所』そのものをスタジオとして使います。 想い出の場所は動けません。ならば写真スタジオが動けばいい。そんな想いから「移動スタジオ まごころ写真館」は誕生しました 明日でも昨日でもない、見えている光景はその時その瞬間にしか存在しません。 『移動スタジオ まごころ写真館』の役割は世界でただ一つあなたの為だけの『想い出の場所』という名のスタジオで、記念の日の一瞬の記録と感動を残すお手伝いをすることだと思っております。 移動スタジオ まごころ写真館 代表カメラマン 豊田祐大 カメラマンとして、もふもふ工房様やハーブカントリー様向けに販用宣材写真の物撮り、「メトロポリタン山形結婚式場様」や、「小さな結婚式 一の糸様」など大手結婚式場との契約婚礼写真撮影、小学校の校外学習や各種部活動の記録会・大会写真、赤ちゃん・子供の写真撮影、生前遺影写真撮影、お宮参り、七五三、モデルの写真集用の撮影など、様々な撮影実績があり、年間100件以上の撮影を行っております。

まごころ写真館の写真撮影に関するレビュー

5

2021/09
山形県山形市
カメラマンも美容師も明るく元気な女性です。

こんにちは、山形県山形市で写真スタジオ・フォルムというスタジオを運営しております。 当店は結婚式の写真撮影、成人式振袖撮影、家族写真・記念写真、フォトウエディング・前撮、お見合い・プロフィール写真撮影、宣材・オーディション写真撮影、七五三・お宮参りの写真撮影、マタニティーフォト撮影など様々な実績がございます。 当店の強みは 女性スタッフは美容師免許を持っています。 男性スタッフは一級写真技能士を持っています。 ブライダル衣装を50着持っています。 振袖衣装は150着持っています。 衣裳・美容・写真セットでのご提供が可能です。 宣材・オーデョン撮影はヘア・メイク付きでご提供できます。

山形県村山市
互いの愛情が伝わる、未来に価値が伝わる家族写真を。

自社スタジオでのご家族写真、記念写真のほか、出張撮影にも対応しております。 ウエディングでは前撮りと挙式当日のスナップ写真、またエンゲージメントフォトも承ります。 その他、ビジネスプロフィール写真、新築物件や店舗の撮影、料理撮影など商業写真の撮影も承っております。 感動していただける写真を目指し、日々撮影を続けております。 どうぞよろしくお願いいたします。

山形県山形市
0
難しい撮影大歓迎です。ご相談ください。

写真デザイン事務所SORA   SORA写真企画 コマーシャルフォトを主とし、 山形・仙台市・福島市 のエリアにて営業しております! 26歳よりモータースポーツ系取材撮影10年経験後、 商業写真家故小林明治氏に10年間師事 その間、川西菊水工芸館所蔵の国宝級陶磁器壺撮影、福島国際蘭展会場オフィシャル撮影、小林氏蘭カレンダー用撮影他 コマーシャル写真系、広告写真・物撮り・料理・建築へと転換しております。 他、取材撮影、イベント記録等の出張も、南東北の宮城県、山形県、福島県(北部)でしたら喜んで承ります。 これまでにも、色んなジャンルの写真を撮り続けておりますので、 あらゆる撮影の対応可能です! お気軽にご相談ください。 [email protected] ・カタログ・商品写真の写真撮影   ・料理メニュー写真・メニュー制作   ・美術品・工芸品・作品等  ・生け花、創作生け花、欄等 ・雑誌等の取材撮影 ・建築写真 デジタル撮影は当然とし、希望がございましたら、 いまだに8×10、4×5、6×6 のポジ撮影も承ります。  デジタル画像処理等も承ります。

0
山形県山形市

自由な撮影が可能です! 従来の撮影ではかなわなかった場所、 人の立ち入りが困難な所での撮影、 これまで不可能だった場所での撮影が ドローンによって可能になります。

