岐阜県多治見市防音工事のプロが近くにいます

どちらで防音工事業者をご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

岐阜県多治見市の防音工事業者

現在のレベル

ニューユーザー

弊社では、外構工事をはじめガーデニングデザインなど、どんな要望にもお答えいたします。 弊社は設計から施工まで全て自社で承ります。独自の外構デザイン及びガーデニングデザインから施工まで35年の実績で確実に完工致します。

. . . (もっと読む)

現在のレベル

ニューユーザー

弊社では公共事業を通じ行ってきた施工ノウハウを生かし、外構工事・エクステリア事業を皆様にお届けしたいと思います。 本ホームページでは弊社の行う事業内容や施工内容を御覧頂だければと存じます。

. . . (もっと読む)

中田 敏明

ニューユーザー

現在のレベル

ニューユーザー

「お客様が幸せに暮らせること」が私たちの一番の喜びです。 お客様との出会いに感謝! 創業以来、たくさんのお客様との出会いがあり、様々な想いを聞かせていただくうちに、人にとって住まいがどんなに大切であるか、それをアドバイスする私たちはどんなに責任のある役割を担っているかということを、深く感じております。

. . . (もっと読む)

当店は小さな塗装店です。営業がおりませんので代表である私自身がご相談・お見積りにお伺いします。もちろん塗装の施工は私自身が責任をもっておこなっておりますのでご要望等ありましたら遠慮なくお伝えください。

. . . (もっと読む)

当社で作成しているスイングドア・スライドドアは、スーパーマーケット、食品工場、病院、介護施設、流通センター、飲食店等あらゆる分野において活躍しています。

. . . (もっと読む)

消防設備、弱電設備の有限会社コルス代表の竹中強です。大型ビルや工場、各種店舗の消防設備に関する業務を行っております。 またインターフォン設備、電話工事、放送設備の取り付け、定期的な 保守管理などもトータルでうけたまわっております。

. . . (もっと読む)

Wall planner(愛盛建設)では、リノベーション、外壁リフォーム、内装リフォームを行っております。 お住まいのトラブルでお困りの方、快適でステキなリフォームをご想像の方、まずはお気軽にご連絡ください。

. . . (もっと読む)

当社では迅速丁寧、そして親切さをモットーにしております。 水道や電気は現代の生活において切っても切れない縁があります。 当社はその2つに関わるリフォーム工事・メンテナンスをメインに承っております。

. . . (もっと読む)

弊社は、LED工事、地上デジ工事、防災機器の取付けなど電気工事を承っております。 地上デジタル放送への移行に向けて、また、消防法の改正に伴う火災警報器の設置についてなどお気軽にお問い合わせ下さい。

. . . (もっと読む)

当店は先祖代々左官業を営んで参りました。 現在6代目を代表とし、左官技能士資格を習得した若きスタッフと日々精進しております。 「身体と地球にやさしい健康住宅」並びに「CO2削減断熱工法」「RC造建築」 また、古き良き日本の風土が育んできた「土蔵」工事等を行っております。

. . . (もっと読む)

羽柴電気工事では、計装工事をはじめ、オール電化などの電気工事全般を行なっています。 特にエコキュートを含めたオール電化リフォームは低コストで当社職人の直接の施工に自信がございます! その他、故障や調子が悪い機械の調査・修理や電気設備工事、電気設計、照明器具取付、メンテナンスなども承っております。

. . . (もっと読む)

地盤・構造と見えない部分のこだわりから暮らす人の動線を考えた間取りのプランニングまで、光が多く差し込み、家族がみんな触れ合えるような間取りの家を提案しています。

. . . (もっと読む)

防音工事業者の写真一覧


写真をクリックで詳細を表示

Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...

実際の依頼例

多治見市における防音工事業者の依頼例

よくある質問

防音工事の料金はどのくらいかかる?

約50万円〜で、外壁に断熱材を張る、遮音性能の高い内装材を使用する、扉を防音扉にする、窓を二重サッシ・防音サッシにする、床材を防音性能が高いものにするなどの防音リフォームを検討することができます。

防音工事の依頼における注意点は?

どの防音工事も、決して安い金額ではありません。しかし防音工事で得られるのは防音性能だけではありません。ご近所との騒音トラブルなどを避けることができます。リフォームの時に「我が家は家族で楽器を演奏するので、防音リフォームをします、リフォームの期間中の騒音でご迷惑をおかけするかもしれません」と挨拶に行けば近所の方は「音漏れを気遣おうとしているのか」と考えてくださるだけでなく、防音工事後も多少うるさかったとしても「あの家は、リフォームはしているのだから」と大目に見てくれることもあるかもしれません。

また防音性の低い家でカラオケやピアノなど音楽の趣味を楽しむことは難しいですが、外でしようとすると、カラオケに行ったり、防音スタジオなどをレンタルするお金がかかったりと、何かと出費が伴います。防音工事にかかる時間と、これから先音楽の趣味を楽しむために使う出費を比較して、どちらの方がお得なのか、楽なのかを比較して考えましょう。

防音工事を依頼する流れは?

複数の業者に見積もり依頼を出して、業者を比較します。「●社の業者様に、同じ条件でお見積もり依頼を出させていただいています」と伝えてもいいでしょう。他者との相見積もりを意識した見積書を出してくれます。

1社に絞ったら契約書を交わして、着工します。支払いも済ませたら完了です。

防音工事業者の選び方は?

業者を選ぶ時に、「その業者の社内に、工事の施工管理者もしくは現場監督がいるのか」を質問して、「いる」と回答する業者を選ぶことを推奨します。また他には、「図面で現場の職人と打ち合わせをするのか」「工事の質を職人に指導するのか(職人に任せきりにしていないか)」「工事が仕上がった時に職人たちの仕事の検査を行うのか」と質問をします。現場の職人と打ち合わせをして、工事の質を職人に指導して、仕上がりも検査するリフォーム会社は信頼できます。

選んではいけない業者は、営業だけして工事は下請けに全て任せてしまうリフォーム業者です。下請け業者に工事を丸投げるすることは、建築業法第22条で禁じられています。

その他気を付けるべきポイントは?

音は換気口や排気口からも漏れることがあるため、遮音性の高い通気口にできないか、今の位置で音漏れするかどうかも慎重に検討しましょう。リフォーム費用を抑えたいときは、床はリフォームをする前に、マットやカーペットなどを敷いて音が響くのを防ぐことができないか、試してみてもいいでしょう。