1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. リフォーム
  4. テーマ別
  5. リノベーション業者
  6. 階段リフォームってどうするの?費用や工事内容、DIYについて解説

階段リフォームってどうするの?費用や工事内容、DIYについて解説

2022/11/21
リノベーション
FacebookTwitter

階段は屋内でも事故の多い場所なのをご存知ですか?そのため、手すりをつけるなどのリフォーム工事をして、安全性を高めることを検討している方も多いかもしれません。また、階段の下部分を収納スペースにするリフォーム工事もあります。空間を無駄なく活用でき、収納量を増やすことができます。

この記事では、階段のリフォームを検討している方に向けて、必要な情報を詳しく紹介しています。リフォームの種類や事例、工事の内容、費用相場なども説明しているので、ぜひチェックしてみてください。

階段リフォームで行えること

階段リフォームでは、次の工事を行うことができます。

  • 階段の勾配を変える
  • 床材を変更する
  • 手すりの設置や設置場所の変更
  • 階段のきしみを修復する
  • 階段下に収納スペースを設ける

階段部分をリフォームすることで、安全性や利便性、収納力を高めることが可能です。それぞれの事例と費用について見ていきましょう。

階段の勾配を変える

階段の勾配が急すぎると、転倒したときに大ケガをする可能性があります。階段の行き来がつらくなって来たときは、勾配を変えて安全な空間に変えてみてはいかがでしょうか。踏面に滑り止めシートを貼ると、さらに安全な階段に仕上がります。

反対に、階段の勾配が緩やか過ぎて、無駄な空間が生まれてしまうこともあります。リフォーム工事で勾配を調整し、無駄なスペースをなくす対応も検討できるでしょう。

勾配を変えるタイプのリフォーム工事は、階段のスペースを増やすかどうかで価格が異なります。勾配を緩やかにするためには現状よりも広い場所を使うことになるため、施工面積が広くなり、リフォーム費用も100万~150万円ほど必要です。

一方、階段のスペースは変えずに段を増やす工事は、20万~50万円程度となります。階段の寸法、手すりを設置するかなどにもよっても費用は変わるので、見積もりの明細をしっかりと確認するようにしましょう。

床材を変更する

床材を変更することで、階段の印象を大きく変えることができます。例えば、玄関やリビングから階段がよく見える場合には、床材の種類や色を変えるなどの対応をすることで、空間全体をおしゃれな印象にグレードアップしましょう。

また、滑りやすい階段は、床材にカーペットを使ったり、踏面に部分的に滑り止めシートを設置したりすることで安全性を改善できます。なお、床材変更のリフォーム工事の価格は15万~30万円ほどです。表面にカーペットを張るタイプの施工は、踏面の寸法にもよりますが、4万~8万円ほどが相場になります。

手すりの設置や設置場所の変更

安全面の強化を目指すなら、手すりの設置は不可欠です。また、すでに手すりを設置している場合でも、片側の部分にしか手すりがないと不便なこともあります。踏面が狭いときや段差が大きいときなどには、両側に手すりを施工することも検討しましょう。

手すりが持ちにくく、あまり活用していない場合には、手すりの高さや設置場所も再考できます。手すりの設置や設置場所変更のリフォーム価格は、8万~20万円が相場です。さらに安全面を強化するときは、踏面の表面に滑り止めシートを貼るなどの対応も検討しましょう。

踏面の寸法やシートのタイプなどによっても工事費用は変わります。高齢になると思わぬところでケガをすることがあるので、業者に相談して適切な工事を行い、階段を安全な空間に変えていきましょう。

【あわせて読みたい】

階段に手すりを取り付ける方法や費用などはこちらもチェック>>>

階段のきしみを修復する

踏面を踏むたびにきしみを感じる場合は、表面的あるいは部分的なリフォーム工事では修復できません。階段全体を架け替えて、きしみを解消しましょう。

リフォーム工事の価格は60万~100万円ほどが相場です。滑り止めシートを設置するか、踏面の寸法がどの程度かなどによっても施工費用は変わるので、業者に確認しておきましょう。

なお、きしみの原因としてはいくつか考えられますが、木が乾燥したことにより空間ができて音が鳴っていることが多いです。くさびを差し込むタイプの工事で対応できることもありますが、より安全性を高めるのであれば、全体を架け替えるほうが良いでしょう。

