神奈川県横浜市 神奈川区不動産仲介のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

神奈川県横浜市 神奈川区の不動産業者

ナイス株式会社/本社は、木材・建材など住宅建築用資材の販売、マンション・一戸建住宅の分譲、不動産仲介事業などを行っている建設会社・不動産会社です。

詳細を見る

東急リバブル株式会社鶴見センターは、不動産取引をおこなっています。不動産仲介業、新築販売受託業、不動産販売業をおこなっています。東急リバブルは、不動産流通に特化した会社として1972年に誕生し、それまで、主体だった売買仲介業に大手不動産企業として初めて進出し、以来、数々の先進的なサービス、業界の拡大と信頼性の向上に取り組んできました。

詳細を見る

有限会社シーズプランニングは、不動産仲介業を行なっている会社です。事業用、居住用、賃貸、売買、あらゆる物件を取り扱っており、地元鶴見だけでなく、神奈川県内どこでも対応しています。

詳細を見る

ナイス株式会社/開発営業部は、木材・建材など住宅建築用資材の販売、マンション・一戸建住宅の分譲、不動産仲介事業などを行っている建設会社・不動産会社の開発営業部です。

詳細を見る

ナイス株式会社/資材事業本部は、木材・建材など住宅建築用資材の販売、マンション・一戸建住宅の分譲、不動産仲介事業などを行っている建設会社・不動産会社の資材事業本部です。

詳細を見る

株式会社ツルダイ商事は、不動産仲介・管理業を行う会社です。そして、賃貸物件、事業用物件・売物件、月極駐車場、不動産相談窓口(資産運用されたい方・貸したい方・売りたい方)等を手掛けています。

詳細を見る

高橋徹司法書士事務所

ニューユーザー

鶴見区、JR京浜東北線「鶴見」駅より徒歩4分の司法書士事務所です。 当事務所では相続、成年後見、おひとり様サポート、老人ホーム紹介を中心にお仕事をさせて頂いてます。

詳細を見る

有限会社ケンコー社は、不動産業を行なっている会社です。鶴見・川崎を中心に京浜東北線・東急東横線・南武線・京浜急行線等の賃貸、売買物件を取り扱っています。

詳細を見る

ハウジング不動産は首都圏を中心に良質な中古住宅を買い付けリフォームを施し、中古再生住宅として販売しております。 また、賃貸営業部にて賃貸マンション・アパート等仲介管理業務を行っております。

詳細を見る

実際の依頼例

不動産業者をお願いしました

横浜市 神奈川区における不動産業者の依頼例

不動産業者が必要なとき

不動産とは

民法の定義によると、不動産とは“土地”と“土地の定着物”を指しています。なお、土地の定着物には建物、立木、橋、石垣などがあります。不動産は物件によって非常に高額となる場合もあり、個人間で取引をする場合はトラブルが起きてしまうことも少なくありません。そうしたトラブルを防ぐため、不動産を専門に扱う不動産業者が存在するのです。では、不動産業者に依頼できる業務にはどのようなものがあるのでしょうか。その業務形態について、以下で詳しくご紹介していきます。

賃貸・売買の仲介業

不動産に関する法律は多く、また契約に必要な書類や手続きも複雑なものとなっており、素人間での契約はリスクが高いとされています。そのため不動産の賃貸や売買において、それぞれ借りる側・貸す側と、買う側・売る側の間をとり持つのが、仲介業者の役目です。仲介業では、主にマンションやアパートなどの住宅、または店舗、事務所などの物件が扱われています。それぞれの物件において、個人同士や個人と法人、法人同士の取引を仲介します。また、既に建てられている一軒家の売買においては、分譲住宅事業や建販住宅事業とも呼ばれます。

賃貸管理業

マンションやアパートなど、賃貸物件において、その管理業務は幅広いものとなっています。入居者の斡旋や家賃の集金、駐車場・建物の清掃やメンテナンス、納税のための準備、さらには苦情や契約違反などのトラブル対応など、その業務は多岐にわたります。物件を所有する大家が管理業務を行っていることもありますが、管理業務には相当の知識とスキルを要するため、大変だという方もいるでしょう。賃貸管理業者は、そうした方に代わって適切な管理を行い、その資産価値を維持・向上させます。また賃貸物件のほか、空き家の管理を行う管理業者もいるようです。

不動産ディベロッパー

不動産ディベロッパーとは、土地や街全体を開発する開発業者を指します。マンションや戸建て、ビルといった建物だけでなく、リゾートなど、あらゆるものの開発に携わり、その指揮をとります。具体的には、戸建て住宅が集まる規模の大きい宅地や、マンション一棟の建設などを企画し、建設会社や行政機関との連携を取りまとめ、そのプロジェクトを進めていくという役割があります。

不動産コンサルティング業

不動産に関して、悩み事を抱える方は多くいます。「余らせている土地を有効利用できるのではないか」「マンションを建てたいがどのような場所にしたらよいか」など、その悩みも様々です。そうした不動産における個人・法人の悩みを解決するのが、不動産コンサルティング業です。コンサルティングではその不動産が適切に分析され、所有主に対し最適な運用方法をアドバイスしてもらえます。その領域としては、不動産投資、土地活用、建築、建物のリフォーム・修繕、物件の売買、節税対策、不動産の保険などがあります。特に、投資用の不動産を代わりに運用してもらうことをアセットマネジメントと呼び、これも不動産コンサルティングの一種です。

