大分県イベント撮影のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

大分県のイベント撮影カメラマン

加藤 達彦

5.0
starstarstarstarstar
ニューユーザー

東京でカメラマンのアシスタントを5年、のちにフリーとなり4年活動。静物撮影や花卉撮影などをメインとしながらもポートレートやアニバーサリーの撮影、イベントスナップ等撮影経験は色々とあります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

佐田 真由美

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

女性です。子供に警戒されないよう心がけています。はじめして。佐田真由美と申します。大分県で写真撮影を行なっております。デジカメ中心ですが、LOMO LC-A+にてフィルム写真でも撮影可能です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

大分でいいカメラマンを探している?それなら・・。大分在住の医学生/フォトグラファーです。 私の強みとしては「どんな写真も高クオリティに!」です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

マリアージュ

ニューユーザー

ウェディングフォト ポートレート スクールフォト チャイルドフォト コマーシャルフォト イベントフォト別府市観光協会ポスター撮影 ホテルパンフレット撮影 専門学校、高等学校、中学校卒業アルバム撮影 。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

本社は九州ですが月の半分は東京水天宮事務所に在京しています。 拠点がLA・東京・大阪・九州にあり、通常は全国および海外の案件に対応しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

PA:(koron)

0
ブロンズ

シンプルで綺麗めな主役に目がいく写真主題と副題があれば2つを引き立てた写真を提供出来ます。 主題と副題はどんなものでも構いません。期待に出来る限りお応えします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

HAL.

ニューユーザー

写真撮影 人の笑顔を引き出すのは “ 得意 ”です 自然な表情など撮ることを心がけています友人に依頼されマタニティーフォトやお宮参りの写真を撮影させて頂きました 公園やいちご狩りなどでの自然なお子様の表情なども撮らせて貰っています 資格などはなく独学でさせて頂いています 写真を気に入って貰えたら撮影依頼頂けると嬉しいです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

21歳より長年培ってきた現場での経験値を活かします舞台の音響・照明の仕事を始めて20年。実績と信頼で、ご希望に応じたサービスを提供いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

いしい つねき

ニューユーザー

tesutotesuto

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

イベント撮影カメラマンをお願いしました

大分県におけるイベント撮影カメラマンの依頼例

よくある質問

イベント撮影の料金はどのくらいかかる?

イベント撮影の料金は、1時間で20,000円程度、2時間で34,000円程度、3時間で40,000円程度、4時間で60,000円程度、延長1時間につき10,000円程度が目安です。会場や場所によって往復の交通費などの出張費が発生することがあります。キャンセル料は、早いところでは10日前から発生します。当日キャンセルの場合は、料金の100パーセントがキャンセル料となることがほとんどです。屋内の照明の程度により、ストロボ使用料が別途発生することもあります。特に、当日の天気に左右されやすい屋外でのイベントの場合は、悪天候による急なイベント中止の可能性も考慮しましょう。

イベント撮影の依頼における注意点は?

イベントの開催時間が長ければ、カメラマンの拘束時間も長くなり料金も増額となります。さらに拘束時間には撮影だけでなく、撮影に必要な機材のセッティングなども含まれていますので、拘束時間=撮影可能時間ではありません。撮影に必要な機材のセッティングや撤去に短くても〜20分は見込んでおきましょう。大体のイベントの所要時間をお伝えします。式典などは1時間~1.5時間程度、ピアノやバレエの発表会は3時間~4時間程度、結婚式の二次会は2〜3時間程度、企業の謝恩会・歓送迎会・退職パーティーなどは2〜3時間程度、入学式・卒業式・謝恩会などは1時間~3時間程度、お祭りや地域のイベントは3時間~10時間程度の拘束時間です。

また、プロカメラマンが納品してくれる写真のカット数は撮影時間により変わります。料金が納品カット数に応じて変わることもあります。拘束時間による平均カット数は、1時間40カット前後、2時間90カット前後、3時間150カット前後、4時間200カット前後です。

イベント撮影を依頼する流れは?

イベントのスケジュールに対して、どのような写真を撮影してもらいたいのかを主催者側であらかじめ確認しておきましょう。その上で複数の会社やカメラマンに見積もり依頼を取り、条件や内容を比較します。これまでの実績も確認しましょう。1社に絞ったら、守ってもらいたい服装やTPOなども伝え、撮影可能場所や立ち入り可能場所も地図などを渡して撮影当日までにカメラマンに伝えておきましょう。契約書を交わさない場合は、契約内容や支払い条件をメールでやりとりするなど齟齬がないように形に残しておきます。全ての撮影やデータの納品、支払いなどが完了したら終了となります。

イベント撮影業者の選び方は?

カメラマンに「これまでの、イベント撮影の実績」を確認しましょう。例えばスポーツ系の写真を撮影が得意なカメラマンと、展示などの静止物の撮影が得意なカメラマンなど、カメラマンによって得意な被写体が異なります。来てもらいたいイベントで「どんな被写体を、撮影して欲しいのか」「これまでに、同様の撮影経験があるか」を確認しましょう。

イベントはやり直しができないため「プロの、イベント撮影経験のあるカメラマン」に出張撮影を依頼すると安全です。例えば式典や行事は、目的やテーマがわかるように、看板、横断幕、受付の様子なども撮ってもらいます。参加者の表情をクローズアップしたり、引いて撮影したりと、プロのカメラマンであれば加減がわかっています。逆に、加減や撮影のポイントがわかっていないほぼ素人に近いようなカメラマンに撮影を依頼するのはリスクがあるかもしれません。

その他気を付けるべきポイントは?

イベント撮影では、カメラマン用の座席や場所の確保が大切です。カメラマンにとってのベストポジションなどを会場運営者に聞き、その位置を確保します。