階段下に収納スペースを設ける

階段下の空間に収納スペースを設けるリフォーム工事もあります。収納が足りないときは、検討してみましょう。

なお、階段下の収納は、踏面の下と階段全体の下の2つの種類があります。収納したいものが少ししかない場合は、最下段から数段の踏面の下に引き出し式の収納スペースを設置できるでしょう。踏面と蹴上げ(階段の段差部分)の寸法を測り、収納したいものが入るのか調べてから施工しましょう。

ただし、中段・上段の部分に引き出しを作ると、出し入れするときに階段から滑り落ちる可能性があり、安全とはいえません。万が一の事故を回避するためにも、特に中段・上段の踏面表面には滑り止めシートを張るなどの対応もしておきましょう。

収納したいものが多いあるいは大きなときは、階段全体の下に収納スペースを設けることができます。スペースが広く確保できるときはウォークインタイプの収納も作ることが可能です。リフォーム価格としては5万~30万円程度が目安となります。

費用相場別リフォームの工事内容

階段リフォームでできることは、予算によっても異なります。費用相場別のリフォーム工事を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

また、手すりを設置して安全性を向上したい、勾配を変えるなどの大規模な工事をしたいなどの目的によってもリフォーム工事の内容は変わります。利用できるスペース、施工方法によっても費用は変わるので、どのような工事が必要か確認したうえで、リフォームを進めていきましょう。

10万円未満でできる工事

階段の長さや手すりのグレード、工事方法などによっても異なりますが、手すりの設置であれば10万円未満でできることがあります。手すり代が3万~4万円程度、取り付け工事費用が5万~8万円が相場です。

手すり代3万~4万円程度
取り付け工事費用5万~8万円程度
合計8万円~

階段の安全性対策であれば、滑り止めシートを貼る工事も必要です。手すりを取り付ける工事と合わせてすれば、1万円程度の材料代だけで済ませられることもあります。

なお、10万円未満では階段の勾配を変える、収納スペースを設けるなどの大規模な工事はできません。予算をもう少し広げるか、他のリフォーム工事で代用できるかもしれません。リフォーム業者に相談してみましょう。

30万円未満でできる工事

リフォーム費用の予算が30万円ほどあれば、対応できる工事は増えます。例えば、階段下に大規模な収納スペースを設けることもできるでしょう。

また、きしみが気になるときも、くさびを打ち込むだけであれば、30万円未満でリフォーム工事ができることもあります。業者に階段をチェックしてもらい、安全性に問題がないことを確認してから、工事の方法を決めていきましょう。

階段下収納(材料費、施工費用)5万~30万円程度
くさび(くさび代、施工費用)2万~5万円程度
手すり(手すり代、施工費用)8万円程度
滑り止めシート(シート代、施工費用)1万円程度
合計16万円~

くさびを打ち込むだけであれば、手すりや滑り止めシートの設置工事を含めても30万円未満の相場でリフォームできます。ただし、勾配を変えるなどの目的で工事をする場合は、30万円以上は必要です。

50万円未満で出来る工事

リフォーム費用に50万円程度の予算があれば、手すりの設置や滑り止めシートの貼り付けに加え、階段の床材の変更もできます。カーペットに張り替えるのであれば4万~8万円ほど、フローリング材に張り替えるときには15万~30万円程度でできるので、手すり・滑り止めシートの安全性を高める目的の工事も合わせて50万円未満で可能です。

フローリング材の張り替え15万~30万円程度
階段下収納(材料費、施工費用)5万~30万円程度
くさび(くさび代、施工費用)2万~5万円程度
手すり(手すり代、施工費用)8万円程度
滑り止めシート(シート代、施工費用)1万円程度
合計31万円~

また、段数を増やす工事も、階段のスペースを変更しない程度であれば20万~50万円が費用相場となるため、実施可能です。しかし、階段のスペースを広げる大規模なリフォーム工事を行う場合は、施工方法にもよりますが100万円以上の資金が必要になるでしょう。

50万円以上で出来る工事

リフォーム費用の予算が50万円以上あるなら、階段リフォームのほとんどの工事は実現可能になります。例えば、年齢を重ねてより安全性の高い住まいを実現したいのであれば、手すりと滑り止めシートを取り付けて、階段のスペースを広げて勾配を緩やかにすることができるでしょう。