リフォーム・リノベーション

不動産の価値を高めるため、物件のリフォームやリノベーションを行う業者もいます。リフォームとは、老巧化しぼろぼろになった箇所を元の状態に戻すことを指します。対してリノベーションは、元々あったスペースを、使用する人のライフスタイルに合わせ、性能を向上させることで、新たな価値を生み出すことを指します。価値の下がってしまった物件でも、こうした工事によって、新たに賃貸物件や売買物件としての価値をつけられるのです。

サブリース

サブリースとは、賃貸物件の所有者から一括して全部屋を借り上げて、その賃貸経営を行う場合や、土地の所有者に賃貸物件を建てさせ、建てた物件を借り上げて賃貸経営を行う、いわゆる「又貸し」を指します。またこの場合、入居者の有無を問わず所有者には一定の賃料を支払うという形が多くとられています。そのため物件の所有者は、ローリスクで賃貸経営を行えるというメリットがあります。

相続対策

相続財産の一つとして、生命保険の代わりに土地やマンションなどの不動産を購入する方も増えています。しかし、不動産相続は複雑で、結果として相続における権利関係が混乱してしまうことも少なくありません。複雑に権利の絡んだ土地は、トラブルの火種ともなってしまいます。そうした複雑な不動産相続において、事前に対策を行ったり、発生したトラブルの解決を行ったりしてもらえる業者がいます。場合によっては、権利を証明するための不動産登記や相続登記が必要になることもあります。そうした場合は司法書士といった士業も交えながら、不動産相続における手続きをサポートしてもらいます。

よくある質問

不動産業者の料金はどのくらいかかる?

賃貸・売買の仲介業者の場合、支払う仲介手数料の上限額は法律で定められています。下限は決められていないため、手数料無料としている業者もいます。賃貸の場合、借主が支払う仲介手数料においては、原則「家賃の半月分+消費税」が上限となっています。売買の場合、売買価格が200万円以下の場合は「売買価格の5%+消費税」、200万〜400万円以下の場合は「売買価格の4%+2万円+消費税」、400万円を超える場合は「売買価格の3%+6万円+消費税」が売主・買主それぞれの手数料における上限となっています。また、そのほかの業務については内容によって大きく手数料が異なってきます。そのため、お問い合わせ時や業者のホームページでご確認ください。

不動産業者の依頼における注意点は?

不動産業で扱われる金額は大きく、そのため同じ領域の依頼においても、依頼にかかる料金やプラン内容は業者ごとに大きく異なります。また物件の査定においても、業者によって売買額は異なってきます。そのため、できるだけ2〜3社ほどの業者に同じ内容を依頼し、相見積もりをとることをおすすめします。同じ依頼内容に対する見積額や提案プランを吟味することで、より良い条件で契約することができるでしょう。またあまりに見積もりが安すぎる場合、後から追加料金が発生したり、サービス内容が不親切である可能性があります。そうした業者は避けたほうが無難でしょう。

不動産業者に依頼する流れは?

ここでは、どの業務においても共通している大まかな流れをご説明します。まずは業者に連絡を取り、ヒアリングの予定を調整します。ヒアリングでは、それぞれ依頼したい内容や探している物件、希望、予算などの詳細を相談します。その後ヒアリングをもとに、業者から物件やプラン、そしてその見積もりを提案してもらいます。見積もりに問題がなければ契約を結びます。契約後は、物件を借りる場合や購入する場合であれば入居に向けた手続きを進めます。またリフォームやリノベーションといった工事を依頼する場合、工事が開始されます。業務ごとに細かい流れは異なるため、詳しくはお問い合わせで業者にご確認ください。

不動産業者の選び方は?

不動産業者を選ぶとき、重要なのは担当者の人柄です。担当者の知識や段取りといった能力面ももちろん重要ですが、言葉づかいや対応の良さ、相性といった部分も大切となってきます。担当者の信頼に欠けるような業者は、そのサービス自体にあまり期待ができないからです。依頼人の立場に立って物事を考えてもらえる、もしくは専門用語もわかりやすく伝えてもらえるような担当者であれば信頼でき、その業者自体の信用にもつながると言えます。

その他気を付けるべきポイントは?

不動産業者に依頼する際、なぜその内容を依頼したいのか、なぜそれを希望するのか、という部分をしっかり伝えるようにしましょう。依頼の理由や背景を明確にすることで、担当者との認識のずれを防ぐことができます。また、不動産に関する事業は様々なものがあり、本来達成したいこととずれた依頼をしてしまう可能性もあります。依頼した背景を明確に示していれば、もしこちらが誤った依頼をしていた場合に、担当者にそのずれを指摘してもらえます。思い込みや勘違いをしたまま依頼することを防ぐためにも、こちらの考えは明確に伝えるようにしましょう。

こんな時も、不動産業者におまかせ

Q1:平日の日中は仕事のため連絡が取れないのですが、どうしたらよいですか。

A1:ご安心ください。不動産業においては、ほとんどの会社が土日も営業しています。お問い合わせの際、平日の日中は連絡を取れないと業者にご連絡されると良いでしょう。

Q2:あるホームページから見つけた物件を、別の業者に紹介してもらうことはできますか。

A2:はい、多くの業者がそのような場合にも対応しています。その業者の管轄エリアである場合は、別の業者が紹介しているような物件でも紹介してもらえることがあります。物件や業者にもよるため、その都度業者に確認されることをおすすめします。