三重県防音工事のプロが近くに61人います

どちらで防音工事業者をご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

三重県の防音工事業者

現在のレベル

ニューユーザー

屋根工事・屋根修理・雨漏り修理・葺き替え工事・屋根漆喰工事・雨樋工事・雨樋修理・外壁工事などお家の外回り中心に工事を行っております。屋根のプロフェショナルとして適切なアドバイスや施工で満足していただけます。

. . . (もっと読む)

現在のレベル

ニューユーザー

本気でお客様の立場に立って高品質をご提供致します。インテリア早川は1993年に創業をして以来、地元亀山市に根差し内装工事業に従事してまいりました。

. . . (もっと読む)

弊社は、経営理念として「NO.1よりBestOneを目指す」という経営理論に基づいて、お客様の要望にこたえられるよう、積極的な業務拡大を続けて参りました。

. . . (もっと読む)

当社の家の設計は、将来の再生や家族構成の変化によるリフォームを前提として設計・デザインしております。 ダブル断熱にさらに耐久性と断熱工法を施し、トリプル断熱となっております。

. . . (もっと読む)

『頼んでよかった…!』 お客様からそう言って頂ける本物の業者で あり続けたいと考えております。 当社は2008年に某フランチャイズのハウスクリーニング業者として起業しました。

. . . (もっと読む)

株式会社 桑原板金工業では、三重県伊賀市を中心に屋根工事、外壁工事、樋工事、銅板工事、太陽光発電システムの設置工事など、建築板金全般を承っております。

. . . (もっと読む)

家の塗り替えをしようとお考えのお客様。 当社では昭和30年より塗装の仕事をしてまいりました塗装専門業者です。 最近では塗装は様々な種類の塗料がでています。

. . . (もっと読む)

昔から、主婦(主夫)たるもの、我慢に我慢を重ね不自由を少しでも使いやすくすべく、知恵を出し改造してきました。それこそが、リフォームの始まりなのですが、プロの仕事は、それなりに集約された価値の有るものです。

. . . (もっと読む)

アイ・エム電化は地域密着の電気工事店を営んでおります。 現在ではご家庭内で電化製品は様々な所で活躍しており、それだけに、 「突然家電が使えなくなった、故障してしまった」 というアクシデントに見舞われたことも少なからずあるのではないでしょうか。

. . . (もっと読む)

当社のこだわり  ・ご予算に応じたプランをご提案します。  ・責任を持って確実に施工します。  ・小さい工事、修理も即対応致します。  ・お客様がより快適に暮らせる住いづくり。

. . . (もっと読む)

自然素材の健康住宅『木香の家』で快適な生活を提供します。 お客様が今後暮らしていく住まいをじっくり考え、設計します。お客様の要望を取り入れ、私もプロとして提案させていただきます。

. . . (もっと読む)

蛇口の交換から水まわりリフォーム、戸建住宅の給排水衛生設備工事、公共下水道切り替え工事まで行っております。 トイレが詰まったら、トイレが漏れたら、水道管が漏れたら、排水が詰まったら、悪臭調査、水栓金具の取替え、ここに水栓がほしいなど上下水道指定工事店である当社へお気軽にご相談下さい。

. . . (もっと読む)

防音工事業者の写真一覧


写真をクリックで詳細を表示

Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...

実際の依頼例

三重県における防音工事業者の依頼例

よくある質問

防音工事の料金はどのくらいかかる?

約50万円〜で、外壁に断熱材を張る、遮音性能の高い内装材を使用する、扉を防音扉にする、窓を二重サッシ・防音サッシにする、床材を防音性能が高いものにするなどの防音リフォームを検討することができます。

防音工事の依頼における注意点は?

どの防音工事も、決して安い金額ではありません。しかし防音工事で得られるのは防音性能だけではありません。ご近所との騒音トラブルなどを避けることができます。リフォームの時に「我が家は家族で楽器を演奏するので、防音リフォームをします、リフォームの期間中の騒音でご迷惑をおかけするかもしれません」と挨拶に行けば近所の方は「音漏れを気遣おうとしているのか」と考えてくださるだけでなく、防音工事後も多少うるさかったとしても「あの家は、リフォームはしているのだから」と大目に見てくれることもあるかもしれません。

また防音性の低い家でカラオケやピアノなど音楽の趣味を楽しむことは難しいですが、外でしようとすると、カラオケに行ったり、防音スタジオなどをレンタルするお金がかかったりと、何かと出費が伴います。防音工事にかかる時間と、これから先音楽の趣味を楽しむために使う出費を比較して、どちらの方がお得なのか、楽なのかを比較して考えましょう。

防音工事を依頼する流れは?

複数の業者に見積もり依頼を出して、業者を比較します。「●社の業者様に、同じ条件でお見積もり依頼を出させていただいています」と伝えてもいいでしょう。他者との相見積もりを意識した見積書を出してくれます。

1社に絞ったら契約書を交わして、着工します。支払いも済ませたら完了です。

防音工事業者の選び方は?

業者を選ぶ時に、「その業者の社内に、工事の施工管理者もしくは現場監督がいるのか」を質問して、「いる」と回答する業者を選ぶことを推奨します。また他には、「図面で現場の職人と打ち合わせをするのか」「工事の質を職人に指導するのか(職人に任せきりにしていないか)」「工事が仕上がった時に職人たちの仕事の検査を行うのか」と質問をします。現場の職人と打ち合わせをして、工事の質を職人に指導して、仕上がりも検査するリフォーム会社は信頼できます。

選んではいけない業者は、営業だけして工事は下請けに全て任せてしまうリフォーム業者です。下請け業者に工事を丸投げるすることは、建築業法第22条で禁じられています。

その他気を付けるべきポイントは?

音は換気口や排気口からも漏れることがあるため、遮音性の高い通気口にできないか、今の位置で音漏れするかどうかも慎重に検討しましょう。リフォーム費用を抑えたいときは、床はリフォームをする前に、マットやカーペットなどを敷いて音が響くのを防ぐことができないか、試してみてもいいでしょう。