avatar

名古屋BEGビジネス英会話ジム

tier new-user

愛知県名古屋市 中村区

承認済み個人情報

メールアドレス

自己紹介

一言PR

出会った人全員に英語を話せるようになってもらいます

企業情報・自己紹介

名古屋BEGビジネス英会話ジム パーソナルトレーナー兼代表の田波典子です。 当ジムは、 「学生時代の勉強はそこそこできたけど、英語だけは話せるようにならない。でも今は仕事が忙しくて時間が作れず、何をやったらいいか調べる時間もない…」 と言うビジネスパーソンが、戦略的・計画的な英語学習方法に基づいた課題を毎日こなしレッスンを受けるだけで、最短90日でビジネス英会話が話せるようなるビジネス英会話パーソナルジムです。 実際に私が指導した生徒さんから、こんな感想をいただいています。 「今年に入って決まったアメリカ出張を機に『英語を勉強しよう!』と腹をくくりました。結果、90日前の自分とは比べ物にならないくらい、外国人と話すことに抵抗がなくなりました。 自分の話したいことがとっさに出てこなく、もどかしくなることもありますが、単語を繋げてなんとか伝えることができています。 同僚たちからは『いつの間にそんなに話せるようになったの?』と驚かれています。コロナでアメリカ出張は延期中ですが、あのとき『英語を勉強しよう!』と決断しておいて本当に良かったです」 もし、この方が決断しなければどうなっていたでしょうか?アメリカに出張すれば話せるようになる?多くの場合、出張は仕事であり英語の勉強の場ではありません。英語ができない状態で海外出張に行ったらどう思うでしょうか? 「もしあのときから英語の勉強を続けていれば…」と思ってしまうのです。 過去に英語を勉強しようと思ったことがある人で、「もしあのときから勉強をし続けていれば、今ごろは英語が話せるようになっていたなあ…」と思う人は、実際とても多いです。 私の教えた生徒さんにもこのように話される方は多く、悲しくなってしまうことがあります。だから私はいつも皆さんに言っています。 いつでも、英語を始めるタイミングは「今」がベストなんですよ、と。 だから、 「もしあのとき勉強を続けていれば、今は英語が話せるようになっていたなあ…」 とあなたが思うようであれば、当ジムはピッタリです。なぜなら、英語は継続すれば誰でも話せるようになるものであり、当ジムは「継続できるビジネス英会話ジム」だからです。 さらに、正しいやり方で英語を学べば短期での習得も可能。当ジムは「正しいやり方の学習・継続ができるビジネス英会話ジム」です。これから「継続して英語を勉強し、短期間で話せるようになりたい」あなたにピッタリなのです。

経歴・資格

私は中学時代は英語が得意でしたが、高校時代で転落し苦手になって以降、英語とは全く関わりを持たずに生きてきました。 大学卒業後、英語が全く話せないままアメリカに3か月旅行し、アメリカで働きたい!と決意。帰国後、働きながら英語の勉強を始めました。 その当時はインターネットは電話のダイヤル回線でした。WiFiなんてありません。もちろんスマホやタブレットm、アプリやYouTubeも、便利な英語ブログなども。なーんにもない時代でした。 私が頼ったのは、NHKのラジオ英会話と数少ないネイティブの友人、そして大手英会話スクール。 朝は5時に起き、出勤前にNHKのラジオを周波数を合わせて聴いていました。ガーガーピーという雑音交じりでしたが真剣でした。信じられないかも知れませんが、たった20年前の話です! 残業して夜8時。それから英会話学校のレッスン。帰ってきて夜中までまた勉強。朝はまた5時に起きて…の繰り返しの毎日。週末はネイティブの友達と英会話のレッスン。毎日必死でした。 2年ほどそんな日々を過ごした後、無事にアメリカ企業で働くことが決まりました。私が必死に英語を勉強した20年前に「こんな英語の学校があったらよかったなあ…」という想いも、この当ジムのベースの一つになっています。 アメリカでは、はじめは全く英語が聞き取れず&通じずで苦労しました。しかしその経験を経て、英語で自分の意思を伝える力、相手の言うことを理解する力を飛躍的に伸ばしました。 また、さらに英語力磨くため、仕事帰りに現地コミュニティカレッジの夜間英語クラスに通い、外国人の友人をたくさん作りました。 帰国後は、名古屋にある貿易会社の海外営業として世界中の顧客とやり取りをし(主にメールや電話、たまに出張)その業界では珍しい女性営業として5年間勤めました。またこのときに、営業だけでなく貿易事務業務も身に付けることができました。 その後転職し、ベトナム人技術者を日本企業へ紹介・斡旋する仕事をしていました。同時に、ベトナム人のビザ申請手続きをしたり、来日したベトナム人への日本語指導をしたり(日本語教師養成講座420時間コースを修了しました)、ベトナムでの技術者採用や面接に同席したりしていました。ハノイへはよく出張していました。フォーの美味しいお店に詳しくなったりもしました(笑) その後、周囲の希望から知人友人に英語をオンラインで教え始めました。その後名古屋にある英会話スクールにて英会話講師として働いていました。 そして英会話講師ではなく「英会話のパーソナルトレーナーになろう!」と決断し、この名古屋BEGビジネス英会話ジムをスタートさせました。 英会話スクールに通ったことがある方なら分かってもらえると思います。英語を学習していく上で最も大きな壁になるのは、あなたの学習意欲でも英語の難しさでもありません。それは「継続すること」です。 当ジムでは「英語を継続しやすくするための仕掛け」をたくさんレッスンのなかに組み込んでいます。 こう考えたことはありませんか? 「もしあのときから継続さえしていれば、今頃は英語が話せるようになっていた…」 そう思えるようでしたら、当ジムはあなたにピッタリのスクールです。 当ジムのコースは90日間~です。なぜなら「英語は正しいノウハウと管理の下で『継続』できれば、90日間で誰でも話せるようになる」と考えているからです。

