ご自身のプロフィールですか?こちらから内容を更新しましょう
avatar

エクセル外国語カレッジ

tier new-user

東京都世田谷区

自己紹介

企業情報・自己紹介

■for Children ・小学生→英会話 ・中学、高校生→補習・受験 ■for Adalt ・大学生、社会人→英会話集中、資格コース ※言葉を習得するにはまず耳から <幼児> 幼い頃から父母の話す日本語に接し聞くことから言葉の習得を始める。 聞くことで左脳の「ウェルニッケ言語野」に言語中枢が形成されるが、言語によって中枢が明確に区分されている。 多言語を話すマルチリンガルな人のばあいも言葉の引き出しがたくさんあるタンスと同じ。ただ、この引き出しは「各国語を母国語とする人たちが通常に話すスピードで、大量に聞くことでのみ開発される。 ☆お子様を日英バイリンガルにとお考えでしたら左脳(日本語)と右脳(英語)を同時に鍛えることが必要です。つまり右利きや左利きでなく、ドラマーのように両手、両足使いのトレーニングが必要。 ※日本人の英語力はアジア最低 ネット社会への対応遅れ懸念 <学生> 今度は「ブローカー言語野」で発音と発生の話す中枢が作られていく。しかし言語は話せるのに、文盲の人がいるように実用としての言語は読み書きを含めたコミュニケーション能力のトレーニングが同時進行していないと形成されない。 <仕事> 更に実際のビジネスでは、外国語のコミュニケーション前提で、その先に丁丁発止の交渉ごとが待ち受けている。異文化がぶつかり合う交渉の現場では戦略的な考えに裏打ちされた説得力のあるなしが重要になる。