ご自身のプロフィールですか?こちらから内容を更新しましょう
  1. Zehitomo
  2. 行政書士
  3. 福岡県
  4. 大牟田市
  5. 千代川行政書士事務所
avatar

千代川行政書士事務所

tier new-user

福岡県大牟田市

自己紹介

企業情報・自己紹介

お客様からご依頼をいただける5つの理由 (1)一刻も早く建設業許可を取得したい要望に応えます! お問合せいただいた当日に無料相談ができます。 お仕事前やお仕事あとでも、都合の良いときにお伺いします。 (2)料金表の記載金額以外の費用は一切かかりません! 知事の建設業許可申請(一般/特定)の料金は税込み15万円です。 追加料金、交通費、日当の請求はありません。(県証紙代9万円は別途必要) (3)もしも許可が得られなければ、全額返金します! 金銭的なリスクはありません。(虚偽申告や取り下げの場合を除く。) (4)面倒な書類作成を任せるので、本業に専念できます! 許可申請書にかける時間を本業にあてれば、利益になります。 面倒な申請書の作成は、お任せください。 (5)許可取得後のサポートをしっかりします! 決算変更届や5年ごとの許可更新手続きもサポートします。 会社設立や産業廃棄物収集運搬の申請もサポートします。 経営コンサル(資金調達、助成金、税務、社会保険等)のサポートもします。 サービスの内容 建設業許可を中心に、各種許認可に関する手続をサポートします。 【建設業許可】 建設業許可申請 許可の更新 (決算)変更届 建設業会計 【経営事項審査】 経営事項審査 経営状況分析 【電気工事業者登録】 電気工事業者の登録 【産業廃棄物収集運搬】 産業廃棄物収集運搬 変更届 【経営コンサル】 資金調達 助成金申請 サービスの内容と料金表(一部) 知事許可(新規) 一般 150,000円 特定 190,000円(税込) 証紙代(一般・特定)90,000円 大臣許可(新規) 一般210,000円 特定 270,000円(税込) 証紙代(一般・特定)150,000円 ☆『知事許可』と『大臣許可』の違い 「建設業を営む営業所」が県内に1つしか無い場合は『知事許可』となり、他県に渡ってある場合は『大臣許可』となります。 「建設業を営む営業所」が2つ以上の都道府県にある場合には、それぞれ一つずつの営業所しかなくても『大臣許可』です。 ✩『一般建設業』と『特定建設業』の違い 『一般建設業許可』を取得すると「軽微な工事」以外の建設工事を受注することができます。『特定建設業許可』は、発注者から直接工事を受注する元請となり、下請に出す工事の金額の総額が4,000万円以上(建築一式工事の場合は6,000万円以上)の場合に許可を受けなければなりません。