神奈川県小田原市障子張替えのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

神奈川県小田原市の障子張替え業者

普段は工務店の工事が主ですが、近年、直接のお客様が少しずつ増えてきており、実績とともにお客様の信頼も得ております。 お客様のライフスタイル・ニーズに合わせたプランニング・施工をし、『鈴木総建でやってもらって良かった』と言って頂けるよう、精一杯の努力をさせていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

私たちスドウ工営は、地元密着で今までやってきて、皆様のおかげで、9年間やってくることができました。 もちろん施工の質に関しても常に上を目指し、多くの資格を取得するなどしてまいりました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

西湘ペイント株式会社は、建築塗装業、リフォーム業を営む会社です。主に外壁・屋根等の塗装工事、防水工事、リフォーム工事等を行っています。完全自社施工で、どこよりも安く・早く、質の高い技術で大切なマイホームが新築同然の明るいマイホームに生まれ変われる工事を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

チャーリーケアは、福祉用具の販売及びレンタルを行っている会社です。自立支援用品や介護用品の販売・レンタルの他に、住宅の改修工事も手掛けています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社イチテックは、事務用品販売を行っている会社です。主な営業品目は、太陽光発電システム・複写機・ファインセラミックステーショナリー等です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

有限会社下里住設店は、住宅リフォーム業者です。主に水道衛生工事、住宅設備工事、リフォーム工事、新築工事などを手掛けています。施工から管理までを、自社施工・自社管理で行っており、機械や労務コストを抑えることを可能にしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

J・システム株式会社小田原営業所は設備工事の会社です。太陽光発電、オール電化の工事を行っています。生活スタイルやニーズに合わせた商品をアドバイスしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社西山建築設計事務所は一般の住宅、マンション、店舗、官庁施設の新築からリフォーム、古民家再生まで幅広くの設計を行っている会社です。主に専用住宅・店舗・事務所ビル・集合住宅・保育園、幼稚園、老人ホーム・医院・官庁施設等の新築及びリフォームの計画、設計、管理業務、開発企画業務を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社滝沢住建は、総合建設業を請け負う会社です。一戸建て住宅を中心に設計・デザイン・機能性を兼ね備えたデザイナーズハウスを手掛けています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ダスキンサービスマスター西湘は、株式会社ダスキンの系列店舗です。ダスキンは創業期からフランチャイズビジネスを確立するとともに、その後の事業展開でも、常にフランチャイズビジネスの可能性を追求してきました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社ホリホームは、住宅設備、建築業を中心に活動している企業です。小田原市を中心に大井町・開成町 ・松田町・南足柄市の不動産情報を取り扱っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

タカラスタンダード株式会社は、住宅設備機器を製造する住宅機器メーカーです。主な事業内容は、システムキッチン、システムバス、洗面化粧台、トイレ、エコキュート 、ホーロー壁装材等の製造・販売です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

障子張替え業者をお願いしました

小田原市における障子張替え業者の依頼例

よくある質問

障子張替えの料金はどのくらいかかる?

障子張替えの料金が変動する要素は、障子の種類、紙の種類、障子の大きさです。障子の種類が一般的なもの、腰付き障子、直ガラス障子は値段が同一であることが多いです。雪見障子は、その作りの繊細さ、機能性から一般の障子と比較して張り替え料金が高値になります。サイズが同じ障子の場合、約1,000円程度の価格差です。

紙の種類は、一般的な紙を基準の価格として、紙の性能が高くなるほどに高値になります。性能の高い紙には、丈夫で長持ちする、破れにくい、結露しづらい、冷暖房効果を高める、樹脂コーティングがされている、プラスチック、など様々です。また紙の種類によって光の入り方も若干異なります。90cm×180cmで約3,000円〜8,000円程度の価格幅があります。

障子の大きさは、幅と丈は90cm×180cmが基準サイズで、丈が120cmのもの、40cmのものなどがあり、小さくなるほど価格は安値になります。サイズによる価格差は数百円です。

障子張替えの依頼における注意点は?

張り替えを1枚から受け付けてくれる業者がほとんどですが、もし出張費用や駐車料金がかかるのであれば、数枚まとめて張り替えを依頼した方が割安です。また、持ち帰って張り替える業者が多いため、持ち帰られた場合はしばらく障子がない状態になります。暑い夏、寒い冬に障子がなくなってしまうと冷暖房効果が弱まり電気代が余計にかかってしまうため、春や秋などに張り替えを検討しましょう。

障子張替えを依頼する流れは?

急いでいない場合は、2〜3社の業者を比較しましょう。価格差、張り替えにかかる期間などを比較します。1社に決めたら、依頼をして紙を選び、スケジュールなどを確認して張り替えを頼みます。し張り替えが完了して代金の支払いも済んだら終了です。

障子張替え業者の選び方は?

価格に対してどのような作業が含まれているのか、確認しましょう。建て付け調整、既存の紙を丁寧に剥がしてくれるのか、障子をどのように張り替えるのか、張り替え後どのように乾燥させるのかなどを細かく教えてくれる業者は親切です。例えば「工場で行います」「新しく貼り付けた障子は数日かけて乾燥させます」など、どのように作業をするのか公開している業者はいます。また、極端に安い、納期が早い業者にはどのような作業内容と工程なのか、「安い理由」「早い理由」はどこなのか質問してみましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

複数の業者を比較するのは悪いことではありません。急がない場合は比較検討しましょう。障子の枚数が多くなるほど値段もかかります。どの業者が良さそうか、慎重に検討しましょう。

障子紙の選び方ですが、これからお子さんが生まれる、孫が遊びに来る機会が増える、ペットを飼うかもしれない、そのようなご家庭は強い障子紙を選ぶといいでしょう。もしそれでも破られてしまうようであれば、障子からドアにリフォームする方法もあります。