出張カメラマン・フォトスタジオに関する良くある質問

出張カメラマン・フォトスタジオ関連の最新記事

2021/07/28

出張撮影を依頼したい!東京都でおすすめのカメラマン10選をご紹介

屋外でのロケーション撮影や、結婚式、七五三などのイベントにおける撮影が必要なときは、出張撮影を依頼するのがおすすめです。自分が希望する場所でプロに撮影してもらうことができ、その日の思い出がより色濃いものとなるでしょう。 ただし、出張撮影を依頼するときは料金だけでなく、撮影実績やカット数、オプションの有無などもチェックすることが重要です。今回は、出張カメラマンの選び方と東京都内でおすすめの出張カメラマンを紹介していきます。 目次 出張カメラマンを選ぶポイント 依頼したいシチュエーションの実績 料金体系のわかりやすさ カット数の制限 オプションサービスの有無 データ納品の方法 レビューやプロフィール情報の有無 出張撮影にかかる料金 東京都内でおすすめの出張カメラマン10選 出張撮影を依頼するならZehitomoで 出張カメラマンを選ぶポイント まず、出張カメラマンを選ぶときに確認しておきたい6つのチェックポイントを紹介していきます。 依頼したいシチュエーションの実績 自分が依頼したいシチュエーションにおいて、撮影実績が豊富かどうかを確認しましょう。子供がいる家族撮影が得意なカメラマンや、企業撮影が得意なカメラマン、ペットの写真が得意なカメラマンなど、それぞれ得意・不得意は異なります。カメラマンにとって得意なシチュエーションの方が、よりクオリティの高い写真を撮ってもらえるでしょう。 多くのカメラマンは、自身のホームページに撮影実績を掲載しています。 また、ほかにもInstagramやTwitter、FacebookといったSNSに撮影実績を掲載していることがあるので、気になるカメラマンがいればぜひチェックしてみてください。 料金体系のわかりやすさ 出張撮影の料金は主に「撮影料金」「出張費用」で構成されており、出張費用が撮影料金に含まれていることもあります。中には出張費用の記載がわかりにくく、「撮影料金に含まれているかと思っていたら別途必要になった」ということもあるため注意してください。最初からトータルの料金がどれくらいになるかを確認した上で、カメラマンを比較検討するようにしましょう。 また、返金保証やキャンセル料の有無も重要です。万が一の場合に備えて返金保証がついていたり、前日までキャンセル料が無料だったりするカメラマンであれば安心して依頼できるでしょう。 カット数の制限 出張撮影のサービスでは、カット数が無制限のプランと枚数が制限されているプランがあります。カット数が少ない場合、数を気にして思うような撮影ができないこともあるでしょう。様々なポーズやシチュエーションで撮影したいという方は、カット数が無制限のプランで依頼するのがおすすめです。 一方、それほど枚数を必要としない方や、少ない枚数でこだわりのある写真を撮りたい方は、枚数が少ないプランの方がお得になるでしょう。 オプションサービスの有無 一般に、最低限のレタッチ(画像編集ソフトを使った明るさや色味の調整)は標準サービスとして備わっている場合がほとんどです。しかし、撮影後のアルバム作成や肌を綺麗に見せる美肌加工、曇り空を晴れた空にする青空加工など、カメラマンによっては様々なオプションサービスを用意していることも。 写真をより魅力的に見せてくれるので、ぜひチェックしてみてください。 特に結婚式やお宮参り、七五三など、一生の思い出に残るような撮影ではオプションサービスでより素敵な写真に仕上げてもらうのがおすすめ。 また、ECサイトの商品画像やカタログの商品を撮影する場合、切り抜きサービスに対応しているカメラマンに依頼すれば自身で加工する必要がなく便利です。 データ納品の方法 撮影データの渡し方は、カメラマンによって異なります。USBやDVDによる納品もあれば、メールで添付する場合、クラウドサービスにデータを格納する場合など、その方法は様々でしょう。自分に適した方法でデータを納品してもらえるか、事前に確認するようにしてください。 なお、USBやDVDであればパソコンに繋ぐことで簡単にデータを確認できるため、複雑な操作が苦手という方におすすめでしょう。一方スマホでチェックしたい場合、「Googleフォト」「Dropbox」など、クラウドサービスに格納してもらえばアプリからすぐ確認できます。 レビューやプロフィール情報の有無 レビューがあるカメラマンや、プロフィールを細かく記載しているカメラマンであれば、人柄が見えやすく信頼できるでしょう。素敵な写真を撮影するには、カメラマンとの相性も大切。レビューで「楽しく撮影できた」「対応が丁寧だった」といった評価を受けているカメラマンであれば安心して依頼できます。プロフィールの内容が充実しているカメラマンも信頼度が高いでしょう。 また、中にはSNSの更新が中心というカメラマンもいます。普段の投稿からは人柄が見えやすいので、撮影実績と一緒に投稿の内容もチェックしてみるのがおすすめです。 出張撮影にかかる料金 上述した通り、出張撮影の料金は大きく「撮影料金」と「出張費用」から構成されています。撮影料金は1時間ごとに料金が設定されている場合がほとんどで、1時間あたりの料金相場は「20,000〜30,000円」です。土日だと割高になることが多く、1時間あたり「4,000〜5,000円」の料金が上乗せされることもあるため注意してください。 なお、出張費用はエリアごとに料金が設定されている場合と移動にかかった実費を支払う場合があるため、事前に確認するようにしましょう。東京都内のカメラマンに依頼するのであれば、23区内の出張料金は無料であることが多いようです。また、オプションサービスを追加する場合は撮影料金と出張費用に加えオプション料金がかかります。 東京都内でおすすめの出張カメラマン10選 ここからは、東京都内でおすすめの出張カメラマンをピックアップして紹介していきます。気になるカメラマンがいれば、ぜひプロフィールのページもチェックしてみてください。 1. HR graph 様 東京都・世田谷区 フリーランスとして、2007年から東京・関東圏を中心に活動されているカメラマンの方です。人物・ポートレート・ライフスタイルの撮影を中心に、広告やWebの掲載写真、イベント・取材撮影などに対応されています。ホームページに様々な撮影実績が掲載されているため、ぜひチェックしてみてください。 フリーランスならではの柔軟かつ迅速な対応で、希望通りの撮影をしてもらえるでしょう。ある程度の英語対応も可能とされており、外国人が多くいるような撮影を行いたいという方には特におすすめです。 口コミ “素晴らしい写真を上げていただきました。 こちらの要望を的確に拾ってくださり、創意工夫のある芸術性の高い写真を撮ってくださいました。現場での振る舞いもとてもプロフェッショナルで、お人柄とも相まってとても和やかなよい撮影になりました。今後共どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。” 2. 株式会社Breeze & Company […]

