埼玉県防音工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

埼玉県の防音工事業者

エムシステム 株式会社

5.0
starstarstarstarstar
ニューユーザー

安心感26年の経験値を活かし、 他で断られた、対応不可な案件 等テクニカルな案件を得意とします。 金額について無駄宣伝料等は 一切かかっていない事と 直接施工で どこよりもお安くできます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

即日対応のアフターサービス電気温水器、エコキュートの交換、入れ替えの専門業者になります。付帯工事で便器、浴室、キッチンの交換、入れ替えや太陽光関連機器の点検など幅広く業務に従事しておりますのでお気軽にご相談ください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

初めまして、株式会社リフォーム笑顔代表の伊藤と申します。 私たちはお客様の笑顔と「おたくに頼んでよかったよ、本当にありがとう」の一言のために優良で確かな工事を毎日心掛けております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社エアロック

5.0
starstarstarstarstar
ニューユーザー

エアロックは創業24年来にわたり、地元での信頼を得て埼玉県加須市を拠点に、夏は涼しく冬は暖かい家造りに邁進して参りました。独自の新・外貼り遮熱工法を用いた遮熱の家や、あったかい家へのリフォームなど皆様からご好評いただいております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

一所懸命に頑張らせていただきます。こんにちは、株式会社ハウジングサーブと申します。 弊社は川越市霞ヶ関にてリフォーム事業、不動産事業、建築事業を行わせていただいております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

メンテジャパンでは、皆様がお手ごろにリフォームしていただく為に、人件費や宣伝費の削減や資材の直接納入など徹底したコストの削減をしています。 また、職人直接施工ですので工期の短縮も出来ます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

和幸建築設計では、迅速かつ丁寧な対応で、お客様の立場に立ち、満足していただけるよう施行しております。 一般木造建築やログハウス、リフォーム業務を取り扱っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

時代の流れや、家族構成の変化、暮らしの環境によって使いやすかった住宅にも不便さを感じるようになります。 宮本工務店では時代の流れにあわせた快適な住まいへのリフォームをお客様に提供しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

大熊工務店

ニューユーザー

大熊工務店は、「フォース工法」を用いて、さまざまな家づくりを行っています。 埼玉県草加市を中心に、地域密着で施工いたします。また、店舗の内装工事の実績も豊富で、そのノウハウは一般住宅施工にもリンクしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は住宅設備のリフォーム工事、給排水設備工事、上下水道工事、 水廻りのトラブル対応をお客様に自信を持って提供しております。 私たち、株式会社ワタベは、今後も「お客様の立場に立ったサービスの徹底」を 貫き多様化するお客様のニーズに対し何事にも果敢にチャレンジしてまいります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

「信頼」,「安心」,「笑顔」をモットーに、実りある心の満足をお届けします。 便利屋TTは、ちょっとした困りごとをサポートするのが仕事です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

オーダーカーテン・ブラインドなど窓装飾、内装工事全般 川口市のインテリアとリフォーム工事の専門店です。 ご相談・見積りから施工まで、経験豊富なスタッフが 一貫して対応させていただきます株式会社平川インテリア 内装仕上工事業県知事許可(26)27756 店長平川太郎 2級建築施工管理技士 B182301260 インテリアコーディネーター 990940A。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

防音工事業者をお願いしました

埼玉県における防音工事業者の依頼例

よくある質問

防音工事の料金はどのくらいかかる?

約50万円〜で、外壁に断熱材を張る、遮音性能の高い内装材を使用する、扉を防音扉にする、窓を二重サッシ・防音サッシにする、床材を防音性能が高いものにするなどの防音リフォームを検討することができます。

防音工事の依頼における注意点は?

どの防音工事も、決して安い金額ではありません。しかし防音工事で得られるのは防音性能だけではありません。ご近所との騒音トラブルなどを避けることができます。リフォームの時に「我が家は家族で楽器を演奏するので、防音リフォームをします、リフォームの期間中の騒音でご迷惑をおかけするかもしれません」と挨拶に行けば近所の方は「音漏れを気遣おうとしているのか」と考えてくださるだけでなく、防音工事後も多少うるさかったとしても「あの家は、リフォームはしているのだから」と大目に見てくれることもあるかもしれません。

また防音性の低い家でカラオケやピアノなど音楽の趣味を楽しむことは難しいですが、外でしようとすると、カラオケに行ったり、防音スタジオなどをレンタルするお金がかかったりと、何かと出費が伴います。防音工事にかかる時間と、これから先音楽の趣味を楽しむために使う出費を比較して、どちらの方がお得なのか、楽なのかを比較して考えましょう。

防音工事を依頼する流れは?

複数の業者に見積もり依頼を出して、業者を比較します。「●社の業者様に、同じ条件でお見積もり依頼を出させていただいています」と伝えてもいいでしょう。他者との相見積もりを意識した見積書を出してくれます。

1社に絞ったら契約書を交わして、着工します。支払いも済ませたら完了です。

防音工事業者の選び方は?

業者を選ぶ時に、「その業者の社内に、工事の施工管理者もしくは現場監督がいるのか」を質問して、「いる」と回答する業者を選ぶことを推奨します。また他には、「図面で現場の職人と打ち合わせをするのか」「工事の質を職人に指導するのか(職人に任せきりにしていないか)」「工事が仕上がった時に職人たちの仕事の検査を行うのか」と質問をします。現場の職人と打ち合わせをして、工事の質を職人に指導して、仕上がりも検査するリフォーム会社は信頼できます。

選んではいけない業者は、営業だけして工事は下請けに全て任せてしまうリフォーム業者です。下請け業者に工事を丸投げるすることは、建築業法第22条で禁じられています。

その他気を付けるべきポイントは?

音は換気口や排気口からも漏れることがあるため、遮音性の高い通気口にできないか、今の位置で音漏れするかどうかも慎重に検討しましょう。リフォーム費用を抑えたいときは、床はリフォームをする前に、マットやカーペットなどを敷いて音が響くのを防ぐことができないか、試してみてもいいでしょう。