階段の架け替え(材料費、施工費用)100万~150万円程度
手すり(手すり代、施工費用)8万円程度
滑り止めシート(シート代、施工費用)1万円程度
合計109万円~

なお、らせん階段もしくはスキップフロアのある折り返し階段を選ぶと、階段のスペースを広げずに勾配を緩やかにすることができます。その場合も階段の架け替えが必要となるため大規模工事となりますが、階段のスペースが広がらずに済むため、他の間取りに影響を及ぼさないというメリットがあります。

また、らせん階段や折り返し階段は階段下にスペースが空くため、ウォークインタイプの大型収納を設けることも可能です。収納スペースを増やす目的でリフォームをする場合も、階段に注目することができるでしょう。収納量の拡大目的のリフォーム工事相場は以下の通りです。施工方法が変わると工事費用も変わるので、リフォーム業者に相談しましょう。

階段の架け替え(材料費、施工費用)100万~150万円程度
階段下収納(材料費、施工費用)5万~30万円程度
合計105万円~

【あわせて読みたい】

どこまでが無料なの?リフォーム見積もりの注意点やマナーをチェック>>>

リフォームを行う時のポイント

階段などのリフォームを行うときは、まずは費用の予算を決めてから業者に依頼しましょう。リフォームする範囲が広くなればなるほど、また、工事に使用する材料がハイグレードのものになればなるほど費用は高額になります。

リフォーム業者のホームページで紹介されている事例を参考に、目的(安全性を高める、収納量を増やすなど)を実現するにはどのような工事が必要か、材料(手すり、フローリング材など)はどの程度の費用がかかるのかについて、目安をつけておきましょう。

また、階段を架け替えるなどの大規模な工事をするときは、階段以外の部分にも影響を及ぼすことがあります。どの程度の変更が可能か、合わせてリフォームしても良い部分はどこかを決めてから、リフォーム業者に相談しましょう。

工事を行う時期を考える

手すりをつけるだけ、滑り止めシートを貼るだけといった比較的簡単な工事であれば、通常は1日で完了します。しかし、安全性を高めるために手すりの土台を補強するなどの工事が必要なときは、施工費用が高額になるだけでなく、工期も延びる可能性があります。土日などに工事をしてもらえるのか、会社を休むことは可能かなども検討する必要があるでしょう。

階段の架け替えや収納スペースの設置などのリフォーム工事の場合も、規模が大きくなるため、工期が長引くことがあります。数日以上階段を使えない場合は、仮住まいの準備もしておくことが求められます。学校や会社に影響が出ないように、長期休みと重ねるなどの工夫が必要になるかもしれません。

工事する部分と工期の関係については、リフォーム業者のホームページで公開されている事例が参考になります。どのタイミングで工事を始めれば生活に支障が出にくいのか、家族で話し合って検討しておきましょう。

家全体の安全性を考慮しながら工事内容を決める

階段のリフォーム工事をするときは、家全体の安全性を向上することも考える必要があります。高齢になると階段で転倒するリスクが高まるだけでなく、転倒後の治療が長引き、元通りの生活を送りにくくなる可能性も高まります。安全に暮らせる家にするためにも、手すりや滑り止めシートを取り付けたり、床材をカーペットなどに変更したりすることも必要です。

階段下の部分に収納スペースを設ける工事をする場合にも、安全性に留意することが必要になります。収納スペースの扉が開く方向などによっては、階段や廊下でぶつかる事故が発生する恐れがあります。インターネットで階段や収納で起こりうる家庭内事故の事例も参考にしつつ、リフォーム業者と話し合って工事内容を決めましょう。

また、リフォーム業者を決めるときは、費用だけでなく実績や評判もチェックすることが大切です。費用が安くても工事の品質が低いのでは意味がありません。安心して長く暮らせる住宅にするためにも、業者選びにもこだわりましょう。

補助金の制度を活用する

階段のリフォーム工事に対しては、自治体の補助金制度を利用できることがあります。特にバリアフリー化や二世帯住宅化のための工事に関して費用の一部を負担する制度が多い傾向にあるので、該当する工事をするときはお住まいの自治体に問い合わせておくことが必要です。

