1. ゼヒトモ
  2. 暮らし
  3. PC・家電の修理・交換・設置
  4. 冷蔵庫
  5. 冷蔵庫クリーニング業者
  6. 冷蔵庫をキレイにしたい!掃除方法を場所別にご紹介

冷蔵庫をキレイにしたい!掃除方法を場所別にご紹介

2021/08/31 2022/07/25
冷蔵庫掃除
FacebookTwitter

食品を衛生的に保存するために、冷蔵庫は定期的に掃除しましょう。中身を入れすぎないようにして、普段からこまめに掃除をしておくと、キレイな状態を長持ちさせることができます。仕上げに除菌をしたり、冷蔵庫を動かして外側も掃除したりするとより効果的。今回は、掃除の方法を場所別にご紹介します。


目次

・冷蔵室を掃除しなければいけない理由
・冷蔵庫を掃除する前に
・冷蔵庫掃除の段取り
・場所別の掃除方法
 野菜室・チルド室・ドアポケット
 冷蔵室・冷凍庫
 製氷機
 ドアパッキン
 正面・背面・側面
 天井・床下・裏側
・頑固な汚れを落とすコツ
・冷蔵庫をキレイに維持する5つのポイント
・冷蔵庫クリーニングを依頼してみる


冷蔵室を掃除しなければいけない理由

冷蔵庫は知らず知らずのうちに汚れやすいです。汚れを放っておくと、雑菌が繁殖したり、カビが生えたりしてしまいます。衛生的に食品を管理するためには、定期的に掃除してキレイな状態を保っておくことが欠かせません。


冷蔵庫を掃除する前に

まずは、冷蔵庫の中身をすべて出して空にします。賞味期限や消費期限が切れているものは、良い機会ですので処分しておきましょう。残ったものは、一時的に大きめのクーラーボックスなどに入れておきます。それが終わったら、冷蔵庫の電源をOFFにして準備完了です。

しかし、中身を全部出すのが面倒だったり、大きなクーラーボックスを持っていない場合もあるでしょう。そういったときは掃除をする数日前から、計画的に冷蔵庫の中身を消費しておくと掃除が楽になります。旅行や出張など、一定期間家を離れる用事の前であれば無駄がありません。

そうは言っても一度中身を出した後に、また元の位置に戻すのは手間がかかります。そういうときは、カゴを上手に使いましょう。カゴは100均や無印良品などに売っているもので大丈夫です。最初から食材をカゴに入れてしまっておけば、カゴの出し入れだけで済むので、あまり手間がかかりません。



場所別の掃除方法

場所別の掃除方法を、必要なもの、手順、ポイントの順番で紹介していきます。場所によってはアルコールや重曹、クエン酸などを掃除に使用するので、自宅の冷蔵庫で使えるのかどうか、取扱説明書で事前に確認しておきましょう。


野菜室・チルド室・ドアポケット

野菜室とチルド室は野菜や生鮮食品を保存しておく場所なので、雑菌が繁殖しやすいです。外せるパーツはすべて外して、隅々まできれいに掃除しましょう。


必要なもの

  • スポンジ
  • 食器用洗剤
  • キレイな布巾や雑巾(汚い布だと雑菌を広げてしまうので注意)
  • 重曹水スプレー(水100㎖に小さじ1杯の重曹を溶かして、スプレボトルに入れたもの)
  • アルコールスプレー(除菌シートでも可)

手順

1.引き出しやケース、仕切りなどの外せるパーツをすべて外す
2.外したパーツをスポンジと食器用洗剤で洗う(水洗いができない場合は、除菌シートで拭くのでもOK)
3.キレイな布に重曹水を吹きかけて本体を拭く(汚れている箇所に直接吹きかけたり、歯ブラシや綿棒を使ったりすると効果的)
4.アルコールスプレーや除菌シートを使って消毒する(アルコールが使用できない場合は無理に行わない)
5.乾いた布で本体と取り外したパーツを拭く
6.元あった場所にパーツを戻す


