和歌山県トイレリフォーム業者のプロが近くにいます

どちらでトイレリフォーム業者をご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

和歌山県のトイレリフォーム業者

関西ではあまり知られていない石州瓦。 塩害・凍害20年メーカー完全保障。 新築工事は当然、葺き替え工事でも、2度目の葺き替え工事はいりません。

. . . (もっと読む)

私どもは和歌山県内を中心にエコキュート、IHクッキングヒーターなどのオール電化工事、太陽光発電システムの設置工事から家電製品の取り扱いまで、電気工事業全般を専門とする地球に優しいエコライフを目指す電気工事のプロ集団です。

. . . (もっと読む)

エクステリアを創造するにあたり、最も重要な要素は「調和」にある。私達は考えます。「調和」とは機能と美の調和既に存在する家や、オブジェ、風土や季節の移ろいとの調和です。

. . . (もっと読む)

住宅の改築、改装、リフォーム、耐久補強などお客様が満足していただける空間作りをプランニングします。責任を持った施工からアフターサービスまで信頼のある仕事で評判です。

. . . (もっと読む)

増築、改築、バリアフリー化などのリフォームを承っております。外装、内装、屋根やエクステリア工事、外断熱、浴室やキッチンやトイレなど、リフォームのことはお任せください。

. . . (もっと読む)

水漏れ・排水管トラブルならお任せください。 水漏れ箇所を突き止め、適切な工事をいたします。 流し台、浴室、トイレなどつまりの原因、悪臭の原因を探します。

. . . (もっと読む)

屋根の葺き替えを行います。 職人が伝統の技本に基づき作業を行います。熟練の職人の、丁寧な施工です。 施工だけでなく、葺師の育成や技術向上にも努めてきました。

. . . (もっと読む)

屋根建材や屋根材の屋根修理、屋根工事、各種瓦販売、施行を行っております。 国土交通大臣認定の瓦屋根工事技師による屋根瓦の無料点検実施中です。

. . . (もっと読む)

和歌山市・岩出市・紀の川市エリアにて、住宅のリフォーム・建て替えを行っております。 電気・ガス・水の節約や太陽光エネルギーについてもぜひご相談ください。

. . . (もっと読む)

新築・増改築・リフォーム設計から施工まで。ほっとする住空間をご提供いたします。 小規模な工事も大規模な工事もご相談承ります。ご予算に合わせ、適切なご提案をさせていただきます。

. . . (もっと読む)

和歌山県橋本市・堺市・富田林市の新築・リフォーム・増改築はお任せください。 地域の皆様のホームドクターとして、高い技術力を持った職人、技術者による施工を実現いたします。

. . . (もっと読む)

解体工事全般から、アスベスト除去工事、産業廃棄物収集運搬業務までお任せいただけます。 木造・鉄骨・鉄筋コンクリート解体工事、土木工事一式・推進工事、地中障害物解体及び造成整地工事など幅広く対応いたします。

. . . (もっと読む)

実際の依頼例

和歌山県におけるトイレリフォーム業者の依頼例

トイレリフォーム業者をお願いしました

 和歌山県和歌山市

依頼カテゴリ
トイレリフォーム業者


予算
20万円~30万円未満


詳細
床もタイル調のクロスに


よくある質問

トイレリフォームの料金はどのくらいかかる?

普通の便座から温水洗浄便座に交換する場合には、トイレ内にコンセントが必要です。トイレ内にコンセントがない時には電気工事や内装工事も必要で数日かかります。コンセントさえあれば、便器の交換にかかる時間は30分から2時間程度です。TOTOのベーシックなタンク式トイレに交換した場合、商品代と工事代を合わせて約19~34万円程度です。

タンクがある便座をタンクレスのものに交換すると、TOTOのローシルエットデザインのトイレに交換した場合は、商品代と工事代を合わせて約28~47万円程度です。

トイレを内装ごとリフォームする場合、地域や住宅の構造、選択した便器、内装の仕様などにより、価格が大幅に変動します。相場は19~34万円程度ですが、便器の性能や内装の建築材料や工事内容によって価格は上がります。

トイレリフォームの依頼における注意点は?

便器便座機能だけを向上させたい場合でも、温水洗浄便座を設置するためにはアース線の取り付けができるコンセントが必要です。コンセントがないトイレの場合は、コンセントを新規設置するための電気工事が必要になり、費用と時間がかかります。

トイレリフォーム業者が現地調査、つまり実際の現在のトイレを見て、他の部屋との配線の兼ね合いなどを調査して初めて「必要な工事」「案内できる内容」がわかることも多いため、「単純に金額だけ先に教えてください」ということができないこともあります。正確な見積もりを知って正しく予算などを検討するため、まずはリフォーム業者に現状を見てもらい、見積もり金額を算出してもらいましょう。

トイレリフォームを依頼する流れは?

トイレリフォームを特に急いでいない場合、最低2社のリフォーム業社にリフォーム金額を出してもらい、予算と比較しましょう。トイレのトラブル、例えば水道が破裂した・詰まって水が流れないもしくは水があふれるなど、急を要するトイレのトラブルには「とりあえず見積もりを」などとゆっくり時間をかけるわけにも行きません。

しかし特に急いでいないリフォームを検討中の場合、見積書を複数手に入れて比較し、業者の対応や相談のしやすさも含めて比較してください。業者を決めたら着手金を支払って着工、完了したら清算します。

トイレリフォーム業者の選び方は?

現在の要望だけではなく、家族構成や生活の変化に伴う提案もしてくれるような、今後も相談できそうな、相談しやすそうな事業者を選びましょう。例えばトイレは、家族構成の変化に伴って手すりを取り付ける、内装を広くとるなどのバリアフリーリフォームをしたほうがいい場所です。未来も視野に入れながら、現在の要望についても耳を傾けてくれるようなリフォーム業者を選びましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

家族が1人でも使いづらいと感じたら、トイレのリフォームを検討することをおすすめします。家族が高齢になることで和式便器で用を足すのが難しくなったり、洋式便器でも立ち上がるのが難しくなるものです。また、古いトイレはどうしても水道料金が高くなるので、家計のためにリフォームを考える人もいます。何らかの不具合を感じたら、リフォームを検討する時期といえるでしょう。