長野県佐久市写真撮影のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

長野県佐久市の出張カメラマン・フォトスタジオ

casha casha

5.0
starstarstarstarstar
シルバー

自然の中で自然な表情を撮影することが大好きです!初めまして、こんにちは。 ○撮影内容 ウェディングのスナップ撮影やロケーションフォト、また家族写真や七五三など出張撮影いたします。

詳細を見る

ご成人記念の成人式前撮り、七五三、記念日、プロフィール写真など、スタジオ撮影を承ります。 1面のみのコンパクトなスタジオですが、最低2灯〜複数灯のストロボを最適な配置で使い、お客様のご要望に沿った演出が可能です。

詳細を見る

あなたのステキに寄り添ってキラリを写します✨小諸市在住 調和を写し出す ナチュラルフォトグラファー 9歳6歳の母です。 自宅2階にフォトスタジオ空間を持ち マタニティや1歳までのお子様が安心してお撮り頂けるスペースをご用意しております。

詳細を見る

内藤秀和写真事務所

ニューユーザー

2003年〜 婚礼撮影がメインですが、取材や広告撮影など、ご要望にお応えしながら活動しています。2003年より、今までに900組以上のカップルの撮影に携わらせていただきました。

詳細を見る

長野県北佐久郡軽井沢町にある、長年愛され続けている美容院です。伝統のある歴史と、技術力のあるスタッフが備わっております。ヘアー・メイクから、御婚礼の衣装など承っております。

詳細を見る

創業50余年、インターネット接続やパソコンの修理、トラブルならお任せください。 インターネットのセッティング・指導出張や、パソコンのデータ救出、ウィルスの駆除・対策などを出張サポートいたします。

詳細を見る

実際の依頼例

出張カメラマン・フォトスタジオをお願いしました

佐久市における出張カメラマン・フォトスタジオの依頼例

よくある質問

写真撮影の料金はどのくらいかかる?

写真撮影の料金は、数万円〜数十万円と幅が広いです。例えばポートレート写真やカップル・家族など10名以下の被写体を撮影する場合の相場は、データ受け渡しやプリントの料金などを含めても10万円以下で収まることがほとんどです。被写体が多い、会場が広い、カメラマンの拘束時間が長い、納品データの量が多いなど「多い、長い」状況は料金も比例して上昇する傾向にあります。例えば会社のパンフレットやウェブサイトを刷新するための写真撮影、結婚式、リゾート挙式に特定のカメラマンに出張してもらう、イベントで1日中拘束するなどです。また、専門機材が必要・スポーツの試合など、条件が特殊(屋外の特定の時間帯、光の強さがわからない、もしくは極端に眩しい場所、極端に暗い場所、被写体の動きが早く瞬間をとらえなければならない、撮影のタイミングが未定で張り込みなどを伴う、など)な場合も、条件の特殊さに応じてカメラマンの撮影技術やこれまでの経験が必要になるため、写真撮影の料金が上昇する傾向にあります。

写真撮影の依頼における注意点は?

写真を撮影することへのハードルは年々下がっています。カメラ機能付きのスマートフォンを所有でき、写真も動画も手軽に撮影できます。しかし特殊な条件下でしかりと撮影できるのはやはり撮影のプロフェッショナルであるプロカメラマンだからこそできることです。白い背景はハウススタジオなどの「感じの良い背景や環境での撮影」や、屋外の、光の当たり方が異なる場所での撮影なども、気合を入れ替えながら撮影を行うカメラマンだからこそ撮れる写真を撮影してくれます。写真撮影は、私たちも手軽にできそうですが、プロのようにうまくはできないことの一つです。少しでも「一度、プロに頼んでみようか」とお考えの場合は見積もりを取ったり、依頼してみるといいでしょう。

写真撮影を依頼する流れは?

複数のカメラマンに見積もり依頼を出して、条件などを比較しましょう。これまでに同じような状況の撮影をしたことがあるか、得意な状況は何かなど、実績や撮影作品なども見せてもらいましょう。1社(1名)に決めたら撮影内容などをメールでやりとりして、撮影当日に滞りなく終わったら、データやプリントした写真を送ってもらい、支払いも完了したら終了となります。

写真撮影業者の選び方は?

これまでの実績、口コミ、撮影までの説明のわかりやすさや、料金のわかりやすさなどから選びましょう。「子供の写真を撮影した実績がある」というカメラマンでも、動かないようおすまししてじっと座っている子供を撮影することと、公園や旅行先などで動き回ったり走り回ったりしている子供たちの撮影をすることは状況が異なります。スタジオ撮影に慣れているカメラマンと、イベント会場で暗い場所や極端に照明が強い場所などを撮影し慣れているカメラマンも少々異なります。自分が依頼したい撮影状況下での撮影に慣れているカメラマンを選ぶといいでしょう。また、拘束時間が長い、数日かかる、何度も打ち合わせをする、そのような時は話しやすく人柄が良いカメラマンを選ぶと良いでしょう。

また、プロカメラマンの撮影する写真は素人とは全く異なりますが、カメラマンには特に国家資格などはありません。受賞歴やこれまでの作品も見せてもらいましょう。カメラマンの実績やこれまでの経歴に応じて、得意なジャンルは異なります。撮影シーンは、建物・物・人物・料理・動物・イベント・スポーツなど多様です。また受賞歴や、美術系の学校や大学に通った人、写真の専門学校に通った人、著名な写真家に師事した人、個展などを開いたことがある人、SNSを運用している人、撮影後にしっかりと加工を入れる人入れない人、写真集の出版歴がある人、などカメラマンや写真家が持っている経歴や実績は異なります。

その他気を付けるべきポイントは?

写真撮影はスマートフォンでもできますし、高性能なカメラを購入することもできます。しかしプロカメラマンに撮影を依頼すると、自分や家族や友人や同僚や大切な人たちが、その空間で自然体で過ごしながら被写体として写真に収まることができます。迷う場合は見積もりや相談をしてみて、写真撮影を依頼してみると良いですよ。