神奈川県ウェディングプランナーのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

神奈川県のウェディングプランナー

安産成就 ・初宮詣 ・七五三詣などの人生儀礼、厄年厄除 ・方位除などの厄除祓、病気平癒祈願 ・交通安全 ・心身健康 ・学業成就などの諸祈願、その他各種の祈願を申し受けています。

詳細を見る

横浜でウェディングプランナー、フラワーデザインの仕事をしています。 お客様にぴったりの会場探しからパーティ当日までをトータルでお手伝い。ウェディングブーケ、会場装花、ギフトフラワーもお任せください。

詳細を見る

atelier春

ニューユーザー

ブライダルフラワーコーディネートとして、約10年フリーランス活動をして参りました。 昨年から、ウェディング衣装サロンとの提携。 素敵なレンタルドレスやオーダーメイドのドレス等をご用意した、湘南の海の目の前のサロンでお選び頂けます。

詳細を見る

あさひデジタルエイト株式会社は、映像制作を行っている会社です。結婚式場・ホテル・レストラン・神社・教会・会館・イベント会場・劇場等のビデオ撮影を手がけています。

詳細を見る

株式会社ファミリーサービスは、冠婚葬祭の互助会です。月々わずかな積立金で、結婚式や突然の葬儀などに対応、いつでも利用でき、会員利用権は完納後も利用するまでは永久保証されます。

詳細を見る

有限会社ハミングバードは、神奈川県鎌倉市にある結婚式場です。結婚式や披露宴はもちろん、パーティー、イベント、式典などの司会および、企画制作から総合プロデュースまで幅広く行っており、お客様の心に残る最高の1日になるように、誠心誠意お手伝いしています。

詳細を見る

参集殿は昭和四十七年に竣工した寒川神社の神社会館です。優れた設計施工により神奈川県下の建築コンクールにおいて受賞を経験しています。儀式殿を始め、衣裳・美容・写真室、大小のホールを設備を備えています。

詳細を見る

ソシア21は結婚式場で、最大級の独立チャペルの専門式場です。チャペルは、中世のヨーロッパを思わせるステンドグラスから柔らかな陽光射し込みます。

詳細を見る

レグリーズ鎌倉は飲食店です。記念日や誕生日・七五三などのイベントなどもでき、同窓会や歓送迎会などのパーディーでは貸し切りにすることもできます。

詳細を見る

光と風のミュージアムは株式会社キュービックティが運営するフリースペースです。キリスト教式・神前式・人前式の結婚式が行えるホール、披露宴、二次会、誕生日会や各種パーティー、発表会・コンサート・個展のための会場、映像・写真撮影が行えるスタジオを備えています。

詳細を見る

湘南ウェディング情報センターは、ウェディング事業を行なっている会社です。葉山・鎌倉・湘南の結婚式場や二次会会場探しを無料でサポートし、神前式・教会式・人前式やレストランウエディング・会費制結婚式のプロデュースも行なっています。

詳細を見る

富士屋ホテルは富士屋ホテル株式会社が運営元のホテルです。純日本建築の落ち着い佇まいで、古き良き日本を残す安らぎの空間での宿泊や食事・温泉を提供しており、ウェディングにも対応しています。

詳細を見る

実際の依頼例

ウェディングプランナーをお願いしました

神奈川県におけるウェディングプランナーの依頼例

よくある質問

ウェディングプランナーの料金はどのくらいかかる?

フリーランスのウェディングプランナーへの相場は約4〜5万円から約70万円程度です。

ウェディングプランナーには、会場専属のプランナー・プロデュース会社のプランナー・フリーランスのプランナーがいます。会場専属のプランナーとプロデュース会社のプランナーへの支払いは、プランナー個人への支払いが設定されるわけではなく、結婚式費用の中に含まれています。

フリーランスのプランナーは、場所や会場や決まりごとの枠を超えた提案などをしてくれます。どこからどこまでのウェディングプランをプランナーに依頼するのか、プラン全体、部分的なサポート、当日の付き添いなど内容によって異なります。プランナーへのプロデュース料金とは別で、会場の費用やカメラマンやスタッフを起用する費用もかかります。

ウェディングプランナーの依頼における注意点は?

希望の日程はあるのか、どのような挙式とパーティーにしたいのか、会場はどの辺りがいいのかなど、自分たちの希望をはっきりさせておきましょう。さらにどこまで依頼したいのか、例えば予算や期限の管理を依頼するのか、打ち合わせの回数や相談の連絡方法(電話を常に何回もとってくれるのか、メールやLINEでの相談は可能なのか)など、どこまでのサービスをしてくれるのかもプランナーによって異なります。

会場専属のプランナーは、その会場でできることやその会場が提携していることやサービスの案内役に近く、例えば「その会場専属ではないカメラマンを起用したい」というような時には、追加料金の案内をしてくれるけれども、会場専属ではないカメラマンを探したり紹介したりしてくれるわけではありません。プロデュース会社のプランナーは、自社会場や自社会場以外も紹介してくれます。フリーランスのプランナーは枠にとらわれない挙式を提案してくれますが、それぞれに得意があり、また知名度の高い人気のプランナーの場合は予約が取りづらいこともあります。

ウェディングプランナーを依頼する流れは?

まず自分たちがどのような挙式をしたいのか、現時点で考えられるだけの希望を明確にしましょう。婚礼のスタイル、挙式の参列人数、パーティーの参加者の人数や規模、条件や見栄え、会場デザインや立地など、ウェディングプランナーに見積もりを依頼する前に考えておけることは考えておきます。プランナーに依頼する最大のメリットは、型にはまらない挙式・パーティーを作り上げることができるところです。

ある程度自分たちの希望やイメージが固まったら、複数のウェディングプランナーに見積もりの依頼をしましょう。多くのプランナーが初回の相談は無料で受けてくれるため、より多くのプランナーと実際に会って話をして、自分もパートナーも相談がしやすいと思えるプランナーを探しましょう。

ウェディングプランナー業者の選び方は?

プランナーによって、得意なスタイル、国内のこのエリアに強い、海外のこのエリアに強いなど、プランナーの持っている強みやコネクションが異なります。複数のウェディングプランナーに相談をしましょう。多くのプランナーが初回の相談は無料にしていますが、相談に料金がかかることもあります。質問や相談がしやすいか、質問や相談ができる日時は自分の都合と合うか、人柄はどうかなどを見極めます。

その他気を付けるべきポイントは?

絶対に譲れないもの、譲ってもいいものをパートナーと話して明確にしておきましょう。例えばわかりやすいのは予算やお金の話です。会場が広くなればなるほど、参列者や参加者が多くなればなるほど料金がかさみます。しかしパートナーのお家柄やお仕事柄、「参列者を減らせない、仕事関係の人ももれなく呼ばなくてはいけない」ということもあります。反対に「身内だけ、友人は親友だけ」と小さく開催することもできます。しかし「絶対にこの場所のこの会場に憧れていた、ここを使いたい」という場所の希望が強い場合、会場が設定している最低収容人数に合わせた規模にしなければなりません。ウェディングプランナーを探す前に、譲れないもの、譲っていいものを考えておき、プランナーに相談できるようにしましょう。