神奈川県川崎市 多摩区店舗デザインのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

神奈川県川崎市 多摩区の店舗デザイン事業者

cius.design

ニューユーザー

デザイナーとつくるお店、おうち店舗設計と施工監理(現場監督)を10年経験し、独立しました。 開店計画がある段階でもご相談ください。 一緒にテナントを内見しアドバイスするところからでも構いません。

詳細を見る

ミスタービルド生田は有限会社グリーンテックが運営するリフォーム専門店です。事業内容は、住宅リフォーム、水廻りリフォーム、耐震工事、バリアフリー工事などで、小さな修繕工事から全面改装工事まで請け負います。

詳細を見る

八紘管財株式会社は、建築工事などを行っている工務店・建設請負業者・建設会社で、リフォームに特化して営業しています。また、元々水道屋のため、水漏れ・排水管のつまり・設備交換を得意としています。

詳細を見る

大建工事株式会社は、建築工事などを行っている工務店・建設請負業者・建設会社です。おもに、鋼製床版工事や解体工事を取り扱っています。大型施設施工歴として、東京ミッドタウンやセルリアンタワー東急ホテルがあります。

詳細を見る

セキヤマ住宅販売株式会社は戸建分譲住宅・注文住宅の施工及び管理、請負工事、リフォーム等を行っている会社です。家づくりの各工程が完了した段階で、検査責任者が品質検査を実施し、間取りや部材等が、図面通りに施工されているかを厳しくチェックを行っています。

詳細を見る

Nマネジメント株式会社は、川崎市の不動産会社です。賃貸物件管理などの不動産取引全般を行うほか、空室物件の原状回復工事を専門で行っており、ハウスクリーニングからリフォームまでを不動産会社だから出来るサービス・納得の仕上がりに責任もって対応しています。

詳細を見る

モクテ株式会社はリフォーム・リノベーションの施工・工事を行っています。大工の伝統の技術を大切に守りながらも現在の最新の材料、施工方法でも良いものはこだわりを持って取り入れています。

詳細を見る

株式会社よみうりサポートアンドサービスは、建築土木から造園工事、ビルメンテナンスなど様々な事業を展開している会社です。工事部門、ビルメンテナンス部門など各種部門を設けており、よみうりランド所有施設の清掃、ゴルフ場、競馬場の維持、管理を一貫して行なっています。

詳細を見る

株式会社クリーン・ネット・ジャパンは賃貸マンション・アパート等をオーナーや管理会社の委託を受けて、退去後の原状回復工事、リフォーム、リノベーション、マンションの共用部清掃を行っている会社です。

詳細を見る

株式会社朝日ホームは建設業を中心に活動している企業です。注文住宅の建築、アパート、ビルの建設、自社の土地及び建売りの販売などを取り扱っています。

詳細を見る

株式会社日新鉄工建設は建築金物制作を中心に活動している企業です。ステンレス、スチール、アルミ製作金物、 既製金物などの制作を得意としています。

詳細を見る

足立工業株式会社は空気調和設備工事、給排水衛生設備工事を行っています。主な事業分野は、給排水設備、空調設備、電気設備です。大手ゼネコンとの折衝から施工管理まで采配でき、プロジェクト全体を見渡すことができます。

詳細を見る

実際の依頼例

店舗デザイン事業者をお願いしました

川崎市 多摩区における店舗デザイン事業者の依頼例

よくある質問

店舗デザインの料金はどのくらいかかる?

相場は施工費全体の10〜15%です。デザイナーとクライアントの関係性や、物件が居抜き物件か、一から全てをデザインして施工して備品を準備するか、のどちらかによっても施工費全体の価格は異なります。

例えば飲食店は、店舗デザインにかかる費用以外には、保証金・仲介手数料・内装設計料・内装工事費・衛生設備費・厨房設備費・厨房備品費・看板工事費・家具照明費・レジ設備費・保険の費用・通信設備費やBGM・販促費・運転資金などが必要になります。

店舗デザインの依頼における注意点は?

デザイナーがこれまでにどのような仕事をしたかによって、「質問をした場合に回答ができる」「質問をしても、よくわかっておらず回答ができない」ということが起こります。店舗のデザインには、お客様の導線や法律上必要な寸法などがありますが、そのような「デザイナーとして知っておくべきこと」はどのデザイナーはわかるとしても、どこまでそのデザイナーが知識を有しているかどうかは、デザイナーの器量と経験次第です。

例えば飲食店において、料理のサービス方法や運営方法をデザイナーに質問したところで、新人や経験の少ないデザイナーは即答できなかったり、「私に聞かれてもそれはわからない」という人がいます。しかしかつて飲食店の店舗デザイン経験がある人であれば親身になって相談に乗ってくれることもあります。

店舗デザインを依頼する流れは?

物件選びから相談に乗ってもらえるデザイナーを確保すると、いろいろな相談をしながら進めることができます。複数のデザイナーに見積もり依頼や相談をして、まず設計業務に対しての見積書を受け取り、設計実務に入ってもらう前に契約書を結びます。設計業務を開始するときに契約金の半分を支払い、引き渡し時に残り半分を銀行振込で支払います。

「どうしても希望の物件がありすぐにでも契約したい」という状況ですでに物件を決めている上で、さらに「この物件内をデザインしてほしい」という依頼をする場合、希望に沿ってもらえないこともあることを理解しましょう。当然お客様の導線や法律上必要な寸法などを加味してデザインが行われます。

例えば飲食店のデザインに「物件は決まっている、客席は30席ほしい」とこちらの要望だけを伝えても、デザイナー目線で物件を見たときに、必ずしも希望に乗れないことも。導線を確保しながら家具を配置し、必要な寸法を確保するために「20席しか確保できない」「この間取りであれば席数は15席になる」ということもあります。

店舗デザイン業者の選び方は?

こちらの希望を言われるがままに聞いてくれるようなデザイナーではなく、デザイナー目線でもきちんと意見を発言してくれる起用しましょう。しかし方位学や風水など、どうしても自分に譲れないポイントがあるときは「これは譲れない」とデザイナーに伝えて、デザイナーにも理解してもらいましょう。どうしても譲れないポイントも「いやこれは」と否定されては、その後の仕事ややりとりがこじれてしまうことも考えられます。

またデザイナーに現場工事の監督や業者の選定を任せる場合、関係性が問題なさそうかも気にかけましょう。現場監督や現場の業者の工事がうまくいかずやり直しで工事費用がかさむような事例も多々発生します。そのときに、デザイン上の問題なのか、工事上の問題なのか、そもそもデザイナーと工事業者はかねてからの付き合いがあったのか、やり直し工事の費用負担先はどうなるのかなど話がややこしくなります。

その他気を付けるべきポイントは?

店舗の開店やリニューアルデザインに対して、イメージやインテリアデザインに固執するだけでなく、営業を継続していくこともきちんと考えておきましょう。投資予算をある程度抑えて、損益分岐点をどうするのかなど、「店舗をデザインした後、営業を継続するためのこと」にも気を配ってくれるようなデザイナーと出会えると、力強いパートナーになってくれるでしょう。