冷蔵室・冷凍庫

冷蔵室と冷凍庫にはたくさんの食品が保存されているため、中に何が入っているのか完璧に把握している方は少ないでしょう。奥の方にしまっていたものが、腐りかけていたり、こぼれていたりしていると、中が汚れる原因になります。賞味・消費期限などを細目に確認する癖をつけておくと、掃除をするときにあまり苦労しないのでおすすめです。

中には、冷蔵室や冷凍庫に霜ができてしまって掃除どころではないという方もいるのではないでしょうか。そんな方は、こちらの記事を参考にして、まずは霜を取るところから掃除を始めましょう。(冷蔵庫の霜取り方法は?簡単5ステップで綺麗にしよう。6つの予防法も!)

必要なものと手順に関しては、「野菜室・チルド室・ドアポケット」と同じですので、そちらを参考にしてください。


製氷機

給水タンクにずっと水を入れていると、水道水のミネラル分による白い汚れが付着したり、フィルターにカビが生えたりします。そのままでは、製氷機からできた氷が衛生的であるとは言えません。常にキレイな氷を使うためにも、定期的なお手入れが必要です。特にあまり製氷機を使わない冬は注意しましょう。

必要なもの

  • スポンジ
  • 食器用洗剤
  • 製氷機用の洗浄液(クエン酸水でも代用可)
  • クエン酸水(水200㎖に小さじ1杯のクエン酸を溶かしたもの )

手順

1.給水タンクや貯氷ケースを取り外す
2.フィルターなどのパーツごとに丁寧に水洗いする
3.汚れが落ちなければ、スポンジと食器用洗剤を使って洗う
4.しっかりと乾かしたら、パーツを元に戻す
5.空の給水タンクに製氷機用の洗浄液を入れて凍らせる
※クエン酸水を使うときは、食紅などで着色しておくとわかりやすくなります
6.洗浄液が無くなる間に出てきた氷は使わずに捨てる
7.給水タンクを水洗いした後に、水を入れて再びセットする


ドアパッキン

大きい引き出しにはゴムパッキンがあります。横開きのドアにはそれほど溜まりませんが、冷凍庫や野菜室の引き出しには、上から落ちてきたゴミが溜まりやすいです。普段は見落としがちな部分ですが、雑菌が溜まりやすいのでキレイに仕上げましょう。

必要なもの

  • 綿棒
  • 除菌シート
  • キレイな布巾や雑巾(カビがある場合のみ)
  • カビ取り剤か塩素系漂白剤(カビがある場合のみ)

手順

1.除菌シートで綿棒をくるむ
2.綿棒をゴムパッキンの溝に入れて、ゴミをかき出す
3.カビがある場合は、パッキン部分に綿棒でカビ取り剤か塩素系漂白剤を塗る
4.5~10分ほど放置したら、塗った箇所をキレイな布で水拭きする
※カビ取り剤や塩素系漂白剤を使用するときは、よく換気した上で、ゴム手袋をつけて掃除しましょう。


正面・背面・側面

冷蔵庫の周りや扉、ドアノブにはホコリや汚れが付着しています。コンロの近くに冷蔵庫を置いている場合は、油汚れもあるかもしれません。ドアノブのように、よく触る場所が汚いと、開閉をする度に中の食品に汚れを付着させることになります。普段から意識的に掃除をするようにしましょう。

必要なもの

  • キレイな布巾や雑巾
  • 重曹水スプレー(水100㎖に、小さじ1杯の重曹を溶かしたもの)
  • アルコールスプレー(除菌シートでも可)

手順

1.キレイな布に重曹水を吹きかけて本体を拭く(汚れている箇所に直接吹きかけたり、歯ブラシや綿棒を使ったりすると効果的)
2.アルコールスプレーや除菌シートを使って消毒する(アルコールが使用できない場合は無理に行わない)