2018/05/21

Zehitomoで収入を倍以上にしたカメラマン【トッププロインタビュー】

フォトグラファーとしてZehitomoで活躍する桑本涼子さんは、3人のお子さんの育児と、写真撮影の仕事を両立しています。Zehitomoに出会った時にはすでに自分のビジネスを確立し、経営者として順調に仕事をしていましたが、ある日偶然Zehitomoという新しいサービスを知りました。 「登録した時は全然知りませんでしたが、おもしろそうだなって(思いました)。新しいものこそ早く始めた方が良いと思ったんです。」 Zehitomoで使った金額に対し、25倍の費用対効果があったと言う桑本さんに、より詳しくお話を伺いました。 Zehitomo について 偶然WEBで見つける 「自分の写真スタジオがあり、出張撮影の仕事もあるため、自分からマッチングサイトを探していたわけではありませんでした。偶然Webで、Zehitomoを紹介している記事を読みました。」 新しい会社だということには気づいていましたが、特に気にしなかったそうです。 「仕事のマッチングサービスや、Webを通じて仕事を得るようなサービスは他にもあります。でも、新しいサービスこそ『早く登録したほうが得なんじゃないか』と思いました。『人数が少ないうちに仕事を受けて、レビューや実績を積んだほうがいいだろう』と思ったんです。」 新しいサービスだからこそ早いうちに使い始めた 「新しいサービスだたからこそ早いうちにやろうと思いました。」と桑本さん。 「でも、実際に『新しいものは早く使ってみたほうがいい』と実感したのは、Zehitomoではない他社サイトを利用したときでした。Zehitomoと比較して、仕事内容のジャンルが違っていて、私がリーチしたいお客様とは層が違うことにすぐ気づきました。 Zehitomoには早いうちに登録して仕事を受けて、実績を積んで、レビューを書いてもらったので、その信頼が蓄積されて仕事になったのだと思いました。新しいことをやってみるなら早いうちにトライしたほうがいいと改めて思いましたね。」 新規案件を獲得 「自分の仕事をしながら、自分で営業ができる範囲はある程度限られてきます。これまでの仕事とは別の世界に営業範囲を広げるのは、なかなか難しいです。しかしZehitomoを使うと自分が知らなかった世界に仕事が広がり、幅ができました。」と語る桑本さん。 “プロとしてお金を稼ぐ”ことを実現 「私達のような女性の起業家たちは横のつながりが強く、その中でご紹介によるお仕事を頂くことが多いです。」 しかし自分の慣れ親しんだコミュニティや人数の中では、仕事や販売の範囲に上限がある。 「Zehitomoのようなツールを使って新しいお客様に出会うと、自分の知らない世界を知ることができて、もっと世界が広がりますね。」 Zehitomo で出会ったお客さま 女子サッカーチームの撮影 桑本さんが紹介してくれたのは、『なでしこリーグ』でおなじみの日本女子サッカーの撮影案件でした。「Zehitomoを通じて、なでしこ一部リーグのサッカーチームである、ノジマステラ神奈川相模原の撮影をさせていただきました。」 チームの集合写真のほか、選手個人の写真も撮影したそうです。 エグゼクティブが集まる懇親会の撮影 「某大学の懇親会ということで撮影に行ったら、実際には某国の大使や日本の閣僚も多数参加するような会だった、という仕事があり、驚いたことを覚えています。」 パーティーの写真撮影依頼で、内容もシンプルだったので「パーティースナップなんだろうな」と思っていたそう。事前にドレスコードを指定され仕事に臨むと、某国と日本の大企業の社長の懇親会。仕事の依頼者は、主催企業の社長秘書だったそうです。 「私だけではなく、他にもたくさんのカメラマンがいました。閣僚やCEO、取締役など来ている人たちの肩書きが大きく、それぞれのゲストのお付きのカメラマンも多数来ているようなパーティーでした。カメラマンが多すぎて、撮影のときは場所取り合戦でした(笑)」 子ども向け企業ワークショップの撮影 「企業のワークショップの写真撮影の仕事もありました」と桑本さん。 「製本会社からの依頼でした。