1. ゼヒトモ
  2. 習い事
  3. トレーニング
  4. ヨガ
  5. ヨガ教室・レッスン
  6. 【プロ監修】寝る前にヨガ習慣を始めよう。ベッドの上でできる簡単ポーズ

【プロ監修】寝る前にヨガ習慣を始めよう。ベッドの上でできる簡単ポーズ

11/06/2021

ヨガレッスン
FacebookTwitter

寝る前にヨガを取り入れてみませんか?今回は、寝る前におすすめのヨガポーズをご紹介します。プロのインストラクターのワンポイントアドバイスもついているので、ぜひチャレンジしてみてください。


目次

  • 寝る前にヨガをするといいことがたくさん
  • 寝た合蹠(がっせき)のポーズ(スプタバッダコーナーサナ)
  • ガス抜きのポーズ
  • おうちでヨガ!簡単ワンポイント
  • 今回の記事を監修いただいたプロ


寝る前にヨガをするといいことがたくさん

良質な睡眠は、心身の健康のためにとても大切です。「寝つきが悪い」「朝すっきり起きられない」などの悩みをお持ちの方は、寝る前にヨガを取り入れてみてはいかがでしょうか。 寝る前にベッドの上でできるので、特に用意するものは必要なし。毎日続けることで、より効果が感じられるでしょう。


リラックスして体温をあげることが、良い睡眠に効果的

人間の体には、交感神経と副交感神経があります。副交感神経が作用しているとき、私たちはとてもリラックスした状態です。睡眠の前に副交感神経を優位にすることで、気持ち良く睡眠に入れる効果があります。


プロからのワンポイントアドバイス!

睡眠の質を高めるには体温が重要! 日中高くなり、夜に低くなる体温。この体温リズムがうまくいくと快眠につながりやすくなります。

ヨガで体温があがり、血管が広がるので、寝る前にスムーズに体温を下げることができます。直前よりも寝る1時間前がおすすめです♬



仰向けの合蹠のポーズ(スプタバッダコーナーサナ)

股関節や太ももを伸ばして柔軟性を高めるのが、「合蹠のポーズ」です。合蹠(がっせき)の「蹠」は「あしうら」と読み、合蹠とは足裏を合わせるという意味です。

股関節や仙腸関節を柔らかくし、血流が良くなり骨盤周辺が温められます。お腹が温められることにより、泌尿科系の機能改善にも効果的です。起きたままでも良いですが、夜ヨガならさらにリラックス効果の高い、寝て行うポーズがおすすめです。


プロからのワンポイントアドバイス!

骨盤周辺の血流が良くなり、リラックス効果も高いので、熟睡のための準備になるでしょう!疲労感やだるさも軽減されると思います。無理やり股関節を開こうとせず‘心地いい‘程度に行ってくださいね。


合蹠のポーズの効果

・下半身のむくみ解消
・血流の改善
・股関節を柔軟にする
・生理痛の緩和や月経不順の改善
・リラックス

①仰向けになり、膝を立てます。
②左右の足の裏を合わせ、膝をゆっくりと床に下ろします。
③両手を頭の上に楽に伸ばす、またはお腹の上に置きます。
④この状態で深呼吸をします。 深い呼吸で、リラックスして行いましょう。


ガス抜きのポーズ

お腹、腰の不調には、ヨガの「ガス抜きのポーズ」が効果的です。また、腰痛をやわらげる効果もあると言われているため、長時間同じ姿勢をとることが多い立ち仕事の方にもおすすめのポーズです。


プロからのワンポイントアドバイス!

寝る前に行うと、寝起きの腰痛緩和にも効果的です。このポーズは、腰全体の筋肉に程よくリラックスを与え血行が良くなり、筋肉が緩みやすくなります。寝ている間の状態が変わるので、これをやると翌朝もスッキリと目が覚めて、疲れにくくなるでしょう!