天井・床下・裏側

冷蔵庫の天井部分と床下、排気口や電源プラグがある裏側には、ホコリやゴミが溜まっています。しかし、重い冷蔵庫を動かしてまで、床下や裏側まで掃除している人は少ないでしょう。排気口や電源プラグにホコリが溜まっていると、消費電力が増えたり、火災の原因になったりするので注意が必要です。掃除をするときは、無精せずに冷蔵庫を動かしましょう。大きい冷蔵庫にはキャスターがついていることが多いため、それほどハードルは高くありません。

必要なもの

  • 掃除機
  • キレイな布巾や雑巾
  • 重曹水スプレー(水100㎖に、小さじ1杯の重曹を溶かしたもの)
  • ストッキングハンガー(針金ハンガーを楕円形になるように引っ張って、ストッキングを被せたもの)

手順

1.冷蔵庫のストッパーを外して動かす
2.裏側や隙間に溜まったホコリやゴミを掃除機で吸い取る
3.冷蔵庫の背面や周りの壁が汚れていれば、重曹水を吹きかけてキレイな布で拭く
4.冷蔵庫を元の位置に戻して固定する
5.ストッキングハンガーを使って、床下のホコリを取る(裏側や隙間の掃除に使ってもOK)


頑固な汚れを落とすコツ

冷蔵庫の汚れが頑固で、重曹水スプレーやアルコールスプレーでは落ちないときに役立つ掃除のコツを2つ紹介します。

こびりついた汚れはペーパーで湿布

拭いても汚れが落ちないときは、汚れている部分にキッチンペーパーやティッシュなどを置き、重曹水スプレーやアルコールスプレーを吹きかけて少し時間をおきましょう。そうすることで、汚れがふやけて落ちやすくなります。


ひどい汚れにはセスキスプレーとクエン酸スプレー

油汚れのようにベタついた汚れには、セスキスプレーとクエン酸スプレーがおすすめです。

作り方
セスキスプレー:セスキ炭酸ソーダ小さじ1杯+水500㎖
クエン酸スプレー:クエン酸小さじ1~2杯+水200㎖

セスキスプレーを吹きかけてキレイな布で拭き取ってから、クエン酸スプレーを吹きかけてキレイな布で拭き取ります。セスキ炭酸ソーダは、重曹では落ちないようなしつこい油汚れも落とすことができます。クエン酸は水垢を落とすのに効果的ですが、セスキ炭酸ソーダを中和させることもできるので、2番目に使うようにしましょう。

どちらもスーパーや100均などで販売されているため、比較的入手しやすいです。



冷蔵庫をキレイに維持する5つのポイント

冷蔵庫を掃除した後は、できるだけキレイな状態を維持しましょう。これから紹介する5つのポイントを押さえると、清潔な状態を保ちやすくなります。


少しでも汚れたらすぐに掃除をする

汚れている場所を見つけたら、すぐに汚れを取りましょう。時間が経てば経つほど、汚れは取りづらくなります。一度に全体を掃除するよりも効果的です。


冷蔵庫の温度を低く保つ

冷蔵庫内は10℃以下、冷凍庫内はー15℃以下に保っておくと、雑菌の繁殖を押さえることができます。普段から扉をあける回数は少なく、一度に開ける時間は短くしましょう。


中身を入れすぎない

冷蔵庫の中に食品を入れすぎると、中身を把握することが難しくなるだけではなく、冷気が循環しづらくなって冷蔵効率が下がります。全体の7~8割程度を目安にして、入れすぎには注意してください。


保存袋を活用する

肉や魚、野菜などはジップロックなどの専用の保存袋に入れて保存しましょう。そうすることで、他の食材と触れる機会が無くなるため、雑菌が広がるのを防ぐことができます。


製氷機には水道水を使う

ミネラルウォーターで氷を作るとおいしくなるかもしれませんが、塩素が含まれてる水道水を使った方がフィルターなどにカビが生えづらくなります。掃除の頻度を抑えたいのであれば、水道水で氷を作るようにしましょう。


冷蔵庫クリーニングを依頼してみる

冷蔵庫クリーニングをプロに依頼してみませんか。料金の相場は、約6,000~10,000円、平均的な作業時間は約1時間半~2時間です。除菌や防カビなどの仕上げまで行ってもらえるので、定期的なメンテナンスにもおすすめです。

STEP 1:簡単無料依頼
2分でスマホやPCで簡単に依頼内容を入力します
STEP 2:提案を受ける
最大5人のプロから提案を受けられます。あなたの条件に合うプロを採用してください
STEP 3:交渉成立
プロと相談した場所・日時・値段で依頼したサービスを受けられます


ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

冷蔵庫掃除関連の最新記事

2022/06/06
冷蔵庫が冷えない!故障や不具合の原因とその対処法!

