長崎県ポールダンスレッスンのプロが近くにいます

どちらでポールダンス教室をご希望ですか?

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

長崎県のポールダンス教室

スタジオでは4歳のお子様から中高生・中高齢者・妊産婦・スポーツ選手など、さまざまな目的に合わせた健康運動のレッスンを行っております。 エアロビクスやマタニティビクス・空手・ヨガ・ダンスなど運動の種類は多岐に渡ります。

. . . (もっと読む)

実際の依頼例

長崎県におけるポールダンス教室の依頼例

ポールダンス教室をお願いしました

 長崎県長崎市

依頼カテゴリ
ポールダンスレッスン


詳細
本人が興味があるようです


ポールダンスとは

起源

ポールダンスは、ダンス用に立てられた垂直なポールを使って踊るダンスや体操の一種です。

ポールを使用したスポーツに、800年以上前からインドに伝わるポールマラカーンブがあります。記録に残るものでは、アメリカで1968年に行われたパフォーマンスが一番古いポールダンスという説が一般的です。

ポールダンスはその後1980年代以降徐々に広がりを見せ、芸術としてもエクササイズとしても普及していきます。ショーダンスとしてダンサーが躍るほか、2005年頃からはポールダンス大会も各国で開かれるようになりました。

さらに競技スポーツとしての発展を遂げ、2012年からスポーツとして競うものは名称をポールスポーツとし、数々の選手権大会が行われています。

特徴

ポールダンスは官能的な側面が際立ちます。しかし実際は、ポールを使い回転、上り下り、倒立など器械体操のような技を組み合わせて踊るため柔軟性や筋力、非常に高度な技術が必要です。女性ダンサーだけでなく、男性ダンサーも活躍しています。

ポールダンスの楽しみ方

個人レッスンやグループレッスンを受講する

個人レッスンは、仕事の都合などで定期的に通えない、自分のペースで習いたいなど、他の人を気にせずに練習したい人におすすめです。

グループレッスンは同じレベルの人たちと和気あいあいと楽しめるほか、一緒に練習をする仲間、レッスンに通える仲間ができるのでレッスンが続きやすいという利点もあります。

発表会や大会に出場する

上級レベルになるまで練習し、各大会に出る目標を持つこともできます。ポールダンスの大会として、2008年からMISS POLE DANCE JAPANが始まり、2015年からはPOLE THEATRE JAPANが開催されています。優勝者は世界大会であるPOLE THEATRE WORLDに出場できます。

ポールダンスの各教室でも独自にショーや発表会が行われます。ショーや発表会を目標にするとモチベーションが上がり、実力アップにもつながります。いつもと違うメイクや衣装を着ることで、違った自分を発見できたり、人の前で演技をすることで心地よい満足感を得ることもできます。

ポールダンス教室、レッスンの相場

月謝制よりもチケット制の料金システムが一般的です。チケット制は、まとめて買う方がお得ですが有効期限がそれぞれ設定されています。またほとんどの教室には入会金があり、5,000~15,000円程度です。

体験レッスン

体験レッスンの価格帯は約1,000~3,000円、時間は60分程度が一般的です。

グループレッスン

チケット制でのグループレッスンを受講すると、1回あたりのレッスンチケット代金の価格帯は約2,500〜4,300円です。レッスン時間は1回あたり60〜80分です。

月謝制でのグループレッスンを受講すると、月4回のレッスンで約8,000〜10,000円、レッスン時間は1回あたり75〜90分です。

個人レッスン

個人レッスンの1回あたりのレッスン料金は、4,500〜10,000円で、レッスン時間は1回あたり60~90分です。

レッスンの服装と靴

レッスンの服装と靴は、レッスン前に教室に問い合わせ、どのようなものを着用すると望ましいか確認しましょう。レンタルウエアのあることろもあります。レンタル代金は、体験レッスン時の無料サービスや、有料でも上下セットで300~500円くらいです。

持参する際はトップスはキャミソール、ボトムスはショートパンツとレギンスのような露出の多い服装が望ましいですが、他に受講生がいる教室やレッスンでは事前に他の受講者の平均的な服装を確認しましょう。

ポールダンスの衣装は、レオタードやビキニスタイルなどセクシーなものが多く露出が多いものが一般的で、肌の露出が多い方が安全で躍りやすいという理由があります。ポールはステンレスやスチールでできており布で触れると滑ります。しかし踊る際には体の一部が必ずポールに密着させ、体を固定する必要があり、肌の露出が多い方が安全で踊りやすいためです。

ポールダンスでは高さ17cm以上のヒールが良く履かれ、脚が長く見えダンスの見栄えが良い、ヒールが重りとなり脚が曲がらず真っ直ぐになるという理由があります。足裏を使う技もあるため、履かないこともあります。