ガス抜きのポーズの効果

・おなかが張る、ゴロゴロするなど不快な症状の改善
・腰痛の改善

①仰向けになり、両膝を抱えて胸へ近づけます。
 *膝を抱えられない人は、ももを抱えるのでもOK。
 *苦しい場合は片膝ずつでもOK。
②ポーズができたら、深くゆっくりと呼吸を続けます。
③できる場合は息を吐く時に、頭を持ち上げます。


おうちでヨガ!簡単ワンポイント

自宅でも気軽に取り入れられるヨガ。
その時に意識すると良いワンポイントです!


全て鼻呼吸で

ヨガの呼吸は、鼻から吸って鼻から吐く。深い呼吸を意識しましょう。身体がリラックスして血管が拡張した状態になるので、血行が良くなり、筋肉も緩みやすくなります。


体が伸びているのを意識して

ポーズの形を目指すよりも、気持ちいいとこでストップして、呼吸を意識しましょう。呼吸を深くすることで、酸素が全身に巡利、血流が良くなり、筋肉伸びやすくなり、内側から温まっていきます。

ただし、無理やり強く身体を伸ばそうとすると、危険を感じた筋肉が、逆に固まろうとしてしまいます。身体を柔軟にし、リラックスするためにも‘心地いい‘、‘気持ちいい‘程度に行ってくださいね!



今回の記事を監修いただいたプロ

15YC(フィフティーンワイシー) 木元理香 様

今回は、東京都でプロのヨガインストラクターとして活躍中の、木元さまに記事を監修いただきました。

大手ヨガスタジオでのレッスンなどフリーで活動を経て、現在は15YC(フィフティーンワイシー)を主宰し、オンラインヨガ教室を開催中。「三日坊主がなくなり、効果を感じやすい!15分でできるオンラインヨガ」として、人気を集めています。ダイエットや健康増進など、受講者の悩みに合わせたプログラムが受講できます。


>木元さんのプロフィールページはこちら<


経歴・資格

・jyiaヨガインストラクター資格
・ダイエット検定
・スポーツフードマイスター
・傾聴セラピスト



STEP 1:簡単無料依頼
2分でスマホやPCで簡単に依頼内容を入力します
STEP 2:提案を受ける
最大5人のプロから提案を受けられます。あなたの条件に合うプロを採用してください
STEP 3:交渉成立
プロと相談した場所・日時・値段で依頼したサービスを受けられます


ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

ヨガレッスン関連の最新記事

2022/04/05

腰痛の時ヨガをしてもいいの?腰痛に効くヨガ6つを紹介【保存版】

腰痛は、肩こりと並んで、現代人の不快な症状の代表格ですよね。ここでは、腰痛になる原因、腰痛になることのデメリット、腰痛緩和や解消のための方法や手段、ヨガで腰痛を緩和したい人におすすめするヨガポーズとヨガで腰痛になったときの対処についてご説明します。 腰痛の原因 腰痛の原因は人によって多種多様です。無理な体勢で身体を動かしてしまったり、過剰な運動や労働で疲労が溜まったりして起きる腰痛、悪い立ち方や座り方、歩き方を続けたことで、骨盤や腰骨、腰回りの筋肉などで負担を掛けたことが原因かもしれません。 脚や膝、背中など、腰以外の部位の故障や不調をかばうために腰回りを酷使してしまうことも原因として考えられます。 また、精神的なストレスや内臓の調子が悪かったり、何らかの疾患を抱えていたり、肥満などが腰痛の原因になることもあるようです。   腰痛になるデメリット5つ 1.痛みで集中力が低下する 腰は生活の活動の中で、座る、立つ、歩くなど、動いていても動きが少なくても、いつも使う部分です。腰痛があると、その痛みが気を散らす要因となり、目の前のことに全力集中するのが難しいと感じる人は多いものです。 2.運動量の低下して他の症状まで出る 腰痛があると、痛みを避けるために、身体を動かす頻度が減る傾向にあります。全体的に運動量が低下し、太りやすい体質になる可能性があります。また、血液循環が停滞しがちになるので、冷えやむくみにも繋がりやすくなるでしょう。動かないことで、他の弱っている部分の症状がでることもあります。   3.腰痛からの筋肉バランスの悪化 腰の疲労を避けるために、無意識にラクな姿勢を取ってしまうようになります。ラクな姿勢とは、いつもの姿勢。実は、腰痛緩和には逆効果で、正しい姿勢や身体のラインを保つための筋肉は弱る一方です。腰痛を引き起こしているかもしれない悪い姿勢から抜け出せず、慢性化や再発など、悪循環に陥ってしまいがちになります。 4.柔軟性の低下 腰の痛みを避けるために、身体の関節を大きく動かすことを避けるようになります。身体の動きが小さくなり、関節の可動域を十分に使い切らないので、関節や筋肉の柔軟性を保つことが難しくなるでしょう。さらに、運動量も減るので、どんどん可動域を狭め、狭いままで固定化することに繋がりやすくなります。 5.全身の老化を早める ここまで紹介した腰痛のデメリットを集結すると、腰痛は全身の老化を早める要因になるとも言えるかもしれません。集中力を低下させるだけでなく、運動量が減ることで、脳に十分な血液や酸素を送る機会も減ります。それによって脳の機能が低下し、脳も老化させていくでしょう。身体も新陳代謝が落ち、疲労物質、老廃物や毒素を溜めやすくなれば、老化は促進されてしまうでしょう。   腰痛を和らげる5つの方法(※症状や、人によります) 1.医師の診断を受ける 腰痛が気になったら、まず、総合病院や整形外科で、確かな診断を受けることが大切です。何よりも自己判断は危険です。内臓の病気が隠れていたり、動くことがマイナスとなるような腰部の損傷が見つかることがあるからです。 2.整骨院、接骨院に通院する 骨格のズレや歪みからの腰痛ということが分かっていれば、整骨院や接骨院での施術を受けることで腰の痛みを緩和できることもあります。何度か通院しているうちに、姿勢が改善されたり、骨格を正しい位置に戻したりできる可能性もあるでしょう。 3.