1. Zehitomo
  2. 手品教室MACOMICAL
avatar

手品教室MACOMICAL

tier new-user

東京都新宿区西新宿

承認済み個人情報

本人確認

電話番号

メールアドレス

自己紹介

一言PR

見る手品をやる手品に

経歴・資格

マジックショップ(手品道具専門店)で実演販売を 行っていました。その場で商品の使い方を教えてください という声が多く、道具の使い方をレッスンしているうちに 教えた方が上手くなっていくことに感動を覚え、 手品教室MACOMICALを始動しました。 レッスンをした人数は300人を超え、 ”見る手品をやる手品に”をテーマに出張イベントをはじめ、 定期講習会を中心に活動しています。

お仕事で心がけていること

私はTVで見るような本当にウケの良い、 プロマジシャンのような手品が楽しんでいるうちに 身についているようレッスンをしています。 多くの方は手品をやろうとする時、 デパートなどの手品コーナーで道具を買って それをそのまま演じればいいのではないかと考えます。 もちろん、そのような手品道具はとても良くできていて、 練習もあまりせずに披露できるよう考えられています。 商品の質も高く、プロの方でも演じているものも あるぐらいです。しかし、アマチュアの方がそのような 道具を使って演じると道具に仕掛けがあって、 そのおかげで不思議な事が起こっているのだな というイメージを持たれてしまいます。 手品自体は成功しているのに、あまり感動がない… このような状況に陥ってしまっている方が たくさんいらっしゃいました。 そこで私はクロースアップマジックというものを レッスンしています。 ​ クロースアップマジック(テーブルマジック)というのは 数人のお客様を相手に目の前で行うマジックのことです。 ​ 主にトランプやコイン、日用品などのお客様が 普段目にしているであろう道具を使って手品を行います。 ​ 時にはお客様の腕時計、タバコ、お札などを 借りて行うこともあります。手の届く距離で、 しかも仕掛けのない道具(自分が貸したもの)などで 不思議な事が起きるので生で見たお客様は とても驚き喜ばれます。 そんなクロースアップマジックを楽しみながら 学んでいただいております。 楽しんでいるうちに身についているというのが とても大事だと考えています。 好きこそものの上手なれという言葉もあるように 一番の上達方法は楽しむ事です。 ​ 私自身、手品を始めてツラいと思って 練習していた事は一度もありません。 うまくなっていくのが楽しく、 気が付いたらトランプを触っている。 そして気が付いたら仕事にできるくらいまで上達していた。 という感じです。 ​ もちろんコツなどのテクニックに関する部分を わかりやすくお伝えもしていきます。 何百人と指導してきた経験から、 また自分が学んできた経験から、 一番効率よく覚えられるようレッスンをしていきます。 ​ ですが私は、何よりも 楽しんで学んでいただくをモットーに レッスンをしています。 ​ 何度も言いますが、 楽しむ事が上達への一番の近道だからです。 ​ そして楽しみながら学んでいて、 気が付いたら手品ができるようになっていた。 誰かを喜ばせる一生モノのスキルが身についていた。 ​ そんな風に全くの初心者の方でも手品を観る側からやる側に なっていただけたらと思い、日々レッスンをしています。

アルバム

アルバム

依頼を出そう(無料)

質問に回答し、お願いしたい仕事について教えてください。

その後、あなたに合ったプロから見積もりが届きます。

仕事をお願いしたい方を見つけたら、採用してください。