暮らし一般

暮らし一般のプロと出会う。

組み立て・修理、引越し、買取、雪対応など、暮らし一般の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

  1. Zehitomo
  2. 暮らし
  3. 暮らし一般

暮らし一般のプロをカテゴリーから探す

Zehitomoに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な暮らし一般のプロをご紹介。

暮らし一般関連の最新記事

2022/01/28

雪かきの基本を知りたい!安全に作業するコツとは

豪雪地帯に住んでいると、悩みのタネとなるのが冬の雪かき。道路などの公共の場所であれば、行政が対策・処理をしてくれている場合も多いでしょう。しかし家に関しては自分で対処しなければなりません。そこで今回は、雪かきの基本ポイントまとめてみました。 目次 ・雪かき前の準備は万全に!!・雪かきは長期戦、体を傷めないためのコツとは?・雪かきで使える便利な道具たち・雪かきをするときに気をつけてほしい注意点・雪かきをプロに依頼する・雪かきをしないと大変なことに、3大お悩みポイント 雪かき前の準備を万全に!! 雪かきを行う前にチェックしておきたいポイントです。準備によって雪かきが楽に、安全にできるかどうかが決まります。 手袋・ニット帽で、服装は防寒仕様に 雪かきは想像以上に長い時間かかります。そのため防寒対策をしっかりしないと風邪をひくだけでなく、凍傷などの怪我をする危険があります。手袋やニット帽などをして全身を温められる服装にしましょう。 気象情報で、天気と気温をチェック 気象情報で気をつけなければならないのは、天気と気温です。まず天気が悪いなかで作業をするのは大変危険です。長時間作業することを見越して、6時間後までの天気予報は確認しましょう。 また気温も重要です。特に気温が上がるようであれば、落雪の危険性が高まります。気温の推移をチェックしてあらかじめ危険を察知するようにします。 可能であれば、人を集める 雪かきは1人でも行うことは可能です。しかし落雪に巻き込まれたなど、何かあったときにすぐに助けてもらえるよう、複数人で行うのが良いでしょう。 雪かきは長期戦。疲れず、体を傷めないためのコツとは? 雪かきは1日だけで終わりません。例年12月から3月まで続く長期戦です。体を痛めないよう、しっかりと1シーズン作業できるような雪かきの方法を習得しましょう。 雪をすくうときは、重心を下げる 雪かきで一番傷める部位は腰です。腰を傷めないために、重心を下げ、体全体を使って雪かきをしましょう。 よくある傷め方は膝を曲げずに、腰を折って雪を救う方法です。こうすると雪の重みがすべて腰にいきます。しっかりと膝をまげて、腰に負担をかけずに雪かきを行いましょう。 雪を移動させるときは、腰をひねらない 雪は1㎥で100kgほどの重さになります。そのため量によっては、10㎏を超えるような雪を運ぶこともあります。そんな重さを持って腰をひねれば、当然傷めてしまいます。 腰をひねらず、足を使ってよい姿勢のまま雪を運びましょう。 小さく回数を分けて、雪かきをする 雪の重さは先述のように、想像よりも重いです。体に負荷がかからないように、小さく回数を分けて雪かきをしましょう。 目安はスコップに雪の山を作らない程度にすくうとよいでしょう。 雪は投げるのではなく、滑らせる すくった雪を集めるのは一苦労です。雪を1つの場所に集めるときに投げるようにスコップを振る人がいますが、怪我の危険があるのでお勧めしません。体への負荷をかけないよう、慣性を使って雪を滑らせながら飛ばします。 スコップを勢い良く動かしたら、途中で急に止めます。そうすると慣性で雪がスコップから滑りながら、雪が飛んでいきます。