富山県蛍光灯からLEDへ交換のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

富山県のLED照明の交換工事業者

当社は富山県東部周辺で屋根、雨樋(雨どい)、外壁のリフォームや、葺き替え修理などを行っています。 臨機応変なフットワークの軽い施工をおこなっております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

”品質管理に基づきよい畳作り”と信頼をモットーとし先代より継承し、今日までひたすら畳作りに専念してまいりました。 昭和59年以降、生産方式を近代技術を駆使した、コンピューター管理システムによる自動逢着装置を導入し、畳メーカーとしてスタートしました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

富山県南砺市を中心にオール電化・リフォーム・注文住宅を取り扱っています中居工務店です。 IHクッキングヒーター・エコキュート・蓄熱暖房機などオール電化リフォームはいかがですか?当社は特にオール電化に力を入れており、商品もどこよりもお値打ちでご提供出来ます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は、公共工事からカーポート・フェンスやインターロッキングなどの外構工事など、幅広く対応しております。 確かな技能と技術、地域密着ならではの迅速な対応で、お客様のライフスタイルに合わせたご提案と施工を心がけております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は無垢材を始めとする自然素材を使用した木造の注文住宅をメインに、各種リフォーム工事にご対応させていただいております。 自社工場で木材の加工から施工まで全て行っておりますので『安心』『丁寧』『迅速』な工事をお約束いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は、長年地元に密着し、家具の設計・製造・販売、また、内装リフォームも手掛けて参りました。もっと多くの皆様に当社のことを知ってもらいたくこの度ホームページを開設させていただきました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

はじめまして。(有)カナサンの金山です。 当社のHPご覧いただきありがとうございます。 新しいお住まいは誰もが、ワクワクするものです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

伝統に裏打ちされた日本の美をこれまで追求してまいりました。滑川市を中心に地域に密着して、皆様のお住まいを外側から演出させていただいておりますが、現在、石川・京都で修行しております息子達と共に、今後新しい風も大いに取り入れていきたいと考えおります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社松井組は富山県滑川市の建設会社です。 公共工事から民間工事まで、土木工事・外構工事を中心に幅広く承っております。 外構・エクステリアまわりの工事をご希望の方はお気軽に当社までご連絡下さい。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は安全で快適な居住空間をサポートしています。 電気を安全に使っていただくため、電気器具や配線などあらゆるメンテナンスやオール電化などインテリア性にもシステムにもこだわった自分流アレンジのオール電化住宅をご提案しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は石張り工事や門扉、フェンス、ガーデニングに至るまで、エクステリアの施工を専門に取り扱っております。 お客様のご要望やイメージを大切にし、そこをいかに膨らませていくかを重視しておりますので、ご依頼頂ける際はその想いを余す所なくお聞かせ下さい。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

有限会社 石黒工業所の石黒 登です。イシグロとよく間違われますが、イシクロです。 水周りの配管を中心に設備の設置やリフォームなど幅広く施工ができます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

LED照明の交換工事業者をお願いしました

富山県におけるLED照明の交換工事業者の依頼例

よくある質問

蛍光灯からLEDへ交換の料金はどのくらいかかる?

蛍光灯を入れて使用する照明器具からLED電球を使用する照明器具に交換する料金(バイパス工事)は、照明器具のワット数などに応じて異なりますが、1箇所2万円前後〜数万円です。

工場や倉庫など、高所の照明を蛍光灯からLEDに交換する費用は、1台あたり約7万円〜10万円前後かかります。もし10箇所や20箇所あるような場合の出費はまとまった額になりますが、蛍光灯からLEDに変更した後の電気代は大きく下がります。

蛍光灯からLEDへ交換の依頼における注意点は?

今使用している照明器具に蛍光灯を使用しており、その電球をLEDに交換したい場合は、まず照明器具のメーカーに問い合わせてみましょう。LED電球を使用しても点灯するか、点灯しても問題がなく使用することができるか、という質問をしてみましょう。多くのメーカーが、LED電球に対応しているかどうかの検査はしていないという回答をするでしょう。その場合、LED電球を使用するかどうかは自己責任となります。心配な人は照明器具ごとLED電球を使用できる照明に変更しましょう。

蛍光灯からLEDへ交換を依頼する流れは?

複数の業者に見積もり依頼を出し、見積もり内容を見比べましょう。業者に見積もり依頼を出すときは同じ条件で出すことで、「同じ条件に対してどのような内容と金額の見積書が来るのか」を比較することができます。照明の台数、位置や高さ、工事希望日時などの条件を揃えて業者に問い合わせましょう。1社に絞ったら工事をスケジュール通りに行ってもらい、完了したら支払い、終了となります。

蛍光灯からLEDへ交換業者の選び方は?

工事業者に工事の説明を依頼すると、説明内容には電気のこと、ワット数や電気代のことなど、多くの数字や専門用語が出てきます。このような説明を一般人でもわかりやすく解説してくれる業者は信頼できるでしょう。また、見積もりを頼むときに照明の数が多い、こちらがうまく説明できないような場合に無料で現地調査を行なってくれる業者は、見積もり金額も正確に出してくれます。電話のみで現地を見ずに見積もりや契約をすると、工事当日に「実はここの配線は難しいかもしれない」「実はここの電気工事が上手くいかないかもしれない」というようなマイナスポイントが見つかってしまうようなことが起きる可能性もあります。

その他気を付けるべきポイントは?

LEDは寿命が長く、消費電力も低く、消費電力が低いために電球も熱くなりづらいなど、メリットの多い照明です。蛍光灯が切れた、蛍光灯の交換時期が来た、そのようなときはLEDへの変更を検討しましょう。