島根県チューバレッスンのプロが近くにいます

どちらでチューバ教室をご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

島根県のチューバ教室

車田音楽教室・松江教室では、ピアノやコーラス・演歌・歌謡曲・ポップス・音痴矯正トレーニングなどを行っております。 レッスンは月に2回60分コースが基本です。

. . . (もっと読む)

実際の依頼例

島根県におけるチューバ教室の依頼例

チューバとは

チューバとは大型の低音金管楽器のことで、金管楽器の中で最も大きい楽器です。さらに楽器の中でも最も低い音域を出すという特徴を持っています。種類によってはオーケストラ、吹奏楽、ブラスバンドなど幅広く使われています。チューバを新品で購入すると、価格は約35万円以上です。中古では約10~15万円程度で購入できます。

楽器の扱い方

組み立て時の注意

チューバはマウスピースをつけるだけで特に組み立ての必要はありません。大変重たいので、ケースから出す時に倒れないように慎重に取り出しましょう。また持ち運びの際は周りにぶつけないように気を配ります。

置き方の注意

基本の置き方は、ベル(音が出る部分)を下にして平行な場所に地面に置きます。

お手入れ方法

表面に汚れがついたり、銀の黒ずみがついたときは、ポリシングクロスというお手入れ用品で汚れを落とします。銀の黒ずみは、シルバーポリッシュという研磨剤を布につけ、薄く広げるように磨いていくと輝きを取り戻します。

チューバのキーワード

チューバの活躍する有名な曲や場面

1954年に作曲された「バスチューバ協奏曲」はチューバのみのために世界で初めて作られた協奏曲です。

マウスピースとは

マウスピースとは、管楽器を扱う際に口に当て息を吹き込むための部品です。管楽器においてマウスピースは一番重要な部分です。落として歪んだりへこんでしまうと、音程が悪くなったり本体に挿しこんだ後に抜けなくなるというトラブルが起こります。

チューバ4種類の違い

管の長さによって音域が異なり、種類は4種類です。B♭チューバは、学校の備品などで置かれているチューバのほとんどがこれだと言われています。チューバの中で最も管が長く、最も太い低音域の音が出ます。吹奏楽で使われることが多いです。

CチューバはB♭の管より短く、明るい音が出ます。主にオーケストラなどで使われることが多いです。E♭チューバは、B♭チューバと同じく低音域の音を出しますが、全音域のバランスを改良しています。Fチューバは他の管の中で一番短く、演奏中の急速な音の展開にも対応できます。よくオーケストラやアンサンブルの曲で使用されます。

アンブシュアとは

アンブシュアとは、管楽器を演奏する際にする口の形のことです。管楽器を演奏する際に最も大事かつ必要な技術であり、これにより音量、音色、音域が大きく変わってきます。楽器に応じて口の形が違うので気を付けなければいけません。

ロングトーンとは

ロングトーンとは、1つの音を出来る限り長く吹き続けることです。楽器の音量、音色、音程と音の終わりをちゃんと処理出来るかどうかを確認するものでもあります。

タンギングとは

タンギングとは、管楽器の演奏の中で口の中の舌を用いる手法です。口の中の空気の流れをいったん中断することで、各音域の出だしをはっきりさせることができます。またタンギングの種類によって音色を変えていくこともできます。

チューバ教室、チューバレッスンの相場

島根県の大手音楽教室

大手音楽教室の1ヶ月のレッスン代金の相場は12,380円です。入会金の相場は10,800円です。

島根県の個人の音楽教室、個人のチューバ教室

個人教室のレッスン代金の相場は、1回のレッスンあたり4,30円です。