あまり体力を使うことなく、雪を集めることができる方法です。 雪かきで使える便利な道具たち 雪かきに使用する道具は雪質や積雪量によって使い分けましょう。おすすめの雪かきグッズを紹介していきます。 雪かきの大定番「スコップ」 雪かきといえば、まず用意したいのがスコップです。雪が固くなってしまっても、金属製のものを選べば大丈夫。特にスコップの先がとがっている方が固い雪にも対応することができます。 プラスチック製は軽いですが、固い雪には向いていなかったり耐久性も低いので、本格的な雪かきには不十分です。アルミ製であれば金属でも軽いので、女性でも扱いやすいです。 固い雪をスコップですくう時のコツ 固い雪を手の力だけですくうのはかなり大変です。スコップに足をかけて、体重をかけて雪を切り出すと、楽に作業ができます。手の力だけで救うよりも格段に楽なので試してみましょう。 雪がやわらかいなら断然これ「プッシャー・ラッセル」 やわらかい雪に対応するなら、プッシャー・ラッセルです。この道具はブルドーザーのように雪をかき集めることができます。体への負荷がかかりにくく、簡単に雪かきを行うことができます。 ただし、固い雪では破損してしまう危険性があります。スコップとプッシャー・ラッセルで使い分けることをおすすめします。 プッシャー・ラッセルを疲れ知らずに扱おう プッシャー・ラッセルは簡単に雪を集められる便利な道具です。しかし、使い方によっては、体を痛めてしまうことも!? スコップと同様に、手ではなく体重を使いながら押すことが、効率よく使うポイントです。プッシャー・ラッセルを持った手を胸にあて、体重を柄の先にかけながら押します。多くの雪が集まった状態でプッシャー・ラッセルを押しても、疲れにくくなります。 車の雪を下ろすなら、傷つけにくい「スノーブラシ」 車に傷をつけずに素早く雪を下ろしたい。そんな時にはスノーブラシを使いましょう。 特に屋根に積もった雪をおろすのは、手が届きにくく大変です。伸縮タイプでヘッドが回転するようなブラシを選ぶと便利です。こちらがおすすめのスノーブラシです。 雪が固くなる前に作業をするのがポイント。大切な愛車を守るためにも、効率よく雪かきしましょう。 雪かきをするときに気をつけたい注意点 雪かきをしているときの落とし穴としてあげられるのは2点。けがをすることと雪かきで集めた雪の置き場所の2つです。 雪かきでけがをしないために大切なこと 雪かきをするときに気をつけなければならないことを表にしてまとめてみました。場所によって多種多様な危険が潜んでいるので、注意しましょう。 違法行為につながる可能性もある、雪かきの雪を集める場所 雪かきの雪を置いてはいけない場所は法律で決まっています。それは公共の場所です。雪だからといって、道路や下水道、川などに流してはいけません。ではどこに置いておけばよいのか。それは家の敷地の中で日当たりのよい場所です。お湯などで溶かそうとしないで、自然に雪が解けるような場所を選びましょう。 どうしようもなくなったら最終手段、除雪機 スコップでもプッシャー・ラッセルでも量が多すぎて大変という場合には、除雪機を使用を検討しましょう。雪の硬さにも、量にも対応能力は◎。これ1台で雪かきの問題は解決します。 雪かきをプロに依頼する 自分でするには危険だし、時間もない。こんな方におすすめするのがプロに雪かきを依頼することです。zehitomoには雪かきを得意とするプロがたくさんいます。zehitomoならではのAIマッチングであなたにピッタリのプロが選べます。 【最後に】やっぱり雪かきをしないとダメ?3大お悩みポイント そもそもなぜ雪かきが必要なのか。雪国で生活をはじめたばかりの方など、疑問に思うこともあるかもしれません。ここでは特に家で雪かきをしないと起きる3つの問題についてご紹介します。 […]

