熊本県トイレリフォームのプロが近くに67人います

どちらでトイレリフォームをご希望ですか?

必要項目を入力する

日時や場所など、依頼したい仕事内容を記入します

見積りを受け取る

あなたの依頼を引き受けたいプロから見積もりが来ます

プロを採用する

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

熊本県のトイレリフォーム

住宅・建物の事なら、たとえ、ネジ1本だけの小さなご依頼など、どんな些細なことでも弊社へお任せ下さい。また福岡市内だけでなく、九州全般なら何処へでも伺わせて頂きます。
原崎ビルドは住宅リフォームを中心にそれに付随する土木全般、エアコン移設取り付け、電気工事全般、外壁塗装、設備工事全般の業務を弊社の職人が一括して担当いたします。
お見積もり提出後はお客様からの連絡をお待ちします!建築塗装業全般当社は、お客様と直接の御取り引きをさせていただきます、だから当然低予算で施工がが行えます。
株式会社ライフクリエイトは、これまで多くの店舗工事やリノベーションを手掛けて参りました。これまでの経験を活かし、福岡・熊本を中心に、技術・サービスに自信を持って施工しています。
流れが悪くなった、悪臭がした、水道代が高くなった、トイレがつまった、そんな時はお気軽にお電話ください!スピード対応致します。 全て自社修理だから安心!低料金!株式会社アンシーは、熊本や福岡、大分など九…
総合建設業 主に土木工事一式、足場工事一式、電気工事一式、建築工事一式、リフォーム工事一式、太陽光工事一式、災害復旧と解体等を行っております。
豊富な実績と安心価格で頑張っています!住宅・店舗リフォーム専門店です。太陽光発電・蓄電池・オール電化・窓ガラスフィルム施工(断熱・遮熱・飛散防止・目隠し・防犯・防災フィルムなど)・セントラル浄水システ…
当社は太陽光発電システムの取り扱いを2003年の創業より設計、施工してまいりました。近年の問題である環境問題(Co2排出削減)に着目し地域密着型の特性をいかし、お客様に満足と感動をお届けいたしておりま…

実際の依頼例

熊本県におけるトイレリフォームの依頼例

トイレリフォームの内容と相場

便器の交換のみ

最も簡単なトイレリフォームは、便器の交換です。工程は水を止めて古い便器を取り外し、新しいものに換えるだけです。

普通の便座から温水洗浄便座に、あるいはタンクのある便座からタンクレスのものに交換するときは熊本県の専門業者への依頼を検討しましょう。水栓金具やパイプの交換、電気工事、排水方法が異なり素人では手に負えない工事が必要になることもあるためです。

トイレ本体の商品代と設置にかかる工事費用がかかります。例として、ベーシックなタンク式トイレに交換すると、商品代と工事代を合わせて約19~34万円かかります。コンセントさえあれば、便器の交換にかかる時間は30分〜2時間程度です。

温水洗浄便座はコンセントが必要なので、コンセントがないトイレには追加で熊本県の専門業者が電気工事を行います。

タンクがある便座をタンクレスのものに交換すると、商品代と工事代を合わせて約28~47万円の費用がかかります。かかる期間は半日から1日程度です。

トイレの室内の内装ごとリフォーム

便器を交換する際に、壁や床など室内の内装をすべてリフォームすることもできます。古い便器を取り外し、内装工事を行い、新しい設備を搬入・設置するという手順です。

イメージに合わせたり、ペーパーホルダーやタオル掛け、収納キャビネットなどのアクセサリー類、床材、壁紙などにこだわることができます。

トイレの交換だけであれば、交換の施工費とトイレの商品代金で約19~34万円かかります。さらに内装工事も行うと内装工事の施工費、内装を整えるのに使う資材の費用などがかかり、約40万円〜です。トイレの本体をどれだけいいものにするか、内装にどこまでこだわるかによって値段が変動します。

また工事が大掛かりになると、古い設備や古い資材(壁や内装など)を取り去ったものの処分費用がかかることもあります。

和式から洋式へ

リフォームは床の解体から始まり、給排水の配管や電源設置、内装工事などを行い便器本体を設置する、大掛かりなリフォームです。床をすべて作り直すと解体費もかかります。

和式から洋式に交換し、床と段差の解体、床をクッションフロアに、腰下までの壁をサニタリーパネルに交換する作業一式の相場は約20万円〜です。リフォームにかかる期間は、1~2日程度が一般的です。

バリアフリーリフォーム

手すりの設置、トイレ本体の入れ替え、スペース拡張などができます。熊本県の専門業者やケアマネージャーと話し合い、介護される本人と介護をする家族の双方が使いやすいトイレにできます。持ち家か賃貸か、戸建てか集合住宅かによってできる工事が異なります。

例えばトイレ本体を交換し、床と壁のクロスを張替え、キャビネットと木製の手すり、手洗い場を設置する工事で42万円です。トイレのスペースを広げる、手すりを何カ所にもつけるなど要望に合わせて価格が変わります。

トイレ本体の種類や機能

洋式

便座に腰掛けるという楽な姿勢で用を足すことができ、幼児、高齢者、介護が必要な人まで使いやすいです。

和式

和式トイレは便器をまたいで用を足す形状です。構造がシンプルで掃除がしやすく、便座に直接座りません。槽が浅いぶん悪臭が強くなりがちで、洗浄時に水が跳ねてしまいます。

タンク付きトイレとは

タンク付きトイレは便器にセットされているタンクに水を溜め、レバーを操作して水を流します。断水してもタンクに風呂の残り湯などを入れれば使用できます。ただし比較的場所をとるのでトイレが狭くなるほか、タンクに水が溜まるまで流せません。

タンクレストイレとは

タンクレストイレには水を溜めるタンクがなく、凸凹のないシンプルなデザインなうえ便器の高さも低くトイレが広く見え、水を連続して流すこともできます。

ただしトイレに手洗いがついておらずトイレ内に手洗い場をつくるかどうか検討が必要です。他には水圧が低い場所にも設置できない、停電や断水の際には水が流せません。

温水便座

温水便座とは、座る部分とお尻を洗浄する水を温める機能があるもののことです。正式名称は温水洗浄便座といい、便座だけを電気で温めるものは暖房便座です。

ウォシュレット

「ウォシュレット」という単語はTOTOの温水洗浄便座の登録症状です。パナソニックは「クリーンシャワレ」と「アラウーノ」、INAXは「シャワートイレ」、東芝は「クリーンウォッシュ」が商品名です。商品名が違うだけで、すべて温水洗浄便座です。

自動開閉

壁面に設置された操作盤のボタンを使って自動開閉できるトイレもあります。使用前後に触る必要がないため手が汚れず、フタのしめ忘れもなくなります。

スマートフォンで操作ができる

スマートフォンをトイレのリモコン代わりに利用できるトイレもあります。専用アプリをダウンロードすると、おしりの洗浄位置や水量の強弱を好みの内容に設定できます。カレンダーも用意され、排便を記録に残せます。