avatar

トルーシュ音楽教室

tier new-user

東京都武蔵野市

承認済み個人情報

本人確認

電話番号

メールアドレス

自己紹介

企業情報・自己紹介

♪東京都武蔵野市・小平市のピアノ・ヴァイオリン・クラリネット教室♪ 個人レッスン、グループレッスン、インターネットレッスン、出張音楽レッスンは全て英語でも行っています。 音楽教育があなたと社会を豊かにしていく。これは決して過言ではないと思うのです。​ 経済や文化のグローバル化、社会や日常でのAI 導入でほんの一昔前では考えられないスピードで世界は急発展している中、次世代が豊かであり続けるための常識も変動し続けることと思われます。子供たちの未来だけに限らず、大人たち本人もこれらの変化が日々の生活や人間の形成にどんな影響をもたらすのか想像がつかなく、今までの社会を形成してきた常識や教育現場などが追いつかないスピードで変化が起こっている中、一体何をしていけば良いのかと実際に不安に思われることもあるかもしれません。 仕事や日常生活のあらゆるタスクが自動化される世界では、人間ならではの創造力​、発想力、表現力、感受性、思考力、身体表現などが社会の原動力そのものとなっていくのでしょう。これらのスキルを実際に幼いうちから育んでいけるのは身近な芸術、特に楽器演奏が一番優れているのではないかと思うのです。 楽器を練習して曲を仕上げて演奏できるようになるというのは実は様々な要素を同時に取り入れて研磨していく非常に難しく手間暇かかる作業です。 作品を演奏するにはまず作曲家が紙に残した作品を時代、作曲家の性格やスタイル、曲の経緯などを考慮して部分部分を細かくニュアンスなど含めて解読する作業の上、日々の練習で楽器を弾くに当たって養ってきた身体技術、いわいるテクニックを存分に活かして最大限に表現できるように少しずつ練習していき、弾きこんで自らの言葉となるまで馴染みを深くしていくという長々としたプロセスがあるのです。 ​楽器を弾く媒体である体の使い方を習得するだけでも少しずつ感覚と動作を非常に細かに意識しながら身体記憶に基礎として教えていくコツコツとした作業です。 ​その上練習してきた作品が芸術作品として成り立つには楽器の弾き手と聴き手というコミュニティの中で言葉では表現しきれないコミュニケーションが成り立つように表現力を身につけていき、聴き手の経験を構成していてやっと作品として成り立つのです。 毎日の練習の中で客観的に問題を把握して、良い習慣作りをしていく。新しいことを学ぶために己を知りながらも、今までの常識にとらわれずに順応していける魂を磨いていく。 ​​今後人生のあらゆる分野で活用できそうなスキルを楽器を練習する過程で体験して学べることにワクワクしませんか? ​楽器を練習することは楽なことでは決してないのですが、みなさんと少しずつ前進していく過程を精一杯祝福していきたいと思っています。それを生きがいにしている講師たちの元へ一度体験しに来てみてください。 ​心よりお待ちしています。

経歴・資格

全日本ピアノ指導者協会会員 ABRSM 英国王立音楽検定協会指導者会員 米国ピアノ指導者団体 American College of Musicians 会員 指導歴20年

依頼を出そう(無料)

質問に回答し、お願いしたい仕事について教えてください。

その後、あなたに合ったプロから見積もりが届きます。

仕事をお願いしたい方を見つけたら、採用してください。