地域密着型のリフォーム業者であれば、補助金制度について熟知していることや、実際に補助金の申請手続きを行った事例があることも多いので、まずは相談してみましょう。

ただし、収納部分を増やす工事などに関しては補助金の支給は難しいかもしれません。補助金制度によっても支給基準は異なるので、自治体のホームページなども参考に確認することが必要です。

家族に要介護認定・要支援認定を受けている方がいる場合は、手すりの設置などの安全性向上につながる工事に関して、介護保険による支援を受けられることがあります。担当のケアマネジャーに相談し、費用補助を得られるか尋ねてみましょう。

階段リフォームをDIYで行う方法

工事内容によっては、階段リフォームをDIYで行うことが可能です。例えば、床材を上張り工法で張り替える工事であれば、DIYでも対応できることがあります。

ただし、手すりの取り付けなどの安全性に関わる部分については、業者に依頼するほうが安心できるでしょう。収納部分を増やすなどの大がかりな工事も、DIYでは難しいかもしれません。

また、DIYでは対応できても、業者とは異なり材料を卸値で購入できないため、費用がかさむこともあります。工事内容を決めてからリフォーム業者の事例を検索し、材料費と工事を依頼する費用のどちらが高いか確認してからDIYに取り組むようにしましょう。

上張りリフォーム

床材としては1万円程度、施工に必要な道具代に5,000円程度必要です。そのため、DIYで上張りリフォームをする場合は、工事費用に15,000円ほど見積もっておきましょう。

DIYに慣れている方であれば工期は2日ほどです。しかし、手すりや収納部分の設置などの工事も一緒にする場合は、さらに工期が長引くことがあります。リフォーム事例なども参考に、安全に注意しながら階段工事を進めていきましょう。

ゼヒトモでリノベーション業者のプロを探す

階段リフォームをすることで、安全で快適な暮らしを手に入れることが可能です。大がかりな工事は業者に依頼すると、より丈夫かつ美しい仕上がりを期待できるでしょう。

  • 階段リフォームについて相談したい
  • まとめてリノベーション工事の見積もりをとりたい

そんな方は、ゼヒトモからリノベーション工事のプロを探してみませんか?

