鹿児島県ストレッチレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

鹿児島県のストレッチ教室

久保 桃子

3.0
starstarstarstarstar
ニューユーザー

ピラティス、ヨガ共に10年経過致しました。 完全予約にて少人数で行っております。 地域を中心として提供 ダンスプログラムのスキルも有ります ズンバ、DIO繋がりを大切に 楽しく継続出来るコミュニティを目指しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

Nana プロポーション

ニューユーザー

2019年ミスインターナショナルファイナリスト🌸バレエダンサー体幹コアウォーキング講師 美人でもないモデルのようなスタイルでもない私が、何故ミスインターナショナルファイナリストになれたのか… 姿勢を綺麗にすることで雰囲気が変わり、話し方も変わり、性格を変え、人生を変えます♡5歳からバレエを学び、カナダのビクトリア・アカデミー・オブ・バレエのオーディションに合格し、スカラシップを得て、16歳から四年間、カナダへバレエ留学。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

理学療法士歴16年。 一人ひとりに寄り添うサポートが出来る場所を作りたい、との想いからサロン開業。 現在、パーソナルヨガ、アスリートヨガ、企業・施設・イベントなどへ出張ヨガを行なっています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

◆◇◆◇◆ いやしの民宿とんとん ◆◇◆◇◆ いやしの民宿とんとんは、平成20年5月下旬に開業以来、 皆様方に屋久島の良い思い出作りにお手伝い頂けるように、 又、日頃のお仕事などの疲れを忘れゆっくりとお寛ぎ頂けるようにと スタッフ一同真心こめてお迎え致しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

英語を学ぶことで総合的な教育に結びつくと考えているスクールです。 こども英会話、大人英会話とございます。0歳から大人のかたまでご利用いただけます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ストレッチ教室をお願いしました

鹿児島県におけるストレッチ教室の依頼例

よくある質問

ストレッチレッスンの料金はどのくらいかかる?

大手ストレッチ教室(ジム)は、入会金は1万円程度、ストレッチレッスンの料金は月謝制で月に4回(週に1回)のペースでレッスンを受ける教室や、月に何度でも通い放題の教室があります。どこの教室も、マンツーマンレッスンとグループレッスン、どちらにも対応しています。

個人のストレッチ教室やジムは、入会金がないジムも多く、柔軟にドロップイン利用(都度払い)を受け付けている教室も多いです。ドロップイン利用のストレッチレッスンの料金は平均約4,000円程度です。マンツーマンでトレーナーから教えてもらえる教室は値段が高く、グループで教えてもらえる教室は値段が安い傾向にあります。

ストレッチレッスンの依頼における注意点は?

ストレッチとは、体の筋を伸ばした姿勢を1分程度保持する動きのことです。ストレッチは様々な場所で老若男女に活用され、例えば運動前の準備として、また運動後のクールダウンとして、外傷によるリハビリ手段の一つとして取り入れられます。ストレッチの習慣化は、筋力の向上や筋量の維持に有効です。正しいストレッチは体の柔軟性を改善し、筋持久力を向上させます。怪我や疲労で低下した柔軟性も、適切なストレッチを少しずつ無理のない範囲で習慣化することで改善、保持が期待できます。

ストレッチレッスンを依頼する流れは?

ストレッチのレッスンだけを単体で行なっている教室やジム、もしくはヨガやピラティス、バレエなどを通じて「ストレッチを学ぶことができる機会」を探しましょう。迷うときは、選択肢全てのトレーナーやストレッチレッスンの、初回体験レッスンなどに通ってみましょう。「あまり興味はないな」と思っていた教室に行ってみたら意外と良かったり、逆に行ってみたら「少しイメージと違った」ということもあります。何箇所かに通ってみてから「ここが良さそう」と思える1箇所に、継続してレッスンを依頼するといいでしょう。

ストレッチレッスン業者の選び方は?

ストレッチレッスンの目的が明確な場合、例えばスポーツのための身体能力向上や、健康維持、怪我や事故で衰えた身体能力を回復させたい時などは、ストレッチレッスンのトレーナー自身が「同じ目的や症状の生徒を、どのように導いて、どのような結果を出したか」を質問したり、口コミや評判を調べましょう。

また、トレーナーを選ぶときは、マンツーマン利用をしてみて、通いやすいか、相談しやすいかなどを見極めましょう。またストレッチは、トレーナーから背中を押されたり、堅田を触られることもあります。同性のトレーナー、異性のトレーナーなど、何人かのトレーなのストレッチレッスンを「まずは受けてみて」「まずは何度か通ってみて」から検討してみてもいいでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

パーソナルトレーナーやダンスレッスン、各種スポーツレッスンでも「ストレッチの方法ややり方」はまず最初に教わります。ストレッチはスポーツの前後に、必ず行う大切な動作です。

もちろん書籍や動画など、情報はたくさん探すことができます。しかし対面で実際に手取り足取り足得てもらうと、この痛みはあっていい、そんなに痛いならここまでにしておきましょう、手のひらの向きは上?下、足のつま先はどうしたらいいの?など、本当に細かいところまで質問することができます。実際に対面して教えてもらうと、そのあとに自宅でも実践しやすくなります。独学で進めている方でも、一度でも、実際に対面でトレーナーからストレッチの方法を教わると「なるほどわかりやすい」と、納得できるのではないでしょうか。