『子供が簡単に製本できるキット』という製品を街のイベントの中で、実際に子供達にワークショップとして体験してもらう、というもので、その様子を撮影する案件でした。」 ワークショップ風景の撮影をして、被写体の子供や子供の両親に写真の使用掲載許可をもらうまでが仕事。撮影なさったお写真は、許可を得た上でWebサイトに掲載されたそうです。 社長のプロフィール写真撮影 「ある企業の取締役社長の、プロフィール写真撮影もありました。」と桑本さん。 依頼者の自宅で撮影を行ない、ご本人のプロフィール写真だけではなくご家族や自宅にいる犬も一緒に、家族写真の撮影もしたそう。 「家族写真は、年賀状用にとおっしゃっていました。」プロフィール写真の撮影だけでなく、柔軟に家族写真の撮影まで。 「フリー、そして出張で家族も一緒にいるご自宅に伺ったからこそ柔軟に対応できた良い例だと思います。」 小麦に関する撮影 「継続して複数のお仕事が発生したのは、小麦に関連する撮影のお仕事です。」日本産の小麦を和麦といい、和麦を使った飲食店や料理教室の写真を撮影するという仕事だったそう。「香川県にも撮影に行きました、3食うどんをいただいて、おいしかったです。この和麦のお仕事では、色々な和麦のおいしいものをいただく機会も多くて。楽しいだけではなくて、おいしい現場です(笑)」 和麦を撮影する仕事は、Zehitomoを通じて出会い、まず1回目のお仕事が成立。 「お客様に気に入っていただいて、その後、継続でお仕事をいただきました。」 「(Zehitomoでは)自分がもともと得意とする人物や家族写真の仕事、普段全く直接依頼が来ないような仕事、長く継続している楽しい仕事、とバランスよく様々な仕事を受注できています。バリエーション豊富に色々な仕事があります。」 Zehitomoを使ってみて 25倍の費用対効果があり、コストパフォーマンスが抜群 「営業経費として考えた時に、営業経費がすごく少なく済んでいると思います。」 「Facebook広告もグーグルの広告も使いましたが、劇的な伸びを感じることはありませんでした。でもZehitomoでは、Zコインの購入に使った金額に対して、収入はその25倍になりました。」と桑本さん。 「かけた経費に対する期待値やリターンを考えた時に、他の広告よりもZehitomoの方が利益率が高い感覚があります。」 プロに対して親切なシステム 「親切なシステムだなと思います。Zehitomoからすると、仕事に応募するプロからお金を払ってもらうわけなので、10人も20人も応募できる方がいいはずですよね。でもプロからの応募は5人を上限にしている点が親切だなと思います。」 また、カメラマンのお仕事はZehitomoの中でも、仕事に対してプロからの反応が早い分野です。つまり、良さそうな仕事の依頼が入るとすぐにZehitomoに登録しているカメラマンの皆様がアクションを起こします。社内でも、激戦区であることは話題になります。 「そうですね、確かに仕事の通知が来てゆっくり文章を作っていると、すぐに上限の5名にいくこともあります。」と桑本さん。 1人1人に合わせた見積もりを送ることができる 「それでも私は、『仕事の依頼に対してすぐに送付できる定型文』を作っておくことに関して反対派です。確かに、椅子取りゲームは早く出来るかもしれませんが、お客様がプロから来たメッセージを見た時に、明らかに誰にでも送っている定型文を見たらどう感じるでしょうか?」 「どこかのフォームに入力して、自動送信のメッセージが来ることはよくあります。しかし、Zehitomoさんのシステムでは、機械ではなく「人」が見積もりをして個々にメッセージを送ります。その最初の文章が、私に対するお客様からの第一印象です。お客様のご依頼に対して、具体的で誠意ある内容が記載された提案を読んでいただくと、良く思っていただき快く成約につながるのではないかと思います。」と桑本さん。 「『時間がないからとりあえず応募するための枠だけ確保するためのメッセージ』を送るよりも、『最初から時間を作ってきちんとしたご挨拶や具体案を出してきてくれる提案』の方が、お客様から見て信頼性が高いと感じます。これが私の実際の成約率に関わっているかは、私にはわかりません。ただ、少なくともお仕事の技術だけではない、ヒューマンスキルという意味では重要視しています。」 […]