東京都遺品整理・生前整理のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都の遺品整理・生前整理業者

Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...

実際の依頼例

東京都における遺品整理・生前整理業者の依頼例

よくある質問

遺品整理・生前整理の料金はどのくらいかかる?

遺品整理・生前整理の料金は部屋の広さや数・物の量・整理に必要な人数に応じて変動します。

東京の相場は平均金額1K約36,000円~、3DKまたは3Kは平均18万円~程度です。大阪の相場は平均金額1K約36,000円~、3DK約17万6,000円~程度です。名古屋の相場は平均金額1K約32,000円~、3DK約16万2,000円~程度です。福岡の相場は平均金額1K40,000円~、3DK約15万3,000円~程度です。

遺品整理・生前整理の依頼における注意点は?

遺品整理・生前整理で整理する物品の内訳は、貴重品、遺品整理の場合は形見、不用品、家具家電などに分けることができます。業者に依頼することは「整理だけなのか、整理の後の不用品の処分や買取まで依頼するのか」など、どこまでを依頼するのか考えましょう。

貴重品は業者が入る前に身内や親戚で確認しておくことも大切です。貴重品には現金、通帳、カード類、印鑑、証券、貴金属、ブランド品や家や土地の権利書などがあります。意外に高値がつく骨とう品や美術品などもあります。これらの資産価値のある遺品は、相続の問題もあるので管理者を選定して遺言があれば遺言に従い、なければ家族の話し合いで決めていきます。なお、貴金属やブランド品は受け継ぐ、リフォーム、売却といった3つの選択肢がありますが、まずは専門家に査定してもらい、価値を明確にしておくことが大切です。これは骨とう品や美術品も同じです。

遺品整理・生前整理を依頼する流れは?

業者に依頼する前に、あらかじめ貴重品は家族や親族がきちっと仕分けておきましょう。仕分けない場合、盗難などを防ぐため、業者の片付けに立ち会ったほうがいいとも言えます。事前準備を終えたら業者を探します。介護ホームや賃貸住宅など、早めに退去しなければならない場所の片付けは、早めに来てくれる片付け業者を選ぶといいでしょう。2〜3社の見積もりを取り、金額・対応・支払い条件など納得できる業者を選び、来てもらいます。立ち会える場合は立ち合いましょう。立ち会えない場合はどのようなスケジュールで動くのか確認をして、業者と密に連絡を取ります。

遺品整理・生前整理業者の選び方は?

遺品整理には「遺品整理士」という資格があります。遺品整理士は、一般社団法人遺品整理士認定協会による民間資格ですが、この仕事の心構え、遺品の取り扱い方や手順、遺品整理にかかわる法規制などの通信講座を受け、レポートを提出して合格した人のみが認定されます。主な仕事は遺族の思いをくみ取りながら遺品の仕分け、貴重品の探索、不用品処理、リユース・リサイクル、遺品の供養、清掃などを適切に行うことです。必要とあれば解体業者や廃棄物処理など複数の業者と連携して遺品整理を行う遺品整理士もいます。そして通常の片付け業者と違うのは、供養に対する認識を持ち、故人の気持ちを尊重しながら心をこめて一つ一つの物と向き合うこと。これは遺品を大切に思う遺族にとって安心できるポイントといえます。

その他気を付けるべきポイントは?

遺品整理は、片付けだけでも相当の労力を使いますが、その後の不用品処分なども作業が多く大変です。とくに家具や家電といった大型品は処分方法がそれぞれ違うなど複雑な上に、運び出すことすら困難な物もあります。しかし遺品整理業者に頼めば片付けから不用品の処理まで一貫して依頼できるので、こうしたわずらわしさから解放されます。しかもリサイクル業者に査定に出したり、きちんと自治体のルールに従って適切に処分したりしてくれるので安心です。