兵庫県資料作成代行のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

兵庫県の資料作成代行業者

若手公認会計士・税理士が迅速かつ丁寧に対応致します「永野公認会計士事務所」は、お客様のベストパートナーとして事業の発展・経営の安定に貢献する会計事務所です。

詳細を見る

事業内容:管理部業務のアウトソーシング事業(経理財務・労務・総務)      コンサルティング事業(事業承継、業務改善、企業再建、事業計画作成支援)      士業の紹介(監査法人、公認会計士、税理士、弁護士、社労士、司法書士等)      人材紹介事業(経理財務を中心、IPO経験者等豊富) その他 :当社は企業のあらゆるお困りごとのサポートをノウハウを持ったシニアと共に      解決に当たります。

詳細を見る

小川裕右税理士事務所

ニューユーザー

全力には、最善力でサポートします。当事務所は、所長税理士が33歳、スタッフも20代が在籍しております。 月次会計業務、経営コンサルティング、相続業務、資金繰りと幅広く対応しております。

詳細を見る

全国のお客様を対象に、領収書や請求書等の資料を送付頂くだけで、毎月の帳簿作成をベースに財務、会計に係る幅広い業務支援、コンサルティング業務を請け負っております。

詳細を見る

実際の依頼例

資料作成代行業者をお願いしました

兵庫県における資料作成代行業者の依頼例

資料作成代行が必要なとき

資料作成に関する悩み

仕事における資料作りについて、悩みを抱える方は少なくありません。「営業の合間に別の営業のための資料を作らなければいけないけど、忙しくて時間がない…」「2ヶ月後の大事なプレゼンに向けて資料を作りたいけど、うまく作れるか自信がない…」このような悩みは、誰しもが抱えるものです。多くの仕事がある中で、ソフトをうまく使いこなしながら、質の高い資料を作るのは簡単なことではないでしょう。そのような時におすすめしたいのが、資料作りを代行業者に依頼することです。

資料作成代行とは

その名の通り、資料作成代行は、仕事に必要な資料の作成を代行する仕事です。代行業者はパワーポイントやイラストレーター、ワード、エクセルなどのソフトを使い、依頼者の目的に合った資料を作ります。その枚数は1枚から数十枚に及ぶものまでで、あらゆる資料の作成を依頼することができます。具体的にどのような内容を依頼できるのか、以下でご紹介していきます。

資料の作成で依頼できること

基本的に、構成や入れて欲しい文章、写真素材などは依頼者側で用意します。用意された内容に沿って、色彩効果を適切に使いながら、業者に資料を作成してもらいます。ですが、中には内容が曖昧だという方もいますよね。そうした方のニーズにも応えるため、企画構成の段階からサポートしてもらえる業者もいます。またアニメーションや特殊フォントの使用、写真やイラスト作成などはオプションとしている業者が多く、必要に応じて依頼する形となります。なお代行業者に依頼できる資料は幅広く、営業資料、プレゼン資料、企画書、事業計画書、セミナー資料、業務マニュアル、パンフレット、プロモーションムービーなど様々です。

資料作成以外に依頼できること

上記では、資料の作成おいて依頼できることを紹介しました。それ以外にも、資料作成代行業者に依頼できることがあります。そのひとつが、エクセルのデータ整理です。エクセルなどに管理しているデータは膨大で、整理しようにも、何から手をつければいいか分からない状態となっていることも多いです。そうした書式や形式がバラバラのデータを統一させたり、見やすいグラフにしてほしいといった依頼にも対応したりしている業者があります。またテンプレートのみの作成にも対応している業者がいます。定期的に作成しなければならない資料の枠組みのみ作ってもらい、必要となるたびにその内容は自分たちで記入していく、という利用の仕方があるようです。

資料作成を代行してもらうメリット

資料の作成を代行してもらう一番のメリットは、クオリティの高さです。業者は資料作成におけるプロフェッショナルで、ソフトの使用や、効果的なデザインの魅せ方に長けています。そうしたプロに作ってもらう資料は訴求力が高く、仕事の成功に大きく近づきます。また、資料作成にかける時間を節約できるのも大きなメリットです。資料作成を必要とする場合、ほかにも営業活動やコンサルティング、企画といった業務を抱えているという方が多いのではないでしょうか。そのような方が本業により多くの時間を割けることは、業績の向上にもつながるでしょう。