いくつかの質問に答えるだけで、簡単にあなたにピッタリなプロが見つかります。リノベーションでお困りの方は、ゼヒトモお気軽にご利用ください。

お役立ち情報をLINEで受け取る

友だち追加

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

リノベーション関連の最新記事

2022/11/18
今注目のフルリノベーションとは?選ばれる理由と費用相場を確認

新築住宅を購入するのも良いですが、中古住宅を購入してフルリノベーションするのも近年注目を集めています。フルリノベーションとはライフスタイルに合わせて中古住宅を改修することで、新築の状態に戻すことを目指すリフォームとは異なる概念です。 この記事では、フルリノベーションを検討している方に向けて、必要な情報を詳しく紹介しています。フルリノベーションが注目を集めている理由や費用相場、実施する際の注意点なども説明しているので、ぜひチェックしてみてください。 知っておきたい「全面リフォーム」の違い 住宅を改修することを「リフォーム」と呼びます。リフォームとは古くなった部分や壊れた部分を修繕し、元の状態に戻すことを指す言葉です。 例えば、長年の使用によりフローリングの床が傷だらけになったときは、新しいフローリングに張り替えるリフォーム工事をすることで、元の美しい状態にすることができます。また、既存のシステムキッチンが古くなったときも、新しいシステムキッチンに入れ替えるリフォームをすれば、元の使いやすさに戻ります。 「全面リフォーム」とは、このようなリフォームをすべての場所に実施することです。床だけ、システムキッチンだけのように場所や設備を区切らず、すべての場所と設備を新しくして新築同様にします。 一方、リノベーションとは暮らしやすさや好みに合わせて、住宅を作り替えることを意味する言葉です。家族が減ったから間取りを変更する、床暖房を導入して冬も素足で過ごせるようにするなどの工事は、いずれも元通りにする作業ではないためリフォームではありません。このような工事をリノベーションと呼び、住宅に新たな価値を付与することを意味します。 フルリノベーションとは フルリノベーションとは、住宅全体をリノベーションすることです。設備や床、壁だけでなく、間取りを変更したり、玄関の位置や数を変えて二世帯住宅に作り替えることもあります。 構造部分だけを残してスケルトン状態にし、間取りや生活動線も大きく変えることも、リノベーションの1つの方法です。しかし、フルリノベーションは建て替えではないため、住宅そのものを解体することはありません。 考え抜いて作り上げた完璧な住まいであっても、家族が年をとり、構成員が変わることで、徐々に暮らしにくくなることがあります。フルリノベーションを実施することで、そのときに合った住まいに仕上げることができるでしょう。 また、中古住宅を購入してフルリノベーションするという方法もあります。立地や広さなども選択できるので、より家族の生活に合う住まいを作り上げることができます。 フルリノベーションが選ばれる理由 フルリノベーションが選ばれるのは、フルリノベーションに多くのメリットがあるからです。主な理由としては、次のポイントが挙げられます。 建て替えに比べてコストが抑えられる デザイン・間取り・設備の自由度がある 立地のいいエリアに住める 資産価値の目減りが少ない それぞれどのような点が多くの人を惹きつけているのか、詳しくチェックしていきましょう。 建て替えに比べてコストが抑えられる 現在の住宅が古くなってきたときや、暮らしにくく感じたときは、建て替えを検討できます。既存の住宅を解体して新築住宅を建てることで、立地は変えずに新しい暮らしを始めることができるでしょう。 しかし、建て替えには高額な費用がかかります。基礎からすべて建て替えるため、新築住宅を購入する費用と解体費用、廃材の処分費用なども必要です。 一方、フルリノベーションであれば基礎や構造は既存のものを活用できます。劣化が見られる場所には部分的に補強し、合理的に住まいを一新することができます。 