毎日の生活に欠かせない冷蔵庫ですが、冷蔵庫に不具合を感じたことがある方は多いのではないでしょうか。その中でも、冷蔵庫が冷えていないというのはよくあること。1年中設定温度を一定にしていたり、食材を詰め込み過ぎていたりすると、故障の原因になってしまいます。 今回は、冷蔵庫が冷えない原因とその対処法について紹介します。寿命や修理・処分・買い替えなどについても解説しているのでぜひ参考にしてみてください。   冷蔵庫が冷えない時の原因は? 冷蔵庫が冷えない原因はいくつかあります。ここでは主な原因3つを紹介します。 1.放熱できないために冷却できなくなっている 冷蔵庫と壁の間にすき間はあるでしょうか。冷蔵庫は、庫内を冷やすために熱を放出する必要があります。壁にピッタリと付けてしまうと熱を放出する妨げに。壁との間にはわずかにスペースを開けるようにしましょう。 また、冷蔵庫を直射日光や夕方の西日当たる場所に設置してあったり、オーブンなどの熱を発する電子機器が近くに置いてあったりという状況も避けるべきです。 2.冷気の循環が悪くなっている 冷気の吹き出し口を確認してみてください。食品などで塞がれていると、冷気が庫内で循環できなくなっていることが考えられます。食品は7割以上入れないようにし、すき間を作って冷気が回りやすいようにしてください。 ただし冷凍庫はびっしり詰め込んだ方がお互いを冷やす効果が有るので、なるべくたくさん入れて置いた方が良く冷えていいと言われています。 3.霜が付いている 冷蔵庫に霜が付くと冷気の通り道をふさいで、冷却効果が落ちるとされています。霜を発見したら直ぐに取り除くようにしましょう。 少量の霜であればヘラなどで取り除くことが出来ますが、大量に付いている場合は、冷蔵庫の電源を落として溶かす必要があります。そうなると、中の食材にも影響が出てきてしまいます。大掛かりなことになる前に、早い段階で取り除きましょう。 冷蔵庫が冷えないの確認ポイント8つ 次に、冷蔵庫が冷えないときにまず確認するべきポイントを8つ紹介します。 まずは冷蔵庫の仕組みを理解しよう! 冷蔵庫が冷えないときはどうしたらよいでしょうか。その対処法を探るためにも、まずは冷蔵庫の仕組みを理解することが大切です。 冷蔵庫内はコンプレッサーと呼ばれる圧縮機によって、「気化」という現象を起こしています。液体は周りの熱を奪うことで気体へと変化し、また気体から液体へ変化する際には熱を放出します。この現象を利用したのが冷蔵庫です。 つまり、冷蔵庫にとってコンプレッサーは心臓部分。コンプレッサーが故障している場合は、自分で修理するのは難しいと言えるでしょう。 そのため、冷蔵庫が冷えないときはコンプレッサーが故障しているのかどうかをまず確認しましょう。 (参照元情報:経済産業省、webサイト、2022年6月現時点情報。詳しくは直接サイトをお調べください。)   1.冷凍庫は冷えているかどうか 冷凍庫が冷えているのはコンプレッサーは正常に動いている証拠。そのため、冷気を回す際に何らかの障害が発生していることが考えられます。この場合は、自力で不具合を治すことができると考えてよいでしょう。 一方、冷凍庫も冷えていない場合は、コンプレッサーに異常があると思われます。コンプレッサーは自力ではなかなか修理できるものではありません。プロに依頼するのが良いでしょう。 2.