マッサージなど、非医療機関に相談してみる ストレスからの腰痛や、腰痛の痛みが心理的な原因と思われる場合は、リラクゼーションや心理療法などを試してみることで緩和されることがあるようです。近年では、メンタルな問題が原因となる腰痛を抱えている人が増えているとも言われています。 4.原因を取り除く 腰痛が気になりだしたら、生活環境を見直して、原因を突き止めることが先決でしょう。治ったと思ったら、また痛み出したというような繰り返しを防ぐための重要な要素です。 深刻な内臓疾患や身体の損傷からの腰痛でないなら、日頃の姿勢やクセの改善に努めることで、腰痛が緩和される期待は大きいものです。また、履き心地のいい履き物を習慣的に履くこと、ベッドやソファの柔らかさの調節、椅子やデスクの高さの調節などにも意識を向けてみましょう。   5.優しいヨガのポーズでストレッチを行う 腰痛を引き起こしているのが、正しい姿勢を保つ筋肉の力が低下しているのであれば、ヨガで、その筋肉をストレッチしたり、鍛えたりすることによって症状の緩和に役立つでしょう。 血流促進やリラクゼーション効果も高く、弱った筋肉を強化し、凝り固まった筋肉もほぐしていけるでしょう。腰痛のデメリットになりがちな運動不足も一緒に解消することができます。   腰痛に効くヨガと言われているポーズ6つ 腰痛のある人がヨガを行うかどうかの判断は、自分自身の腰痛の症状に合わせて、かかりつけの医師の指導のもとで行いましょう。 ヨガをしても差し支えないという診断を受けてからの実践するようにしてください。 また、ここにあげたのは腰痛に効果があると言われているヨガポースですが、それでも過度な運動になってしまえば逆効果になります。適切な回数と量で行なうようにしましょう。   1.キャット&カウポーズ 反り腰も、良くない姿勢の一つとして腰痛の原因になると言われています。 太っているわけではないのにポッコリお腹、ヒップが垂れ気味という人は、反り腰の可能性があります。腰が反った状態のまま筋肉が硬直していることが多いです。 キャット&カウポーズは、四つ這いになって骨盤を後傾(反り腰と逆)させるキャットポーズと骨盤を前傾(反り腰の状態)させるカウポーズを交互に行うことで、反り腰によって固まりがちな筋肉をほぐすことができます。 交互に行うことで、反り腰の状態と理想的なニュートラル状態の感覚をしっかり掴むことができるので、日常での姿勢の意識づけにも役立つでしょう。   2.チャイルドポーズ チャイルドポーズは、えっ!これだけ?と感じるほどに簡単で負担の少ないポーズです。その簡単さが、身体と心を十分に緩めることを可能にします。身体から緊張感が抜くことができれば、背中や腰を十分に伸ばす効果も高められるのです。 腰が固い人、強張りのある人は、お尻をかかとにつけることが難しいかもしれません。頭は床に付かなくても、お尻はかかとにつけるようにしましょう。尾骨を床側に下げるよう意識します。前屈のポーズですが、前に曲げるというよりも、背中や腰を伸ばすという意識をもって行うのがコツです。   3.ガス抜きのポーズ 前の項目のチャイルドポーズは、正座から床にうつ向きの状態で行いますが、ガス抜きのポーズ(Gas Release Pose)は、仰向けになって行います。 精神を安定させる効果も高いので、リラクゼーションからの腰痛緩和の期待もできるでしょう。腰痛で負担が掛かりやすい、お尻や太ももの前の筋肉を緩めることにも有効なポーズです。 両脚を胸で抱えるのがポーズの完成形です。肩や首に力みが入りすぎないように注意しながら、尾骨を上方に巻き込む意識を持って行ってみてください。 […]

