東京都墨田区水泳レッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都墨田区のスイミングスクール

C・G Swim Academy

ブロンズ

C・G SwimAcademy代表の佐藤です。水泳を学ぶ、体の使い方を学ぶ、コミュニケーションの方法を学ぶなど、「水泳を通じた心身の育成」を理念としております。

詳細を見る

BubbleRIng

0
ブロンズ

自身の経験が活かせられたら嬉しいです東翔(あずま しょう) 順天堂大学在学中に、鈴木大地監督(現スポーツ庁長官)よりオープンウォータースイミングの道へ ~OWS戦績~ ・オープンウォータースイミングジャパンオープン館山2006、2008:10キロ優勝 ・湘南オープンウォータースイミング2006~2011:10キロ優勝 ・OWS世界選手権inナポリ 日本代表 ・クーランガッタゴールド2008 (オーストラリア) :スイム区間担当 区間1位 ・セントラルスポーツカップ第1,2回マラソンスイミング in お台場 : 1500m 優勝 ・第68,69回 初島・熱海間団体競泳大会 優勝  など OW…

詳細を見る

丸岡 大介

0
ニューユーザー

子供から大人まで、 パーソナルレッスンを行います。インストラクター歴3年 元競泳選手

詳細を見る

Liberty Life Lab

0
ブロンズ

まずはご相談からでも!何事も楽しく!まずは、体験から初めてみませんか? 水泳の完全プライベートレッスン(個人指導)を中心に活動しております。

詳細を見る

コナミスポーツクラブ東大島は、株式会社コナミスポーツクラブが経営するスポーツジムの東大島店です。プールやスタジオ、マシンジムなどの設備を利用し、ピラティスなどのトレーニングプログラムに参加することができ、子供向けのスイミングや体操、ダンス、チアダンスなど様々なスクールも行われています。

詳細を見る

江東区/東砂スポーツセンターは、地下1階に大プールと小プール、1階と2階に体育室がある、スポーツ施設です。開館時間は8:30~22:00、利用時間は各施設により異なります。

詳細を見る

江東区深川北スポーツセンターは、江東区が運営する健康スポーツ公社です。区民一人ひとりが体力づくりを日常化、生活化するための場として、トレーニング室やプール、ランニングコースや多目的室が用意されています。

詳細を見る

岩田 寛紀

5.0
starstarstarstarstar
ダイアモンド

明るく経験豊富で本質を語るトレーナーです。<コンセプト> 人間の本質を追求し“人生の質を高める”こと。 レッスンを通してあなたらしい生き方を身に付けて頂きます。

詳細を見る

ミミフィットネスクラブリバーシティは、スポーツジムです。ヨガ施設やスパなども整備されており、トレーニングジムでは「ミミトレ」という独自のシステムを構築し、誰にでもできる運動法を指導しており、パーソナルトレーニングや、大人から子どもまでを対象にスイミングスクールなども行っています。

詳細を見る

地方政府研究所株式会社は、地方を対象に各コンサルティング業務を手掛けている会社です。各種研修事業および地方議会改革、地方行政改革、職員の意識改革などのコンサルティング業務を行い、地域のリーダーを育成するサポートを行っています。

詳細を見る

WATSU TOKYO

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

東京随一!WATSUで心と体のコンディショニング。WATSU(ワッツ)という水中ボディワークのプロバイダーをしています。東京・半蔵門のCAT_BOというプライベートスパにあるプールでセッションを提供しています。

詳細を見る

実際の依頼例

スイミングスクールをお願いしました

墨田区におけるスイミングスクールの依頼例

よくある質問

水泳レッスンの料金はどのくらいかかる?

水泳レッスンの料金は、マンツーマンレッスン1レッスン1時間〜90分程度で数千円〜1万円前後です。教える内容が初心者クラスであれば安価〜講師がベテランで、教える内容の難易度が高ければ値段が上昇します。また、水泳教室のグループレッスンであれば月謝で7,000円前後〜2万円未満程度で、1週間に1回のペースでレッスンに通う形式となります。水泳教室やスイミングスクールの料金や支払い方法はその教室が定めている形式に従うことになります。個人講師の個人レッスンの場合は、レッスン頻度や支払い方法などは柔軟に応じてもらいやすいでしょう。

水泳レッスンの依頼における注意点は?