庫内にモーター音がするか(モーターが動いているか)確認する モーターは正常に動いているでしょうか。モーター音は主に、コンプレッサーや冷気を庫内に循環させるファンから発生しています。そのため、モーター音が一斉していない場合は、これらの部分が故障している可能性が高いため修理を依頼するのがおすすめです。   コンプレッサーが正常に動いていることが確認できたら、まずは自分でできる以下の対処法を試してみましょう。 3.庫内の電気がつくか確認する 冷蔵庫を開けた時に庫内の電気が付くか確認してみてください。電気が付けば電源は入っているという事が分かります。   4.コンセントが入っているか確認する 意外と見落としがちなのがコンセント。急に動かなくなってしまった時に慌ててしまい、コンセントには目がいかないこともあるかもしれません。 犬や猫や小動物は家電や家具の隙間に入り込むのが大好きです。また、お子さんが冷蔵庫に当たった時にコンセントが抜けている可能性があります。念のために確認してみてください。 5.冷風吹き出し口にものを置いていないか確認する 知らず知らずのうちに食品を詰め込み過ぎてしまい、吹き出し口を塞いでいませんか?冷えないなと思ったら冷風の吹き出し口をチェックしましょう。 6.ドアのパッキンが緩んでいないか、閉めた時にドアがきちんと閉まるか確認する きちんとドアを閉めたつもりでもパッキンが緩んでいるとすき間から暖かい空気が入ります。そうなると、庫内を冷やせなくなるので緩んでいたらしっかりはめ直しましょう。程度がひどいようであれば、プロに修理を依頼する必要があります。 7.暖かい食材や料理をたくさん入れていないかどうか確認する 出来たての料理をそのまま冷蔵庫に入れていませんか?食品を温かいまま冷蔵庫に入れると庫内の温度は一気に上がってしまいます。庫内が冷えないどころか、先に入っていた食材を痛める恐れも。庫内に食材を入れる時は、温度を下げてから入れるよう心がけてください。 8.冷蔵庫の設置位置や周囲との距離感が正しいか確認する 冷蔵庫がオーブンなど熱を発する場所の近くに設置されていないか、壁との距離は適正かをチェックしましょう。初めは壁とのすき間を開けたつもりでも、数年が経過するうちに少しずつ後ろに押され壁にピッタリ張り付いていた、ということもあります。今一度確認してみましょう。   冷蔵庫が冷えない!日頃からできる3つの対処法   1.庫内のものを減らし整理整頓する 庫内に食品を詰め込み過ぎると冷気が回らなくなり中が冷えにくくなります。食品を入れる時は詰め込み過ぎないように注意して、程よくすき間を開けるようにしてください。 2.庫内の温度を下げる 一度庫内の温度調節メモリの位置を変えて見て、庫内の温度が正常に変化するか試しましょう。一度ぐっと冷やしてみたり、緩やかに温度を上昇させるなど、いつもと違う温度にすること故障しているかどうかを判断する材料にもなります。 3.庫内の掃除をする 庫内がごちゃごちゃで汚れていては衛生的にも良くありません。1ヶ月に1回、食材の賞味期限切れがないか見て、古い食材や調味料を捨てましょう。 忘れていた食材や賞味期限の切れた食材が溢れることがあります。まめに掃除をして古い食材を無くすだけでもよく冷えるようになります。 また、庫内の霜や汚れを定期的に掃除するのも冷蔵庫を長持ちさせるコツ。忙しくて冷蔵庫を掃除する時間が取れない方はプロに依頼するのも良いかもしれません。 […]