お仕事で心がけていること

アメリカ企業での勤務経験を経て帰国し、日本企業で海外営業などに携わった後、名古屋にある英会話スクールの講師として働いていた頃。英語を教えることを生涯の仕事にしたい!と考えていました。 しかし問題がありました。 私は目の前のことは全力でやる性質で、手抜きはしない、というかできません。前の同僚にも「いつも豪速球ストレートを投げてるよね。たまには変化球とかスローボールも投げないと心身もたないよ」と言われていました。 なので、「英会話講師」の仕事にとても違和感があったんです。なぜなら、英会話だけを教えても、生徒さんは英語を話せるようにならないからです。 誤解のないようにお伝えしておきますが、英会話講師は素晴らしい仕事です。文法や発音を修正してあげる、新しい単語を教えてあげる、根気よく生徒さんの英語に耳を傾ける。 でも、英語を話せるようになるにはそれだけではダメなんです。やはり必要なのは生徒さん自身の「自己学習」。英会話スクールで会話し、自宅で自己学習をして英語力をつけて行くのがベストですが、なかなか思うようにはいきません。皆さんも思い当たることがあるのではないでしょうか? あるとき、一人の生徒さんに大量の宿題を出しました。そしてレッスンで厳しくチェックし、できなかったところを徹底的にやり直しました。好評(?)だったのでそれを続けた結果、その生徒さんから非常に感謝されました。 彼は3ヶ月間限定でスクールに通っていたのですが、私はその3ヶ月後に彼がどうなるか非常に心配でした。スクールが終了したら英語を勉強しなくなるのではないか?3ヶ月で話せるようになっても、継続しないと忘れてしまう。となると、この3ヶ月間が無駄になってしまわないか? なので彼にはいろんな手法を提案し、お勧めしました。 「こんな勉強法があるよ、こういうやり方もあるんだよ。これをやってみたら?あれを試してみたら?それなら合うと思うよ。レベルはこれくらいのものを選ぶといいんじゃない?」などなど。 大手英会話スクールなら次のレベルのコースをお勧めするでしょう。でも私はそうしたくはありませんでした。だって自己学習を積まないと英語を話せるようにならないのだから。それに英語の基礎や勉強方法や教材・テキスト分かったら、あとはその人次第です。 彼は独立したビジネスパーソンで、自分のビジネスを世界展開していきたいと考えていました。なので英語が必要なのです。 私はその想いに共感しました。なのでどうしても彼には英語で困らないようになって欲しかった。それには彼自身が英語の勉強を続けるしかない。 どうしたら?どうしたらいい??私にできることはなんだろう? こんなことを考えてずっとレッスンをしていました。 最後のレッスンにいただいた言葉は、 「3ヶ月間、楽しいレッスンをありがとうございました」 あんなに厳しかったのに、宿題を出したのに、彼は楽しかった!英語を勉強するのを楽しかったと言ってくれたんです!こんなに嬉しいことはありませんでした。 そして目からウロコでした。 この時に私は決めました。 私は英会話講師ではなく英会話トレーナーになる!と。 一対一の「ビジネス英会話パーソナルジム」を作って、生徒さんたちと全身全霊で正面から向き合い、出会った生徒さんには絶対に英語を話せるようになってもらおう、と。 それが私の生徒さんとの向き合い方。そして英語指導への姿勢となっています。

アルバム

アルバム

依頼を出そう(無料)

質問に回答し、お願いしたい仕事について教えてください。

その後、あなたに合ったプロから見積もりが届きます。

仕事をお願いしたい方を見つけたら、採用してください。