東京都荒川区防音工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都荒川区の防音工事業者

株式会社LicreHome

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

お家の事なら地元工務店におまかせください!初めまして、リクレホームと申します。  当社は、東京都文京区の工務店です。 小さな修理工事からリフォーム、新築まで幅広く行っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

オーニング(テント)・シート・シェード・スクリーン等の設計から施工まで各種対応致します。 住宅においてはカーテン、オーニングやスクリーン、店舗においては固定テント・オーニング、フラッグ・バナー、屋外用カーテン・スクリーン、看板やシート切文字やガラスフィルム等、また、施設においては主に開閉式シェードやオーニング、屋外用カーテンやスクリーン等の製作施工を承ります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

トステム、INAXをはじめ、旭硝子、新日軽、LIXILなど各種メーカーの商品を取り扱っています。 取扱品目は 戸張替、網戸製作のほか、エクステリア工事、トステムインプラス、またテーブルガラス、食器棚ガラス、アクリルなどもございます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

「耐震セイフティ工法」の耐震技術を習得し、行政が勧める耐震補強事業に寄与しております。 開発当初は新築用の工法でしたが、改良を重ね、現在ではリフォーム用としての工法も出来上がり、(財)日本建築防災協会からの技術評価も取得いたしました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

首都圏の工場、倉庫、店舗等の賃貸、売買仲介を致します。不動産におけるトラブルの処理、優良物件の紹介、テナント募集業務、各種保険業務、など、お客様をトータルでバックアップし、あらゆるニーズに応えられるよう「5本柱」、5つのサービス部門で対応いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

医療施設や商業施設などの内外装工事からマンション、アパート、一般戸建住宅まで、リフォームのことなら何でもご相談ください。 設計から施工まで、自社ですべて行います。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社アイフィスは、デザイン印刷業務、デジタルメディア製作業務、マーケティング・リサーチ業務、イベント企画・製作業務などを行うトータル・コミュニケーション集団です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社同窓会ネット東京支社は、同窓会の幹事代行サービス会社です。同窓会の幹事業を丸ごとお引き受け! 業界No.1 の実績で「絶対安心」のサービスを日本全国対応します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社エーワンは、防水工事・塗装工事・内装工事・左官工事などを行う建設工事会社です。ビル・マンションの防水作業はもとより、一般住宅等の防水処理も行いトータル防水作業『リニューアル工事専門店』として営業しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

田中雅雄は、千代田区にある弁理士事務所のひとつです。詳しい事業内容はお問い合わせの電話番号から聞くことができます。所在地は東京都千代田区神田須田町です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

坂本国際特許事務所は特許事務所です。国内外の特許出願、実用新案・意匠・商標の登録出願、調査、翻訳などのサービスを行っています。サービスをコースで分類し、わかりやすい料金設定を採用しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ジャパンベストレスキューシステム株式会社(JBR)は、生活トラブルの解決サービス「生活救急車」を全国展開する企業です。水回り、内装、外装、エクステリア等の様々なリフォームの依頼先に悩んだ時、受付担当エリアごと(文京区・本駒込駅前・白山・千駄木駅前・千石・西片)に、専門の地元スタッフが迅速に駆けつけ解決します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

防音工事業者をお願いしました

荒川区における防音工事業者の依頼例

よくある質問

防音工事の料金はどのくらいかかる?

約50万円〜で、外壁に断熱材を張る、遮音性能の高い内装材を使用する、扉を防音扉にする、窓を二重サッシ・防音サッシにする、床材を防音性能が高いものにするなどの防音リフォームを検討することができます。

防音工事の依頼における注意点は?

どの防音工事も、決して安い金額ではありません。しかし防音工事で得られるのは防音性能だけではありません。ご近所との騒音トラブルなどを避けることができます。リフォームの時に「我が家は家族で楽器を演奏するので、防音リフォームをします、リフォームの期間中の騒音でご迷惑をおかけするかもしれません」と挨拶に行けば近所の方は「音漏れを気遣おうとしているのか」と考えてくださるだけでなく、防音工事後も多少うるさかったとしても「あの家は、リフォームはしているのだから」と大目に見てくれることもあるかもしれません。

また防音性の低い家でカラオケやピアノなど音楽の趣味を楽しむことは難しいですが、外でしようとすると、カラオケに行ったり、防音スタジオなどをレンタルするお金がかかったりと、何かと出費が伴います。防音工事にかかる時間と、これから先音楽の趣味を楽しむために使う出費を比較して、どちらの方がお得なのか、楽なのかを比較して考えましょう。

防音工事を依頼する流れは?

複数の業者に見積もり依頼を出して、業者を比較します。「●社の業者様に、同じ条件でお見積もり依頼を出させていただいています」と伝えてもいいでしょう。他者との相見積もりを意識した見積書を出してくれます。

1社に絞ったら契約書を交わして、着工します。支払いも済ませたら完了です。

防音工事業者の選び方は?

業者を選ぶ時に、「その業者の社内に、工事の施工管理者もしくは現場監督がいるのか」を質問して、「いる」と回答する業者を選ぶことを推奨します。また他には、「図面で現場の職人と打ち合わせをするのか」「工事の質を職人に指導するのか(職人に任せきりにしていないか)」「工事が仕上がった時に職人たちの仕事の検査を行うのか」と質問をします。現場の職人と打ち合わせをして、工事の質を職人に指導して、仕上がりも検査するリフォーム会社は信頼できます。

選んではいけない業者は、営業だけして工事は下請けに全て任せてしまうリフォーム業者です。下請け業者に工事を丸投げるすることは、建築業法第22条で禁じられています。

その他気を付けるべきポイントは?

音は換気口や排気口からも漏れることがあるため、遮音性の高い通気口にできないか、今の位置で音漏れするかどうかも慎重に検討しましょう。リフォーム費用を抑えたいときは、床はリフォームをする前に、マットやカーペットなどを敷いて音が響くのを防ぐことができないか、試してみてもいいでしょう。