2022/03/14
冷蔵庫の引っ越しや移動の注意点7つ!運搬方法も詳細解説

引越しにつきものなのが、冷蔵庫など、大型家電の運搬です。これが難しいために、引越し業者に依頼せざるを得ないという場合もありますよね。 しかし、引越し費用を節約したいのであれば自分の力でも運べます。 自分で冷蔵庫を運ぶ時に注意したい点や基本的な運び方を見てみましょう。 引っ越しで冷蔵庫を運ぶときの注意点7つ 1.移動する前に冷蔵庫の中身は空にする 冷蔵庫を運ぶ時には、中に入っている食材は空にしておくことが原則です。 中に物が入っているとその分重量が増えてしまい、運ぶ人の負担が大きくなってしまいます。また、冷蔵庫は運んでいる途中に傾けることもあります。その時、中に食材が残っていると液漏れをして、故障の原因となる可能性もあります。 冷蔵庫の中身は運ぶ前日には空になるよう調節して消費していきましょう。常温で保存できる調味料などは別に運ぶという方法もあります。どうしても食べきれない冷蔵品があれば、BBQなどに使う保冷バッグで保管しましょう。冷蔵庫はそれ自体が重い家電なので、冷蔵庫からは出しておきます。 また、見逃しがちなのですが製氷機能が付属した冷蔵庫は、製氷用の水タンクの中も空にしておいてください。 2.移動の10時間前に電源は切っておく 冷蔵庫は電源を切ってすぐには運べるものではありません。最低でも10時間前には電源を切って、庫内を常温にしておく必要があります。 なぜなら冷蔵庫は電源が切れると中の温度が徐々にぬるくなり、結露や霜が溶けて水分を発生させます。この水を捨ててからでないと、機械内部に水が浸入し故障してしまうことがあるからです。 3.冷蔵庫の運搬は2人以上の複数人数で運ぶ 一人暮らし用の小型冷蔵庫は、一人で運べるかも?と思うかもしれません。確かに専門業者の方々は重い家電を一人で運んでいることもあります。 しかし、彼らは運搬や引越しを専門としているプロです。場数も方法も熟知しています素人が一人で重い家電を運ぼうとすると、手間取って時間がかかったり、思わぬ事故に繋がる可能性があります。 冷蔵庫を運ぶ時には友人などに依頼し、複数人で行うようにしましょう。 4.誰かの手伝いが見込めない場合は業者などを依頼する 冷蔵庫の運搬を頼める人がいない場合は、無理して運ばずに引越し業者や配送業者を利用するようにしましょう。無理して重い物を持つと腰を痛める原因となります。一度腰痛になると完治が難しく、長く苦しむこともあり、侮れない病気です。 運搬費用を節約したのに、その後の病院代がかかってしまうなんて残念な結果は避けたいですよね。 5.冷蔵庫の搬出・搬入経路を確認する 既に家に設置している冷蔵庫の搬出は、設置時の搬入と同じ経路で行えば問題ありません。問題になるのは、新しい場所に搬入するときの経路です。 見切り発車で冷蔵庫の運搬を始めてしまうと、途中でどうしても通れない場所が出てくることがあります。冷蔵庫を運ぶ前には、どこをどう通ればスムーズに移動できるのかあらかじめ経路を確認しておきましょう。 例えば、通るドアの幅は冷蔵庫の幅よりも広いのか、階段の踊り場には十分なスペースがあるのか、エレベーターは使用できるのか、などをよくチェックしておくことが大切です。 また、物件の中には搬入に内階段を使用できない場合もあります。その場合、外から吊り上げて搬入することになるでしょう。その場合、個人的に行うことは大変難しく、結局業者に頼まなければならないという場合も出てきてしまいます。最初から頼んでおけばよかった、と思う羽目にならないよう経路の確保は綿密に行ってください。 6.冷蔵庫運搬時は横に傾けない、斜めにしない 冷蔵庫はなるべくまっすぐに立てた状態で運ぶようにしましょう。斜めにしたり傾けると冷蔵庫の中に通っているフロンガスに不具合が起こり、故障したり冷えにくくなるといったトラブルが発生する可能性があります。 