水泳レッスンや教室、スイミングスクールを選ぶときは受講する側の目的や状況に応じて選ぶといいでしょう。例えば水泳レッスンを受けるのが子供で、全くの初心者であれば、他の初級クラスの子供達と一緒に受講できるような、ワイワイと楽しむことのできるようなスイミングスクールの水泳レッスンがいいかもしれません。しかし「水泳がとても苦手で、学校の授業についていくことができない」「他の生徒と比較しても、泳ぎが下手なので、もっと泳げるようになりたい」という目的があればマンツーマンで、まずは水に慣れて恐怖心をなくすことから付き合ってもらい、本人の不得意なところをしっかりレッスンしてもらえるようなクラスを受講したほうがいいでしょう。

中学生以上の学生で、大会で成績を残したい、水泳をさらに極めて体育大学に進学も考えている、というような明確な目標がある場合は、コーチ歴や指導歴がそれなりにある講師のマンツーマンレッスンを受講したり、水泳のレッスンでのパフォーマンスを上げるためにストレッチのレッスンに通ったりなど、「水泳」のパフォーマンスを高めるための水泳以外の努力などのアドバイスもしてくれるコーチや指導者を探すといいでしょう。

水泳レッスンを依頼する流れは?

可能であれば、数カ所のスクールや講師のレッスンを受けてみましょう。教室には所属していなくても、フリーで水泳指導をしているプレイヤーやスイマーの方もいます。公営のプールなどで柔軟にマンツーマン指導をしてくれるフリーのスイマー講師の方や、スイミングスクールなど、内容の違う教室やスイマーの方の体験レッスンを何種類か、受講してみましょう。もしそれまでに水泳レッスンを受けたことがなくても、何人かの講師や先生の指導を受けることで、好きなレッスンと苦手なレッスンなどが見えてきます。好きだと思うレッスンに通ってみましょう。数ヶ月通ってみてわかること、変わることもありますので、まずは3ヶ月〜半年をめどにやってみる、続けてみることも大切です。

水泳レッスン業者の選び方は?

水泳レッスンの講師の経歴は様々です。体育大学を卒業した、地震が競技者だった、スポーツ学を専攻した、学士や博士の資格を持っているなど、様々な資格や経歴を持っている人がいますが、運動や水泳を学問として学んだ経験のある指導者は、緊急時もしっかりと対処することができます。水泳は地上ではなく水の中で行われる競技であるため、地上での緊急時とは勝手が異なることも多いです。水の中で溺れる、足がつる、貧血を起こす、このような時に対処できる講師でしょうか。人工呼吸や心臓マッサージができる方でしょうか。大人が水泳レッスンを受講する場合は、大人はある程度の体調管理をした上でスポーツレッスンを受けたり、具合が悪い時に自分で「具合が悪い」と伝えることができます。しかし子供の指導をしてもらう講師を探すときは、このような非常時の対応に直ちに正確に入ることのできる講師を選ぶと安心できます。

その他気を付けるべきポイントは?

基本の泳法にはクロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライがあります。さらにそれぞれの泳ぎにキック、ストローク、コンビネーション、ブレス(呼吸)など覚えるべきポイントがあります。さらに「タイムを縮めたい」「タイムにこだわりたい」など明確な目標がある場合はスタートやターン、早く美しく泳ぐ方法などの指導を受ける必要があるでしょう。水泳でのパフォーマンスを高めるため、陸上でのトレーニングや筋肉トレーニング、ストレッチ、ヨガやピラティスなどの指導を受けることも検討してもいいでしょう。水泳は子供から大人まで、年齢を問わず楽しめる、そして体に良い影響をもたらす有酸素運動です。一度でもマンツーマンでレッスンを受けることで「なるほど、そういうことか」と発見や学びがあり、わかるようになって、より泳ぎを楽しめるようになることも多々あります。「なんとなく気になる先生がいる」「レッスンを受けてみるか、迷っている」ようであれば、まず一度レッスンを受講してみましょう。悩んでいるよりも一度体験してみると、気持ちや見え方が変わりますよ。素敵な水泳の先生と出会ってください。