新潟県防音工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

新潟県の防音工事業者

山口工務店

0
ニューユーザー

山口工務店では、家を新築する打ち合わせでまず最初にお客様の要望をすべて伺います。 「どのような暮らしがしたいですか?」を伺い、その暮らし方に合わせて、要望に優先順位をつけていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

上原建業

ニューユーザー

【お客さまの立場を第一に考える】当社は、お客さまの立場を第一に考え、要求やこだわりを重視した提案を行っております。 自分たちの仕事に誇りを持ち、常に勉強を欠かしません。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

まずは数多い会社様の中からホームクリエイト オアシスをご覧いただき、誠にありがとうございます。 私たちは「住まいの悩みを解消し、暮らしを新たに!」を合言葉にお客様お一人お一人が笑顔に、そして快適な暮らしを楽しめるよう社員一同、親切丁寧なご提案を心掛けております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

美工

ニューユーザー

リフォーム、ハウス管理、建材補修なら柏崎市の「美工」にお任せください。 どんなリフォームも、あらゆるキズの補修も承ります。 不動産事業者の方を始め、賃貸住宅の経営者の方、そして一般のご家庭まで、新潟県内であればお見積り・出張費は無料にて、ご要望に即時対応いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

Build-in

ニューユーザー

新潟市近郊にて住宅店舗リフォームを行っております。新潟市近郊にて住宅店舗リフォーム 最近では古民家をcaf‘eにリノベーションしたりしております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

天然素材、健康住宅、免震住宅 いま人気の住まいは様々。しかし、これらの住まいは全て「本来は当然であるはずの、安心・安全」を売りにしているにすぎません。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

冨永板金は明治時代からの老舗施工店です。地元密着で現在4代目、板金を専門に扱っております。 先代からの伝統技術を受け継ぎ、皆様のご家庭にその技術を提供し、地元の方々の住居を支えてまいりました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は新築・増改築のプランニングから施工、メンテナンスまでお客様との入念なお打ち合わせの上で作り上げていきます。 家族がやすらげるお住まいの空間づくりをお任せ下さい。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社では、家の随所に無垢材を取り入れ、木の香り表情、ぬくもりを感じながら、家族が快適に安心して暮らせる住まいを実現します。 小さな修理から大きな改装工事、そして新築工事からアフターメンテナンスまで、自らの仕事に誇りと責任を持って対応いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は屋根周り、雨樋(あまどい)、外壁などのリフォームを行っております。特にデザイン性のある施工に力を入れておりますので、お客様の理想を実現させます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

私どもは設立から、長い間天然素材にこだわってきました。 最近は「シックハウス」という言葉が定着してしまいましたが、本来の家は「健康住宅」であるべきだと思います。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

創業より長年、塗装一筋で仕事をしてまいりました。 外壁や内装の塗装に関しては長い実績があります。 だからこそ、安心で真心を込めた調査・見積もり・施工、そして実績に裏打ちされた信頼があります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

防音工事業者をお願いしました

新潟県における防音工事業者の依頼例

よくある質問

防音工事の料金はどのくらいかかる?

約50万円〜で、外壁に断熱材を張る、遮音性能の高い内装材を使用する、扉を防音扉にする、窓を二重サッシ・防音サッシにする、床材を防音性能が高いものにするなどの防音リフォームを検討することができます。

防音工事の依頼における注意点は?

どの防音工事も、決して安い金額ではありません。しかし防音工事で得られるのは防音性能だけではありません。ご近所との騒音トラブルなどを避けることができます。リフォームの時に「我が家は家族で楽器を演奏するので、防音リフォームをします、リフォームの期間中の騒音でご迷惑をおかけするかもしれません」と挨拶に行けば近所の方は「音漏れを気遣おうとしているのか」と考えてくださるだけでなく、防音工事後も多少うるさかったとしても「あの家は、リフォームはしているのだから」と大目に見てくれることもあるかもしれません。

また防音性の低い家でカラオケやピアノなど音楽の趣味を楽しむことは難しいですが、外でしようとすると、カラオケに行ったり、防音スタジオなどをレンタルするお金がかかったりと、何かと出費が伴います。防音工事にかかる時間と、これから先音楽の趣味を楽しむために使う出費を比較して、どちらの方がお得なのか、楽なのかを比較して考えましょう。

防音工事を依頼する流れは?

複数の業者に見積もり依頼を出して、業者を比較します。「●社の業者様に、同じ条件でお見積もり依頼を出させていただいています」と伝えてもいいでしょう。他者との相見積もりを意識した見積書を出してくれます。

1社に絞ったら契約書を交わして、着工します。支払いも済ませたら完了です。

防音工事業者の選び方は?

業者を選ぶ時に、「その業者の社内に、工事の施工管理者もしくは現場監督がいるのか」を質問して、「いる」と回答する業者を選ぶことを推奨します。また他には、「図面で現場の職人と打ち合わせをするのか」「工事の質を職人に指導するのか(職人に任せきりにしていないか)」「工事が仕上がった時に職人たちの仕事の検査を行うのか」と質問をします。現場の職人と打ち合わせをして、工事の質を職人に指導して、仕上がりも検査するリフォーム会社は信頼できます。

選んではいけない業者は、営業だけして工事は下請けに全て任せてしまうリフォーム業者です。下請け業者に工事を丸投げるすることは、建築業法第22条で禁じられています。

その他気を付けるべきポイントは?

音は換気口や排気口からも漏れることがあるため、遮音性の高い通気口にできないか、今の位置で音漏れするかどうかも慎重に検討しましょう。リフォーム費用を抑えたいときは、床はリフォームをする前に、マットやカーペットなどを敷いて音が響くのを防ぐことができないか、試してみてもいいでしょう。