和歌山県ピアノレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

和歌山県のピアノ教室・レッスン

習い事は、ピアノだけで十分です LINEお友達登録こちらから 個別にお話できます 和歌山でピアノ教室しています ヤマハ音楽振興会ピアノ講師 全日本ピアノ指導者協会 ピティナ和歌山支部 会員 大阪千里バスティン研究会 会員 音脳リトミック協会 会員 バスティンメソードを中心に楽譜が1人で読めて好きな曲が弾けるようになる事を目指して指導しております。

詳細を見る

やすだピアノ・声楽教室

5.0
starstarstarstarstar
ニューユーザー

幼児から大人まで(音大進学まで)指導いたします和歌山市北出島でピアノ教室をひらいています。ピアノ、声楽、コンクール、リトミック、ソルフェージュ、ヤマハグレード、音大受験に対応しています。

詳細を見る

生徒さんのニーズに合わせ楽しいレッスンをモットーに《音夢の風 ピアノ エレクトーン教室》 所在地:和歌山市 【レッスン内容】 教材・・ピアノ バスティン・エレクトーン jet教材 使用楽器・・ピアノ G2・エレクトーン STAGEA ELS-02 D- deck レッスン形態・・年間42回or1レッスン制 レッスン時間・・30分or45分 対象年齢・・・3歳以上 レッスン形態・時間については生徒さんの都合に合わせ、無理のないレッスンを心がけています。

詳細を見る

☆バイオリンを奏でる幸せを一緒に☆ 2歳~80代までの方が 「ワクワク&ドキドキ楽しく通ってくれています」 1曲だけ、1年だけの限定レッスン、可能 バイオリンレンタル制度あり 趣味の方から専門を目指す方まで ご希望により 音大受験、コンクール受験もお受けいたします 親子レッスン、兄弟姉妹レッスン 子連れレッスン可能 兄弟姉妹割引あり 幼児専門指導あり 障害児指導あり指導歴20年。

詳細を見る

ピアノの調律、修理を行います。音程を合わせるだけでなく、細部まで調整いたします。 スタインウェイの純正ハンマー等を組み込んだ独自の技術で、高品質のピアノをご提供いたします。

詳細を見る

和歌山県の楽器店・ヤマハ音楽教室です。 「総合音楽教育」の実践で、子どもたちの「音楽を楽しむ力」を育みます。 1歳から大人まで楽しくレッスンを受けて頂けます。

詳細を見る

実際の依頼例

ピアノ教室・レッスンをお願いしました

和歌山県におけるピアノ教室・レッスンの依頼例

よくある質問

ピアノレッスンの料金はどのくらいかかる?

ピアノ教室の体験レッスンの料金は、1レッスン30~60分程度で平均が約2,000円、価格帯は1,000~3,000円程度です。無料で体験レッスンを受け入れている教室も多くあります。大手音楽教室の月謝の平均は年間40回前後、1回30分程度のピアノレッスンで、月謝の価格帯は7,000~12,000円程度です。入会金や運営管理費が別途かかります。

個人のピアノ教室の月謝の平均は年間40回前後、1回40分程度のピアノレッスンで約9,000円、価格帯は6,000~14,000円です。入会金や冷暖房費、設備費が別途かかることがあります。

ピアノレッスンの依頼における注意点は?

ピアノだけでなく、楽器演奏や勉強などは、先生に教えてもらう時間と、自分自身で自学自習や自己練習をどれだけ行うかによって上達が変わってきます。レッスンで教えてもらう、教えてもらったことをもとに反復練習を重ねる、次のレッスンで先生に披露して添削してもらう、ということを繰り返します。ピアノを有料で弾くことのできるレンタルスタジオもありますが、自宅にピアノを買ったほうが練習ははかどります。本格的に上達を目指す場合は購入も検討しましょう。

世界3大ピアノメーカーとして有名なのは、アメリカのスタインウェイ&サンズ、 オーストリアのベーゼンドルファー、ドイツのベヒシュタインです。これに、ドイツのブリュートナーを加えて世界4大ピアノメーカーとすることもあります。その他には、ドイツのシュタイングレーバー&ザーネ、ザウター、アウグスト・フェアシュター、グロトリアン、スタインブルグ、ペルツィーナ、アメリカのボールドウィン、エセックス、イタリアのファツィオリ、エストニアのエストニア、チェコのペトロフ、韓国のヤンチャンなどがあります。

日本のピアノメーカーで代表的なものは、ヤマハとカワイです。ヤマハは世界で最もシェア率が高く、カワイは第2位です。その他にも東洋ピアノ、シュバイツァ技研、クロイツェルピアノ、エスピー楽器製作所、ウイスタリアピアノ製作所などがあります。

電子ピアノを製造している主要なメーカーは、ヤマハ、カワイ、ローランド、コルグ、カシオです。

ピアノレッスンを依頼する流れは?

複数の先生や教室の体験レッスンを比較して、先生の雰囲気、楽しく続きそうかなどを比較しましょう。音楽関連の学科に進学したい、音楽大学への進学を考えている、などの目的がはっきりしている場合は、教室や先生も「進学させた実績」のある先生や、先生自身が卒業生である、受験に必要な科目をしっかりと教えてもらえるかどうかなどを確認しましょう。いくつかの教室や先生との相性を比較して1箇所に絞ったら、まずは数ヶ月通ってみましょう。体験レッスンではわからなかったポイントが見えてきます。体験レッスンで比較して、数ヶ月通ってみてわかることはたくさんあります。まずは数ヶ月、続けてみましょう。

ピアノレッスン業者の選び方は?

まずはいくつかののピアノ教室で体験レッスンを実施しているので、参加してみましょう。体験レッスンの参加有無や内容についてメールや電話などで問い合わせをしてみます。体験レッスンは、まずは入会前にその教室の雰囲気を掴むためにもぜひ利用してみます。レッスン開始から終了までの流れや教材の内容、ピアノの調律の状態などを前もって確認ができます。

なぜ体験レッスンに参加したほうがいいかというと、先生との相性も大切だからです。特に生徒が幼児や子供の場合、優しい先生でないと萎縮してしまう子、少々厳しい方がきっちりやれる子など子供の性格も様々です。本人にとってより良い環境でレッスンができるよう考慮します。また、ピアノを通じて音楽の基礎をしっかりと学びたい、若しくは将来的に子供に音楽を専門的に学ばせたいなどの展望がある場合は、音楽の根幹となるソルフェージュの指導を積極的に行っているのかなども、判断の基準になるでしょう。

生徒が大人で、習いたいピアノのジャンルがはっきりしているのであれば、先生との対人的相性の他にも音楽的な相性も考慮します。例えばジャズピアノを習いたい、古典的なクラシック曲を覚えたい、もしくはポップスやその他の特定のジャンルの曲を中心に習得したいという希望が明確なのであれば、先生のこれまでのバックグラウンドや音楽的傾向が重要です。

その他気を付けるべきポイントは?

ピアノレッスンに通うのが子供の場合、親による定期的な送迎に負担の少ない場所か、または一人で通える年齢の子供であれば、安全に行き来できる場所であるかも大切です。大人であれば、自宅や職場、最寄駅や利用する駅に近いかなど、ストレスなく通うための音楽教室の立地は要検討しましょう。通いやすさが続けやすさに繋がります。