専門的な分野における書類の作成

ここまで資料作成代行について説明してきましたが、専門的な分野における書類作成に特化した業者もいます。それは、司法書士や行政書士といった士業です。それぞれ国家資格であり、法務局や行政機関などに提出する書類の作成代理を行なっています。こうした書類は法的書類であり、その内容は複雑なものとなっています。そのような法的書類の作成が必要となったときは、法律の専門家である士業に依頼されるのがおすすめでしょう。

よくある質問

資料作成代行の料金はどのくらいかかる?

多くの代行業者では、資料を作成する場合、枚数と1ページあたりの単価を掛け合わせた基本料金と、オプション料金で依頼料を構成しています。なお最低料金を設定している業者もいるため、事前に確認しておきましょう。ページ1枚あたりの単価は2,500円〜1万円程度の相場となっており、合計枚数が多いほど単価が安くなる傾向にあります。オプションとしては、文章作成や、アニメーション追加、イラスト・図の作成、画像の手配などがあります。業者によって内容や金額は異なるため、ホームページなどでご確認ください。また時間制で契約する場合、1時間あたり2,000〜3,000円程度が料金の相場です。

資料作成代行の依頼における注意点は?

プレゼンや営業の資料を依頼した後に、資料に入れる内容が大きく変わったり、予定が変わってキャンセルとなったりする可能性があります。前者に関しては回数が重なると多額の追加料金が発生し、後者の場合、その時点までの料金を支払う必要があります。そのため、資料作成を依頼する際は、予定が大体確定してから依頼するようにしましょう。

資料作成代行を依頼する流れは?

まずは業者に問い合わせ、ヒアリングの日時を調整します。ヒアリングでは、希望とする作業範囲や資料を作成する目的、構成やデザインの希望、予算、納期などを相談します。この際、必要に応じて秘密保持契約(NDA)を締結します。ヒアリングの内容に応じてプランと見積もりを提案してもらい、問題なければ発注となります。発注後は、プランの内容に従って業務を開始してもらいます。途中、確認や修正をしながら資料を完成させてもらいます。資料が完成した後は希望の形式で納品してもらい、清算し、依頼完了となります。

資料作成代行業者の選び方は?

業者を選ぶ際、資料を作成してほしい目的に合わせて業者を選ぶようにしましょう。例えば次の日までに急遽営業の資料を用意しなければならない場合などは、スピード作成をアピールしている業者を選ぶのがおすすめです。また1ヶ月後の重要なプレゼンに向け、凝った資料を作りたいときなどは、クオリティの高さやオプションの充実度に注目するのが良いでしょう。特に構成や内容自体がまだ未確定の場合、そのアドバイスを行っている業者もいます。デザインだけでなく内容でもサポートしてもらうことで、より魅力的な資料となり、本番に向けて自信もつくでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

資料の作成を依頼する際、どうしても個人情報や内部情報を渡すことになる場合が多いです。そのため、情報漏洩のリスクはゼロではありません。どの業者も秘密保持契約には応じてもらえますが、業者にデータを渡すのが不安だという方もいらっしゃるでしょう。そのため業者に依頼する前に、セキュリティーポリシーを明確にしているかなど、情報保護に関して徹底されているかを確認するようにしましょう。

こんな時も、資料作成代行業者におまかせ

Q1:パワーポイントなどのソフトが入っておらず、PDF形式で納品してもらえることはできますか。

A1:はい、大丈夫です。ほとんどの業者がPDFでの納品にも対応しています。

Q2:作ってもらった資料のデザインを、他の資料を作る時に転用しても大丈夫でしょうか。

A2:資料の著作権はクライアントへ譲渡される場合がほとんどのため、他の資料などに活用しても問題ありません。ですが資料の中に有償の画像が使われており、その画像も使用したい場合、画像素材の提供元との契約などが必要になることもあるため、注意が必要です。