2021/09/16

簡単楽々! 引っ越しのやることリスト&スケジュールをまとめました

引っ越しにおける『やることリスト』と『スケジュール』を考える   春先に多くなる引っ越し。引っ越しを予定されている方は、やるべきことやスケジュールについて押さえてあるでしょうか? 引っ越しの準備には、最低でも『1ヶ月以上』見積もるのがポイントです。引っ越し業者は直前だと見つかりにくいことや、ライフライン関連の手続きは前もってしておく方が安心だという理由があります。 また、『引っ越しにおける手続きの順番や時期を把握しておく』ということも大切でしょう。各種手続きには、期限つきのものが多くあります。そのため、必要な準備には何があるか把握するだけでなく、その期限も知っておく必要があるのです。しかし、引っ越しに必要な準備と言っても何から手をつけて良いか、自分だけで考えるのはなかなか難しいですよね。 特に『初めての引っ越し』『初めての一人暮らし』という方は、一体何から調べたら良いのか、途方にくれてしまうのではないでしょうか。そのような方のために、今回の記事では引っ越しに必要な準備とそのスケジュールをまとめてみました。引っ越しに必要なチェックリストとして、ぜひお役立てください。   目次 1ヶ月前までにやること 引っ越し業者を探す 相場はどのくらいか? 業者の選び方や注意点は? 賃貸契約の解約 ライフライン(水道・電気・ガス)の解約・契約 インターネット・固定電話の引っ越し手続き 2週間前までにやること 郵便局に転居届を提出 不用品の処分 荷造りを始める 荷造りのコツ 2週間を切ったらやること 転出(転居)届の提出 国民健康保険の資格喪失手続き 1週間を切ったらやること 銀行、保険などの各種住所変更手続き NHKの住所変更手続き 引っ越し当日 洗濯機の水抜き 引っ越し2週間後までにやること 転入届の提出 国民健康保険の加入手続き 国民年金の住所変更手続き 運転免許証の登録住所変更手続き 自動車関連の住所変更手続き まとめ 1ヶ月前までにやること 引っ越し業者を探す まず、最初にしなければいけないのが引っ越し業者選びです。家具や家電などの荷物を、現在の住所から引っ越し先まで運んでもらえる業者を探さなければいけません。特に、新生活が始まる『3〜4月』や、人事異動が発表されたことによって転勤が増える『9月〜10月』は、業界における繁忙期と呼ばれています。 この時期に引っ越しをされる場合、業者のスケジュールが詰まっていることも多く、できるだけ早く予約する必要があるでしょう。 相場はどのくらいか? 引っ越し業者に依頼する際の相場ですが、 ・荷物の量 ・必要な人数 ・引っ越しにかけられる日数 ・距離 ・時期 によって料金が大きく異なってきます。荷物が多く、使用するトラックが大きくなって必要な業者の人数も増える場合や、引っ越しを最短の日数で済ませたい場合、引っ越し先まで都道府県や国をまたぐ場合などは、料金が高くなってしまう傾向にあります。 また、引っ越しをする時期も重要です。上記で述べたように、引っ越し業界には繁忙期が存在します。繁忙期は業者への予約が殺到するぶん、繁忙期料金を取られることがほとんどでしょう。 なお、一人暮らしの場合の依頼料金は45,000円〜7万円で収まる場合が多く、繁忙期は通常期と比べ1.3倍ほどの料金になる傾向です。 業者の選び方や注意点は? 引っ越しにおいて、重要となるのが業者の選び方です。特にこだわりがない場合、一般的な引っ越し作業における口コミを見て信頼できる業者を選ぶことをおすすめします。口コミや実績は、業者を選ぶための有効な判断材料と言えるでしょう。 また、どのようなことを依頼できるのか、というサービス内容も大切です。特に一人暮らしの引っ越しで「一人で作業を進めないといけない・・・」と不安がある場合、オプションが手厚い業者だと安心です。多少の追加料金を取られたとしても、プロに任せられる部分が多ければ、引っ越しにおける不安も和らぐでしょう。 なお、業者ごとに依頼できるサービスやその料金は異なります。そのため、2〜3社程度の業者で相見積もりをとり、条件が良い業者を選ぶようにすると良いでしょう。   賃貸契約の解約 […]