東京都足立区防音工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都足立区の防音工事業者

お家の外装、内装リフォーム全般を取り扱っております。 屋根やベランダ、内装のクロスに限らず、キッチン、浴室、洗面、トイレのリフォームにも対応致しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

弊社では、工業や事務所に効率の良い設備やレイアウトなどの基本的に利益を生み出すデザインを重視して施行しております。 住宅や集合住宅らプレハブ住宅、寄宿舎、別荘、飲食店や医療機関、ホテルや旅館、レジャー施設や寺院などの取り扱い実績がございます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は、神社、寺院建築の屋根専門業者です。 神社、寺院建築の屋根は、軒付の曲線、箕、甲、棟、鬼など下地の曲線を生かし、いかに繊細な曲線を表現するかが大切です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

アパート、マンション、一般住宅のリフォーム工事はお任せください。インテリアクロス、フロア、ジュータン工事、襖や障子の張替え、畳や建具、塗装工事も請けたまわります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

お宅に人が集まる時やリフォーム、引越し等の際に畳を裏返す、または 張替えましょう。 畳の裏返し・張替え等を行うと、ご自分では動かせない大きな家具を 当社スタッフが動かしますので、ついでに大掃除もできちゃいます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

畳の表替え・新畳入替えやふすま・障子・アミ戸のの張替え・新調、クロス・床の張替え、カーテンなど窓廻り工事に対応いたします。 調湿・防カビ・防ダニ・断熱に優れた炭化コルク畳や縁なし畳に最適な和紙織り畳、丈夫な樹脂畳など、様々な畳をご用意しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

読売・日本テレビ文化センター北千住は約1万講座を19拠点で展開する首都圏最大のカルチャーセンターです。センターでは、俳句や短歌、音楽やダンス、スポーツ、美術や手芸、語学など、18ジャンルからなる多彩な講座を展開しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社昴は、年長児〜高校生までを対象とした進学塾です。勉強だけでなく、本物の音楽にふれたり、道を極めた先人たちの話を聞いたり、人とふれあい、コミュニケーションを図ることは、伸び盛りの子どもたちにとって大切なことです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

寿堂紙製品工業株式会社東京メーリングセンターは、メーリングサービスおよびコンサルティングを行っています。長年、封筒づくりなどで企業のDM戦略をお手伝いしてきた豊富な実績とノウハウを基に、企画制作から封入封緘、DM代行発送までトータルシステムでサポートします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社同窓会事務局は、学校同窓会業務を一括代行するコンサルティング企業です。同窓会に関わる悩みや負担は、株式会社同窓会事務局にお任せください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

大高設備工事株式会社は、設備、電気工事、メンテナンス・修理を行なう会社です。冷暖房や、喚起・ダクトなど空調設備に関する工事をはじめ、空調工事に関わる電気工事、消化設備の電気工事を行なっています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

生活救急車は、ジャパンベストレスキューシステム株式会社が運営し、総合生活トラブル解決サービス業務を行っています。カギ、水まわり、ガラス、パソコンのトラブルサービスなど様々なお困りごとに対応しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

防音工事業者をお願いしました

足立区における防音工事業者の依頼例

よくある質問

防音工事の料金はどのくらいかかる?

約50万円〜で、外壁に断熱材を張る、遮音性能の高い内装材を使用する、扉を防音扉にする、窓を二重サッシ・防音サッシにする、床材を防音性能が高いものにするなどの防音リフォームを検討することができます。

防音工事の依頼における注意点は?

どの防音工事も、決して安い金額ではありません。しかし防音工事で得られるのは防音性能だけではありません。ご近所との騒音トラブルなどを避けることができます。リフォームの時に「我が家は家族で楽器を演奏するので、防音リフォームをします、リフォームの期間中の騒音でご迷惑をおかけするかもしれません」と挨拶に行けば近所の方は「音漏れを気遣おうとしているのか」と考えてくださるだけでなく、防音工事後も多少うるさかったとしても「あの家は、リフォームはしているのだから」と大目に見てくれることもあるかもしれません。

また防音性の低い家でカラオケやピアノなど音楽の趣味を楽しむことは難しいですが、外でしようとすると、カラオケに行ったり、防音スタジオなどをレンタルするお金がかかったりと、何かと出費が伴います。防音工事にかかる時間と、これから先音楽の趣味を楽しむために使う出費を比較して、どちらの方がお得なのか、楽なのかを比較して考えましょう。

防音工事を依頼する流れは?

複数の業者に見積もり依頼を出して、業者を比較します。「●社の業者様に、同じ条件でお見積もり依頼を出させていただいています」と伝えてもいいでしょう。他者との相見積もりを意識した見積書を出してくれます。

1社に絞ったら契約書を交わして、着工します。支払いも済ませたら完了です。

防音工事業者の選び方は?

業者を選ぶ時に、「その業者の社内に、工事の施工管理者もしくは現場監督がいるのか」を質問して、「いる」と回答する業者を選ぶことを推奨します。また他には、「図面で現場の職人と打ち合わせをするのか」「工事の質を職人に指導するのか(職人に任せきりにしていないか)」「工事が仕上がった時に職人たちの仕事の検査を行うのか」と質問をします。現場の職人と打ち合わせをして、工事の質を職人に指導して、仕上がりも検査するリフォーム会社は信頼できます。

選んではいけない業者は、営業だけして工事は下請けに全て任せてしまうリフォーム業者です。下請け業者に工事を丸投げるすることは、建築業法第22条で禁じられています。

その他気を付けるべきポイントは?

音は換気口や排気口からも漏れることがあるため、遮音性の高い通気口にできないか、今の位置で音漏れするかどうかも慎重に検討しましょう。リフォーム費用を抑えたいときは、床はリフォームをする前に、マットやカーペットなどを敷いて音が響くのを防ぐことができないか、試してみてもいいでしょう。