東京都北区屋根塗装のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都北区の屋根の塗装業者

平成21年9月創業、東京都北区赤羽に所在し、「リノベーション&リフォーム」、「家具・インテリア販売」、お客様一人ひとりの想いをカタチでご提案致します株式会社アイ・カーサです。

詳細を見る

●弊社は、オーナー様のあらゆるニーズに応えるべく、土地の購入から、建物の完成まで手がけます。 ●その後の住まい方の変化に対応した建物の企画・設計・施工・監理を営んでおります。

詳細を見る

株式会社北陽は、農業土木の工事用コンクリート二次製品や配管素材の製造・販売会社です。濁水処理装置・カドミウム除去技術・水槽システム・廃プラスチック減容機の開発、電子スモーク装置・加熱水蒸気調理装置・鮭節製造装置の製造販売も手掛けています。

詳細を見る

有限会社サンフェリックスは、建物メンテナンスお行なう会社です。ビル・オフィスの清掃を建物を良好に維持する清掃管理計画を策定し、高度な技術を持つスペシャリストたちが、効率的に清掃作業を行なう他、一般商業施設清掃、マンションの清掃、ハウスクリーニングと、幅広く対応し、安心価格で最高の仕上がりをお届けしています。

詳細を見る

杉本サービスは、東京23区の法人専門ハウスクリーニングを提供している会社です。完全自社対応のクリーニングのプロ集団。シミや汚れの度合いに合った最適な清掃・洗浄方法を用いて、頑固な水アカも壁紙にこびり付いたシミもキレイに落とします。

詳細を見る

東京・北赤羽のリフォーム店、三谷リフォームです。北区・板橋区・練馬区・川口市・戸田市を中心にマンション・戸建ての水廻り・室内全般、屋根・外壁工事のリフォームを承っております。

詳細を見る

ジャパンベストレスキューシステム株式会社(JBR)は、生活トラブルの解決サービス「生活救急車」を全国展開する企業です。水回り、内装、外装、エクステリア等の様々なリフォームの依頼先に悩んだ時、受付担当エリアごと(北区・王子駅前・王子・豊島・中里・田端駅前・西尾久)に、専門の地元スタッフが迅速に駆けつけ解決します。

詳細を見る

株式会社大和ビルテックは、ビルメンテナンス業を行っている会社です。長年の経験と知識を活かし、清掃・設備管理など、お客様の建物の維持管理業務を通して、大切な資産を守り、よりよい環境を提供しています。

詳細を見る

株式会社やさしい手/赤羽は、在宅介護サービスを行っている株式会社やさしい手の事業所です。訪問介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、居宅介護支援(ケアプラン作成)、デイサービス、訪問入浴介護、福祉用具貸与・販売などを行っています。

詳細を見る

株式会社アットホーム北区営業所は、「株式会社 アットホーム」の営業所です。介護用品のレンタル・介護用品のリサイクル業を行なっており、介護用品の販売・住宅改修も行なっています。

詳細を見る

内装技研工業株式会社は、内装仕上工事を取り扱う会社です。大型商業施設、公共施設、教育機関など、さまざまな施設の内装仕上げを行っています。施工事例としては、読売新聞 東京本社、埼玉県立がんセンター、丸井 新宿店などがあります。

詳細を見る

実際の依頼例

屋根の塗装業者をお願いしました

北区における屋根の塗装業者の依頼例

よくある質問

屋根塗装の料金はどのくらいかかる?

屋根塗装費用は、「屋根の広さ」と「塗料」によって価格が変わります。セメント瓦の屋根塗装の塗料の価格は、シリコン塗料の場合は1平方メートルあたり約1,800円、フッ素塗料の場合は1平方メートルあたり約3,500円が相場です。例として、100平方メートル(30坪)の屋根でシリコン塗料を使用した場合の相場は約50万円〜です。シリコン塗料よりグレードが高いフッ素塗料を使用した場合は、フッ素塗料35万円と工事費用を合計して、約70万円前後が相場です。屋根塗装と同時に雨どいや破風板の塗装などを行う場合は、別途4万5千円ほどの費用がかかります。

ストレート屋根材の屋根塗装の塗料の価格は、シリコン塗料の場合は1平方メートルあたり約2,500円、フッ素塗料の場合は1平方メートルあたり約4,000円が相場です。金属屋根材の屋根塗装の塗料の価格は、シリコン塗料の場合、ガルバリウム鋼板は1平方メートルあたり約2,000円、トタンは1平方メートルあたり約2,500円で、フッ素塗料の場合、ガルバリウム鋼板・トタンどちらも1平方メートルあたり約3,500円です。

屋根塗装の依頼における注意点は?

天候の良い季節に作業を進めることができ、風雨の時期には塗装を進めることが難しくなります。梅雨が来る前、秋雨の前、雪が降る前など、業者が前もって作業作業計画を立てることができるよう、早めに屋根塗装の計画を立てましょう。

屋根塗装を依頼する流れは?

複数の業者に見積もり依頼を取り、業者を決定します。足場設置、屋根の洗浄、養生、下地処理、下塗り、タスペーサー挿入、中塗り・上塗り、養生取り、足場解体、完成の流れになります。塗料が乾く時間なども含めると、長い作業期間です。

屋根塗装業者の選び方は?

作業内容やかかる時間と費用をわかりやすく解説してくれる業者を選びましょう。コミュニケーションのとりやすい業者を選ぶことも大切です。また、屋根の色のアドバイスや、火災保険に加入している場合、風災補償で屋根塗装の費用をまかなうことができる場合があります。保険金は実際の工事費用を補償してくれるわけではなく、修理前の見積もり費用に対しての補償金額を審査します。このような情報を提供してくれるような業者を選びましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

火災保険に加入している方は、風災補償で屋根塗装の費用をまかなうことができる場合があります。火災保険は火災に対してだけではなく、落雷や風災などの自然災害にも適用されます。風災の対象は、台風・旋風・竜巻・暴風などで、例えば台風によって屋根が壊れて雨漏りが発生した、強風で屋根材が飛んでいったなどの事例が挙げられます。