どうしても傾けなければならない時は、45度以内に保つことを心がけてください。 7.冷蔵庫を横に傾けたまま放置しない 運んでいる最中はもちろんですが、移動中も冷蔵庫を横に倒して放置するのは避けてください。冷蔵庫の中のフロンガスは、冷媒菅の中で液体化とガス化を繰り返すことで冷蔵庫内を冷やします。横にして放置すると、この撹拌が上手く作用しなくなり、冷蔵庫が冷えなくなることもあります。また、本来立てて保管するために作られており、長時間横にしていると自身の重さで歪んでしまう危険性もあります。 どうしても移動中の横にしなければならないのであれば、横にしておいた時間の3倍程度の間、電源を入れずに寝かしてから使用するようにしましょう。 複数人数で冷蔵庫を運ぶ時の運び方 1.冷蔵庫のドアが開かないようにマスキングテープなどで止める 冷蔵庫のドアや引き出し部分にはマグネットが内蔵されたパッキンが付いています。軽く閉めてもしっかりと固定されるのは、このマグネットが引き寄せあうからなのです。 しかし、パッキンが緩んでいるとドアや引き出しの固定が甘くなり、少しに衝撃でも開いてしまうことがあります。 運んでいる最中に突然開いてしまわないように、ドアと本体や引き出しはテープで固定しておきましょう。テープは、後の残りにくいマスキングテープや養生テープがおすすめです。 2.冷蔵庫の底から持ち上げる人と上部を支える人とで持つ場所を分担する 重いものを持つ時は、全員が同じ重心で持つのではなく、支える場所を分担することでそれぞれにかかる負担を分散できます。 メインで持ち上げる人は、冷蔵庫の下半分を腰で抱える様に持ち上げましょう。上部を支える人は持ち上げている人より重さの負担は小さくなります。その分、角度の調節や、運んでいる最中どう動かしたらいいか、総合的なコントロールも行えるようにしましょう。 3.冷蔵庫を搬出する 持っている人全員で声をかけあい、持ち上げるタイミングや運ぶペースを合わせて搬出しましょう。もし無理な体勢になっていたり、怪我をしそうな場合には大きな声で全員に状況を伝え、一度持ち直すなどのチームワークが大切です。 1人で冷蔵庫を運ぶ時の運び方 一人暮らし用の冷蔵庫や小型の冷蔵庫の場合は、一人でも運べる場合があります。 そんな一人運搬の注意点とコツをお知らせします。 1.冷蔵庫のドアが開かないようにマスキングテープなどで止める 一人で運ぶ場合もドアや引き出しはマスキングテープなどで固定し、開かないようにしましょう。運んでいる最中にドアが開くと、バランスを崩して危ないだけでなく壁などを傷つける恐れもあります。 2.毛布もしくは台車に乗せる 一人で冷蔵庫を運ぶ時に活躍するのが、台車や毛布です。台車なら一度乗せてしまえば階段を除くほとんどの場所で、力を加えずに転がすだけで移動することができます。 台車は冷蔵庫より底面が大きく耐荷重があるものを選び、搬出時はタイヤで床を傷つけないように注意しましょう。無理な方向転換や移動をしないことがポイントです。 荷台がない場合には、毛布を床に引いてその上に一度冷蔵庫を乗せましょう。すると、毛布が滑るので少しの力で楽に冷蔵庫を移動できるようになります。転倒にはくれぐれも注意してくださいね。 3.冷蔵庫を搬出する 平面の経路は毛布や台車を上手に使えばいいのですが、階段などは細心の注意を払って運びましょう。 持ち上げる時には腕の力で持つのではなく、冷蔵庫の下半分に重心を意識して、体全体ですくう様に持つと負担を軽くできます。あとは慌てずに、無理だと思ったら一度降ろし、持ち方やルートを確認しながらゆっくりと運んでください。 冷蔵庫を自力で移動させる時の注意点3つ 1.軽自動車で運ぶ場合の注意点 ワンドアの小型冷蔵庫は、軽自動車の後部座席などに乗せて運ぶことも可能です。しかし、この場合冷蔵庫を横向きにして運ぶことが多くなります。さらに自動車の振動も受けているため、搬入後に冷蔵庫を寝かせる時間をしっかりと確保できるようにしておきましょう。 […]