デザイン・間取り・設備の自由度がある 分譲マンションや建売住宅などは、すでにデザインや間取り、設備が決まっています。壁付けキッチンをアイランド型にするなどのオプションプランが用意されている場合もありますが、選択肢の幅が広いわけではありません。 しかし、フルリノベーションであれば、構造以外はすべて変更できるため、デザインや間取り、設備を自由にアレンジして施工することが可能です。つまり、注文住宅を建てるのと同じ自由度を、新築戸建てを購入するよりもコストを抑えて実現できます。 立地のいいエリアに住める 立地のいいエリアはすでに住宅地として開発されていることが多いです。住みたいと思う場所が宅地として売りに出されるということは、あまり多くはありません。 しかし、中古住宅を購入してフルリノベーションをするのであれば、希望の場所に住むことができます。コストを抑えつつ、希望通りの立地に希望通りの物件を建てることも可能です。 資産価値の目減りが少ない 新築物件は、購入した瞬間から資産価値の目減りが始まります。一度も住んだことがない物件でも、人手に渡っただけで価値が数割減ってしまうこともあります。 一方、中古物件であればすでに「新築」という価値を失っているため、売買したからといって急激に価値が下がるわけではありません。反対に、再開発された場所や駅近くの立地なら、新築時よりも資産価値が上がっていることもあります。資産価値が目減りしにくい物件を探しているときも、中古マンションや中古戸建て住宅などに注目することができるでしょう。 フルリノベーションの注意点 フルリノベーションには、デメリットもあります。特に次の点には注意が必要です。 工事費がかかる 工期がかかる 構造部分の補修が必要な場合がある ローンの審査は通るか確認を それぞれの注意点について解説します。 工事費がかかる 部分的なリフォームやリノベーションとは異なり、フルリノベーションは大がかりな工事が必要です。また、基本的には基礎はそのまま利用しますが、設備や資材は新しいものに変えます。 工事の内容によっては、新築住宅を建てる以上のコストがかかることもあります。あまり予算がないときは、不便な部分だけをリフォームしたり、こだわりたい部分だけをリノベーションしたりするほうが良いでしょう。 工期がかかる フルリノベーションでは既存の壁や床などを取り壊す作業、新たに作る作業などが必要なため、工事期間は長引きます。完成するまでに数ヶ月かかることもあるので、現在居住中のマンションや戸建て住宅をフルリノベーションする場合であれば、仮住まいの準備も必要になるでしょう。 仮住まいを借りる場合には、賃貸料だけでなく仲介手数料や引っ越し費用(仮住まいへの引っ越しと改築後の住宅への引っ越しの2回分)もかかり、さらにコストがかさむこともあります。 構造部分の補修が必要な場合がある 構造部分に問題があり、補修が必要なケースもあります。構想部分のトラブルは内壁や床、天井などを取り外してみないとわからないため、見積もりよりも費用がかさみ、予想外に高額になることもあるでしょう。 リノベーションするときには、補修費用が加算されることも見越して、予算よりも少なめになるように資材や設備を決めておくことができます。また、補修以外の追加工事費用や仮住まいの費用などがかかる可能性についても、考慮しておきましょう。 ローンの審査は通るか確認を フルリノベーションをするときは、リフォームローンや住宅ローンで資金を借りることができます。ただし、どの金融機関で借りるときでも審査が実施されるので、審査に通るか確認しておきましょう。 金融機関のホームページでは、年収や希望借入額を入力して借入可能かどうかチェックできるシミュレーションツールを提供していることがあります。実際に借入可能かどうかは審査を受けないとわかりませんが、目安としてチェックしてみることはできるでしょう。 【あわせて読みたい】 マンションをフルリノベーションしたいと思っている人はチェック必須>>> リノベーションで失敗しないために!まずはコチラをチェック>>> フルリノベーション費用相場 […]

