バイオリンレッスンのプロが近くにいます

どちらでバイオリン教室をご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

バイオリン教室一覧

日本で数少ない「音と食」を主体とした会社です。1、 音楽大学在学時より指揮棒を握り、近隣の学校に吹奏楽の指導を行う。 銀座にて就職後は飲食経験12年・調理技術(イタリアン)・バーテンダー・マネージャー…

アドラー音楽教室

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ
バイオリン、二胡の基礎から丁寧に個人指導をしております。 個々の求めている音楽を楽しめるようになるための指導をしております。オーケストラに所属後、スタジオプレーヤーとしてスタジオ録音、TV、数多くのア…
六甲道ミュージックスクールは音楽をやりたい人を応援します。 憧れの楽器をやってみたい。 もっとうまくなりたい。 音楽をもう一度、始めようかな。
ブログやっていますので、よければご覧ください! 【バイオリン】バイオリンを始めて16年ほど。レッスンやオーケストラのエキストラなどを承ります。

実際の依頼例

日本のバイオリン教室の依頼例

バイオリン教室をお願いしました

 福岡県久留米市

依頼カテゴリ
バイオリンレッスン


予算
¥3000~¥6000


詳細
将来、趣味で弾く程度にさせたいが、綺麗なフォーム、音で弾けるように、無理ない程度で練習をすすめたいです。


バイオリン教室をお願いしました

 東京都小平市

依頼カテゴリ
バイオリンレッスン


予算
¥3000以下


詳細
森のおんがくか


バイオリン教室をお願いしました

 愛知県豊田市

依頼カテゴリ
バイオリンレッスン


予算
¥3000以下


詳細
特になし


バイオリン教室をお願いしました

 東京都清瀬市

依頼カテゴリ
バイオリンレッスン


予算
¥3000以下


詳細
バイオリンの音色が大好きです。自分で演奏できたらどんなに素晴らしいかと思います。でもレッスン代が高額なため諦めていました。もしチャンスがあればバイオリンを教えていただきたいです。


バイオリンとは

バイオリンは4本の弦を弓で擦ることで音を出す擦弦楽器です。16世紀半ば頃には現在のバイオリンとほぼ同じものが出来上がっていたという説が有力です。17世紀初頭から300年間も世界の一流演奏家に弾き継がれてきた歴史あるバイオリンも存在します。

バイオリンの大きさは全長約60cm、胴部の長さ約35cm、重さ約300~600g程度で、形の似たビオラ、チェロ、コントラバスと比べ最も小さく最も高い音域の楽器です。

明るく華やかな音色で小さい音から大きい音まで出すことができ、4オクターブ以上の広い音域で、長く音を出し続けたり、美しいビブラートをきかせたりと自由な演奏ができます。

オーケストラでは中心的な役割を担い、主要なメロディーを演奏します。

バイオリンの種類

製作年代別で種類を分けると、大きく分けて1800年より前に製作されたオールドバイオリン、1800年以降に製作されたモダンバイオリン、戦後に製作されたコンテンポラリーバイオリンという種類があります。

数億円はする名器として有名なストラディヴァリウスのように、世界の一流音楽家によって弾き継がれ続けている年季の入った古いバイオリンのように、製作年代はバイオリンの価値を表す一つの指標です。
モデルで分けることもできます。ストラディヴァリウスはストラディバリというバイオリン製作者によるもので、モダンバイオリンから現在に至るまで製作者の多くがモデルとしておりストラディヴァリモデルと呼ばれます。
同じように17~18世紀の有名な製作家のバイオリンをモデルにしたバイオリンが多く、例えばガルネリモデル、アマティモデル、ガダニーニモデルなどがあります。製作者によってそれぞれの個性をプラスしているため全く同じものではありませんが、バイオリンの中のラベルを見ると何モデルなのかがわかります。
子供向けにサイズ展開のある分数バイオリンは、サイズで分けることもできます。概算数値であるためバイオリンによって差異がありますが、標準サイズの4/4から3/4、1/2、1/4、1/8、1/10、最小の1/16と小さくなり、子供の身長や腕の長さを目安に選びます。これは国際規格ではありませんが、海外にも浸透したサイズ展開です。

バイオリンの値段

新品では半手工製または工場製のバイオリンに買いやすい値段のものが多く、手工部分がどれだけあるかで価格が変わります。
本体の木材は、主に表板が松、裏板と側板・ネックは楓で作られますが、木材は産地によってはもちろん、伐採後に乾燥にかける年月によっても価格が変わります。さらに弦の種類によってもバイオリンの値段は変わります。
バイオリンの値段というと通常本体のみの価格を指し、約57,000~100万円です。さらに安いバイオリンもありますが、あまりにも価格が低いものは、場合によっては玩具の感覚がぬぐえません。

スクール対応したジュニア向けが約76,000~97,000円、趣味として教室でレッスンを受ける楽器に適しているバイオリンで約9万~13万です。初心者でも長く続けるなら50万円程度までのバイオリンを持つといいという意見もあります。他に弓やバイオリンケースなども必要です。

中古のバイオリンの値段は、品揃えされたものは約3万~370万円です。ごく最近製作されたものから、ヨーロッパで1970年代に製作されたオールドバイオリンまで幅広く販売されています。

レッスン料金や月謝の相場

大手音楽教室

プライベートレッスンの月謝は9,500~14,000円程度です。月に2~4回のレッスンで、1回あたりのレッスン料は約2,900~5,000円です。

グループレッスンの月謝は7,500~8,600円程度です。月に2~4回のレッスンで、1回あたりのレッスン料は約2,500~3,900円です。

いずれも教室によってはレベルが中級、上級とあがるにつれ月謝が1,000~2,000円上がります。このほか、入会金は1万~13,000円程度です。

個人の音楽教室、個人の教室

通常、プライベートレッスンが行われます。月謝制の場合は8,000~12,000円程度、レッスン回数は月に4回が一般的で、1回当たりのレッスン料は約2,000~3,000円です。

講師自身が演奏活動をしていることが多く、曜日や時間を固定することが難しいため、多くの教室では都度支払うワンレッスン制です。予約も支払いも都度行い、1レッスンあたりの金額は3,000~12,000円で、料金は時間に比例します。入会金は不要または5,000円程度です。

レッスン時間

大手教室のプライベートレッスンは30分が主流ですが、45分や60分レッスンを行う教室もあります。グループレッスンは60分が一般的です。

個人の教室は、30~90分の間で時間を選ぶことのできる教室もあります。