2022/02/22

ヨガポーズ40選の名前と写真付き・初心者もできる簡単ポーズ一覧

ダイエットしたい!ストレス解消したい!などさまざまな理由で、たくさんの人がヨガに取り組んでいます。 ここでは、初心者の人でも、比較的安全に行える難易度低めのポーズの名前とその効果を一覧にしてご紹介します。   ヨガポーズ一覧! 基本簡単なヨガのポーズの名前と効果は? ヨガは慣れるととてもリラックスできて気持ちいいです。 体の柔軟性を養い、血行を促進します。 ダイエットや更年期障害にも効果があり、※厚生労働省(eJIM)のヨガの有効性ついての情報>>> 日常生活の一コマに取り入れたいのがヨガです。 リラックスしたいときは座るポーズを中心に、アクティブに動きたいときは、立って行うポーズを積極的に行ってみてください。 前屈、後屈、側屈、ねじり、バランス、逆転などポーズの特徴をミックスして行うことで相乗効果も期待できます。 それでは、初心者でも家で楽しめる、ヨガポーズの名前と効果を含めご紹介しましょう!   1.合せきのポーズ あぐらの姿勢に似ていて、足裏をぴったり合わせるポーズです。ヨガのレッスンでも頻出のポーズです。骨盤周りの血行を促すことができ、生理痛の緩和にも役立つと言われています。妊娠初期の方でも安心して行えます。   2.鳩のポーズ 胸を開いて気持ちよく上半身と下半身の伸びを感じることのできるポーズです。コツを掴んで慣れてくると気持ちよさは倍増します。このポーズを行ったあとは呼吸がラクになり、リフレッシュ感を味わえるのも特徴です。   3.牛面のポーズ 前かがみになって固まりやすい肩周りを解し、肩こりを緩和する効果があると言われています。普段、伸ばすことの少ない脇から腕にかけてを、しっかりストレッチできるので、二の腕のシェイプアップ効果も期待できるでしょう。 4.舟のポーズ お腹周りの贅肉が気になる人や、腹筋を強化したい人におすすめのポーズです。バランスをとりながら、体幹も鍛えていくことができます。意外に全身の筋肉を使っているので、筋肉バランスも整えることができるでしょう。 5.花輪のポーズ 股関節の柔軟性を高めることができると言われているポーズです。肘と膝を押し合い、骨盤周りや背筋の筋肉も鍛えられていきます。背中のストレッチによって胸を開くことにもなるなど身体のあらゆる部位へに働きかける、やり応えのあるポーズです。 >>>自分専用のヨガレッスンを見てみる<<< 6.サギのポーズ 脚やせしたい人はぜひ、お試しください。脚のストレッチ度の高いポーズとして知られています。脚を逆さにし、ひざ裏のリンパに働きかけ、老廃物の排出を促すことができます。難しい人は、ストラップやベルトを使って行ってみてください。   7.ライオンのポーズ ヨガのクラスでも恥ずかしく感じる人がいるかもしれませんね。その変顔?の動きには、小顔効果 があると言われています。普段の表情も豊かになっていくので、やる価値ありのポーズです。 ぜひ自宅でこっそり表情筋トレーニングとして続けてみませんか?ストレス緩和にも有効のようです。 8.仰向けの英雄のポーズ 胃腸を休めたり、働きを活性化する効果があるとして有名な仰向けになって行う戦士のポーズです。通常、食事のあとにヨガを行うことは控えるように言われますが、このポーズに限っては食事のあとでも消化を促進してくれる効果があるようです。リラクゼーション効果も期待できるおすすめのポーズです。 9.杖のポーズ 脚をまっすぐに伸ばして、座った姿勢を保つのが杖のポーズです。ただ座っているだけに見える静止ポーズですが、骨盤を立て、背筋を伸ばすことを続けるのは大変!と感じる人は多いものです。慣れていくごとに、正しい姿勢のための適切な筋肉がついていくでしょう。 10.キャット&カウポーズ 背中を曲げる猫のポーズと背中を反らす牛のポーズの連携させたキャット&カウポーズ。骨盤周りや背筋を呼吸に合わせて丁寧に動かすことで、筋肉をほぐすことと強化することが可能です。反り腰の矯正にも役立つと言われています。 >>自分専用のヨガレッスンを見てみる<<<   11.立木のポーズ 片足立ちになってバランス感覚を養うことのできるポーズです。一点を見つめ、丹田辺りに自分の軸を探し、定めきれたらポーズをホールドしていきます。そのプロセスで集中力を向上させることができるでしょう。脚やお尻のシェイプアップにも効果があるようです。 12.山のポーズ 太陽礼拝をはじめ、立って行うあらゆるポーズの始まりになる体勢です。サンスクリット語名はタダアーサナですが、ただ立つだけでは得られない効果のある実は深いポーズです。静止の状態だからこそ身体や心の内側の意識を深めます。 まっすぐに立つ、正しい姿勢では、どの筋肉をどのように使うのかを認識することに役立つポーズです。内観によるリラックス効果、もちろん姿勢を矯正する効果も期待できます。 13.三角のポーズ 下半身のストレッチ度の高いポーズです。基本的な立ちポーズのひとつとしてとても有名です。身体が前かがみになってお尻が突き出てしまわないようにすることがポイントです。動きの少ない体の側面を効果的に伸ばすことができます。ストレスや不安の緩和にも役立つと言われるポーズです。 14.ワシのポーズ 肩甲骨回りが固いと難しく感じるポーズですが、その分、肩甲骨だけでなく肩甲骨に連動するあらゆる筋肉を解していくことのできるポーズです。 肩こりや背中の痛みを緩和できると言われています。手も足も絡めて複雑な体勢でホールドし、集中力やメンタル強化にも役立つと言われています。 15.かんぬきのポーズ ウエスト周り、特に脇腹のお肉が気になる人は、かんぬきのポーズがおすすめです。腹部にある肝臓や腎臓、肺の機能を高める働きかけができるので、毒素や老廃物のデトックスを促し、新鮮な酸素が身体を巡るようになります。このことが美肌やアンチエイジングにも導いてくれるでしょう。 >>>自分専用のヨガレッスンを見てみる<<< 16.下を向いた犬のポーズ ダイナミックな立ちポーズを連続する中でのお休みのポーズとしても知られています。休憩と思えるくらいにこのポーズに慣れるために、肩、背中、骨盤、かかとの動かし方のポイントを押さえて行っていきましょう。頭を下に下げるので脳疲労の回復にも役立つと言われています。 […]