2022/11/16
古民家リノベーションの魅力とは?費用相場&安く抑える方法も

古民家ならではの趣を活かし、リフォームで現代風の住みやすい住宅を実現する古民家リノベーションは、今非常に人気を集めています。そのため実際リノベーションを検討している方も増えているかと思いますが、古民家リノベーションを行う際は、メリットだけでなくデメリットも理解しておいた方がいいでしょう。 また、リノベーションにかかる費用負担を少しでも安くできる制度もあります。さらに、理想の古民家リノベーションのためには、業者選びが重要です。この記事では、古民家リノベーションについて詳しく解説します。 古民家リノベーションとは? 古民家リノベーションとは、建築年数の古い家屋をリノベーションし、暮らしやすい快適な住宅にすることです。そもそも、古民家には明確な定義がありません。しかし、築年数が50年以上建っている建物を指すことが多いです。 古民家リノベーションでは、最新設備を導入したり、住みやすいように改築リフォームを行ったりします。古民家独特の雰囲気やデザイン、古材を活かしながら、現代に合った快適な暮らしを実現できるのです。 古民家リノベーションには、古民家ならではの魅力があります。また、固定資産税が安く、補助金制度や減税制度を利用できる場合も多いです。一方、耐震性や断熱性が低いことが多く、劣化具合によっては大規模な工事を要します。 古民家リノベーションで理想の住宅を実現するためには、古民家リノベーションのメリット・デメリットや、注意するポイントを理解し、信頼できる業者を選びましょう。 古民家リノベーションの魅力 古民家リノベーションには、以下のような魅力があります。 風情あるレトロな空間にできる 古民家の木材は強度が高く、資源環境保護にもつながる 固定資産税が安く、補助金制度も活用できる こうした魅力から、わざわざ古民家を購入し、リフォームする人が増えているのです。ここでは、古民家リノベーションの魅力を詳しく説明します。 風情あるレトロな空間にできる 古民家リフォームの大きな魅力は、風情のある空間を作れることです。古民家では、梁や柱などの古材がむき出しになっていることが多くあります。それらを活用することで、レトロで趣あるデザインが実現するのです。 また、縁側や土間・吹き抜けなど、古民家ならではの空間もあります。住みやすいように間取りをリフォームしつつ、それらの空間を活用することで、現代と昔が融合したモダンで快適な住まいを作れます。 古民家の木材は強度が高く、資源環境保護にもつながる 古民家にはケヤキやヒノキといった木材が使用されていることが多いです。強度が落ちるまで、ケヤキは1200年、ヒノキは800年といわれています。このように、古民家の木材は強度が高いのが特徴です。そのため、古民家の木材を活用してリフォームすることで、基礎が安定した丈夫な住宅づくりが実現します。 また、ケヤキやヒノキなどの自然素材で作られた柱や梁は、現在では入手困難な貴重な古材です。古民家を改修して再利用することで、資源環境保護にもつながります。 固定資産税が安く、補助金制度も活用できる 古民家リフォームは、税制面で2つのメリットがあります。 1点目は、古民家を活用することで、固定資産税を安く抑えられる点です。固定資産税は固定資産税評価額×1.4%で算出されます。この固定資産税評価額が安ければ、その分固定資産税も安くなります。固定資産税評価額は建物の築年数によって変わり、築年数が古い古民家の場合は、評価額が下がるのです。中古住宅を新築に建て替えるリフォームに比べて、固定資産税の費用負担が安くなります。 2点目は、補助金制度を活用できる点です。古民家リフォームにおける耐震工事や断熱工事について、国や自治体が補助金を給付している場合があります。補助金の詳細や対象となる工事内容については、各自治体の窓口やリフォーム会社に相談してみてください。 古民家リノベーションの注意点 古民家ならではの魅力が多い古民家リノベーションですが、以下のような注意点があります。 耐震性・耐熱性が低い場合がある 費用が予算オーバーしてしまう場合がある リフォーム期間が長い 耐震性・耐熱性が低い場合がある 古民家は、強度が高い古材を使用しているため、耐久性に優れています。しかし、1981年以前の旧耐震基準で建てられており、現行の耐震基準は満たしていません。そのため、耐震性が高くなく、大規模な地震で倒壊してしまうリスクもあります。リフォームの際は、耐震性に注意が必要です。 古民家の耐震性を高めるためには、耐震補強工事を行いましょう。耐震補強工事には、以下のような種類があります。 地盤をコンクリートで補強する 耐力壁に変える 木材を金属やダンパーで補強する 瓦屋根を軽量な屋根に変える また、耐熱性や断熱性にも注意が必要です。現在の建築基準で建てられていないため、耐震性と同様、耐熱性が劣っている場合があります。また、古民家は夏の過ごしやすさを重視して作られており、断熱材がほとんど使用されていません。冬場は寒くて過ごしにくい可能性があります。隙間風を防ぐリフォームや、玄関ドア・サッシの交換などが有効です。 【あわせて読みたい】 古民家が寒い時は!寒さを和らげる対策13選をチェック>>> 費用が予算オーバーしてしまう場合がある 古民家が劣化している場合、リフォームするためには基礎部分からの工事が必要です。耐震性や耐熱性・断熱性を向上させる工事や間取りの変更など、さまざまな工事が必要になります。さらに快適さを求めるためには、設備の改修や断熱材の追加も大切です。 このように、古民家リノベーションでは、一般的な中古物件をリフォームする場合に比べて多くの工事が必要です。その分費用もかかります。そのため、予算オーバーしてしまう場合があるのです。 リフォーム期間が長い 古民家をリノベーションするにあたって、劣化具合や耐震性の調査が必要です。特に、耐震工事は住宅の基礎部分を見直す工事であり、大がかりな作業が求められます。施工前の調査に多くの時間を要するのがデメリットです。 また、柱や梁などの強度が高く、工事に時間がかかることがあります。工事の途中で腐食や破損、シロアリの被害などに気づく場合も多いです。この場合、追加の工事が必要になり、さらに工期がかかります。 このように、古民家リフォームは長い工期を要し、住めるようになるまで時間がかかるのがデメリットです。 古民家リノベーションの費用相場 古民家リフォームにかかる費用は、工事内容や設備、デザインなどによって異なります。 フルでリノベーションを行う場合、費用相場は、1,000万円程度です。最低でも300万~500万円は必要と理解しておきましょう。古民家の劣化が進んでいたり、耐震補強工事や断熱材の追加などが必要だったりする場合は、3,000万円前後かかることもあります。 部分的にリノベーションを行う場合は、約100万〜200万円前後が相場です。 古民家物件の探し方とポイント 古民家リフォームは、物件選びからスタートです。物件選びにはさまざまな方法がありますが、SUUMOや空き家バンクを活用するのがおすすめです。希望の物件が見つかったら、雨漏りや構造部分に問題はないか確認しましょう。ここでは、古民家物件の探し方とポイントについて解説します。 SUUMO・空き家バンクを活用する 古民家物件を探す方法として、以下のような手段が挙げられます。 地元の不動産会社から紹介してもらう 知人から紹介してもらう […]