山口県屋根塗装のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

山口県の屋根の塗装業者

ミロク産業

ニューユーザー

私は40代後半まで親の経営する会社や広島のリフォーム会社などに従事しながら多能工としての技術、さらに建築士の国家資格を取得して積水ハウス系列の新築工事施工管理の職務に就いていました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

小さい現場でも、お客様としっかり打合せをして、お客様の納得いく内容、価格を丁寧に決めていく企業です。又、工事で追加金額のないように、始めから明確な見積をします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

私達は太陽光発電をメインに、そしてそれに繋がるオール電化住宅や水廻りのリフォームを行っております。 私達のモットーは地元密着・完全自社施工。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

家の中も外回りも当社で綺麗にします。 ・リフォームをするほどではないが、自分ではきれいに出来ない汚れをどうしよう ・普段のお手入れではなかなか手をつけない場所も綺麗にしたい ・その他「落ちない」と諦めている汚れ そういった悩みを解決いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

リフォーム工事・新築工事、さらに分譲住宅をお探しの方まで、当社が快適の住まいづくり・住まい探しをお手伝い致します。 「誠意・信頼・技術」を三本の柱に、頂いたご要望を真心込めてお応えさせていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は金属のスレート瓦や窯業の瓦、外壁のことも専門で扱っております。 また、外壁・屋根のリフォームから住宅のリフォームまで幅広くご対応いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

山口県萩市で建築業を営んでおります。 この地で創業して20年ほどが経ちますが、その間地域の方々がご信頼をお示しくださる中、地域と共に成長してきたと確信しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

内装リフォーム(クロス、フローリングの張替え)、外装リフォーム(外壁塗装、サイディング、外構エクステリア)、店舗リフォームのことならテンマ建総にお任せ下さい。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社の特徴は、住まいの工事はどんな事でも完全自社施工で対応できると言う点です。その事により細かい所までしっかりとした施工ができ、出来上がりの見た目はもちろん、耐久性にも優れた住宅造りが可能なのです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

山口県小郡を中心として、外壁塗装・屋根塗装や水まわりリフォームなどを承っている【有限会社美工】です。 ご自宅の屋根や外壁の塗装や、ひび割れ補修、門戸のサビ落としなどもお任せください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社では水廻りを中心としたリフォーム・緊急の修繕を行っております。 洗面化粧台の交換から、トイレ・キッチン・ユニットバス、その他増改築まですべてお見積もりは無料です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

地域に合わせた暮らし方を考え、ゆとりと自然素材を使った快適な住まいをご提案いたします。 長年の経験を持った職人が家づくりと安さをモットーにこだわりの住まいを作ります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

屋根の塗装業者をお願いしました

山口県における屋根の塗装業者の依頼例

よくある質問

屋根塗装の料金はどのくらいかかる?

屋根塗装費用は、「屋根の広さ」と「塗料」によって価格が変わります。セメント瓦の屋根塗装の塗料の価格は、シリコン塗料の場合は1平方メートルあたり約1,800円、フッ素塗料の場合は1平方メートルあたり約3,500円が相場です。例として、100平方メートル(30坪)の屋根でシリコン塗料を使用した場合の相場は約50万円〜です。シリコン塗料よりグレードが高いフッ素塗料を使用した場合は、フッ素塗料35万円と工事費用を合計して、約70万円前後が相場です。屋根塗装と同時に雨どいや破風板の塗装などを行う場合は、別途4万5千円ほどの費用がかかります。

ストレート屋根材の屋根塗装の塗料の価格は、シリコン塗料の場合は1平方メートルあたり約2,500円、フッ素塗料の場合は1平方メートルあたり約4,000円が相場です。金属屋根材の屋根塗装の塗料の価格は、シリコン塗料の場合、ガルバリウム鋼板は1平方メートルあたり約2,000円、トタンは1平方メートルあたり約2,500円で、フッ素塗料の場合、ガルバリウム鋼板・トタンどちらも1平方メートルあたり約3,500円です。

屋根塗装の依頼における注意点は?

天候の良い季節に作業を進めることができ、風雨の時期には塗装を進めることが難しくなります。梅雨が来る前、秋雨の前、雪が降る前など、業者が前もって作業作業計画を立てることができるよう、早めに屋根塗装の計画を立てましょう。

屋根塗装を依頼する流れは?

複数の業者に見積もり依頼を取り、業者を決定します。足場設置、屋根の洗浄、養生、下地処理、下塗り、タスペーサー挿入、中塗り・上塗り、養生取り、足場解体、完成の流れになります。塗料が乾く時間なども含めると、長い作業期間です。

屋根塗装業者の選び方は?

作業内容やかかる時間と費用をわかりやすく解説してくれる業者を選びましょう。コミュニケーションのとりやすい業者を選ぶことも大切です。また、屋根の色のアドバイスや、火災保険に加入している場合、風災補償で屋根塗装の費用をまかなうことができる場合があります。保険金は実際の工事費用を補償してくれるわけではなく、修理前の見積もり費用に対しての補償金額を審査します。このような情報を提供してくれるような業者を選びましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

火災保険に加入している方は、風災補償で屋根塗装の費用をまかなうことができる場合があります。火災保険は火災に対してだけではなく、落雷や風災などの自然災害にも適用されます。風災の対象は、台風・旋風・竜巻・暴風などで、例えば台風によって屋根が壊れて雨漏りが発生した、強風で屋根材が飛んでいったなどの事例が挙げられます。