新潟県マタニティフォトのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

新潟県のマタニティフォト撮影カメラマン

Eternal Moment

4.8
starstarstarstarstar
シルバー

撮る側も撮られる側も皆が笑顔のカメラマンです😀各種イベント、パーティー、プロフィール写真、ポートレート、家族写真、会社店舗案内等々、永遠の思い出として残したいシーンや色々な人に見て頂きたいものを美しく撮影します。

詳細を見る

新潟県長岡市を拠点にしている、フォトスタジオです。 人物、イベント、広告等のスチール撮影全般にご対応いたします。 またスタジオでは、各種ポートレートや商品撮影も可能で、スタジオ前の公園ではロケーション撮影もできます。

詳細を見る

空から 世界へ 映像を通じた情報発信ドローンによる空撮を中心とした映像制作を行っています。企業案内を始めとした各所PR動画、YouTube動画制作も行っております。

詳細を見る

赤ちゃん写真や七五三、入園・入学などお子様の記念撮影から、成人式、結婚式やフォトウェディング、ご家族の記念写真から証明写真まで、確かな技術とサービスでお客さまにお写真を提供いたします。

詳細を見る

umes photo

0
ブロンズ

結婚式場やテレビ局、スタジオカメラマンを経てフリーランスのカメラマンをやっております。 ブライダルや子供撮影、成人式、記念撮影等モデルや被写体の自然な動作、表情を大切にして撮影をしております。

詳細を見る

株式会社アトス

ニューユーザー

写真撮影全般、ビデオ撮影、TVCM制作、TV番組制作をやっております。 30年以上の経験を生かしリーズナブルな提案を、させていただきます。 代表の中沢は、特に写真撮影に長けており、オーディション用宣材写真、カタログ、パンフレット写真などを他社に負けないクォリティで提供いたします新潟県写真家協会理事 新潟県発刊、フォレストマガジン オフィシャルカメラマン 新潟日報事業社発刊、ふれっぷカメラマン 四季の写真コンテスト グランプリ、 新潟県美術展覧会 奨励賞他、受賞多数。

詳細を見る

EN studio works

0
ニューユーザー

楽しかったと言われる写真撮影を!写真を通して人が喜ぶこと、感動すること、楽しんでもらえることをやろう」 と思い、人と人を繋ぐスタジオフォト、ブライダルフォトを始めた。

詳細を見る

フォト婚・家族写真・広告 気軽にご利用できます新潟県西蒲区にあるフォトスタジオ コマーシャル、ブライダル、ファミリー、イベント等の出張撮影など どなたでもお気軽にご利用できます。

詳細を見る

佐藤 直幸

ニューユーザー

自然な雰囲気を何より大切に撮影します!ご覧頂きありがとうございます。 元バンドマンのブライダルフォトグラファーです。 主にウェディングのスナップ撮影にロケーションフォト、家族写真に七五三、またライブ写真なども承ります。

詳細を見る

カサイスタジオ

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

カメラマン歴40年の経験と技術で欲しかった納得のいく写真を撮影します。(協)日本写真館協会、日本写真文化協会

詳細を見る

コダカメラ

ニューユーザー

お客さまに満足して頂ける写真を提供し。 お客さまに感動して頂ける写真を提供。30年強の撮影経験があり赤ちゃんからエンディングフォトまで撮影します。

詳細を見る

本間 修一

ニューユーザー

成人式の前撮りを年間200組撮影しています。 ナチュラルな表情を描写するのが得意です。成人式前撮り他ポートレート、人物撮影が得意です

詳細を見る

実際の依頼例

マタニティフォト撮影カメラマンをお願いしました

新潟県におけるマタニティフォト撮影カメラマンの依頼例

よくある質問

マタニティフォトの料金はどのくらいかかる?

マタニティフォトを写真スタジオで撮影する場合、地域や内容によって差がありますが、平均して費用は3~6万円程度のことが多いです。

写真スタジオによってヘアメイクや衣装レンタルのサービスが含まれている場合とそうでない場合があります。カット数に応じて料金が変わることもあります。またデータのみでの納品か、プリントした写真をフォトフレーム・台紙・パネル・アルバムなどを付属させる場合は料金が高くなる傾向にあります。

屋外でのロケーション撮影や自宅への出張撮影はカメラマンの交通費がかかることが多く、屋外での撮影は場所によっては撮影許可取りや、本格的なスタジオを借りる場合はスタジオレンタル費がかかることもあります。

マタニティフォトの依頼における注意点は?

まずマタニティフォト撮影を依頼したい側は、「マタニティフォトを撮影したい」という気持ちが先行して無理のあるスケジュールを組まないようにしましょう。母体の健康が最優先です。体調が悪い時、優れない時に無理なスケジュールを組まないようにしましょう。また、マタニティフォトの撮影場所として一般的なのは、写真スタジオでの撮影です。冷房や暖房で温度管理ができる部屋の方が無理なく撮影できます。あまり張り切ったロケーション撮影をせず、スタジオ、もしくは無理のないロケーションにしましょう。

マタニティフォトを依頼する流れは?

カメラマンを決めるときは、テレビ電話や対面など、一度でも顔を合わせておくと安心して依頼できます。衣装にもよりますが、露出度の高い衣装を着るので、生理的に問題なく依頼できるカメラマンを選びましょう。カメラマンの過去の作品も見せてもらい、雰囲気の合う「こんな風に撮ってもらいたい」と思えるカメラマンを選びます。カメラマンを決めたらスケジュール、撮影場所、見積もり金額、データ納品の方法などを確認して撮影を行い、成果物を受け取り、支払いを完了します。

マタニティフォトカメラマンの選び方は?

男性カメラマンを選ぶときはまず会って話してみましょう。マタニティフォトは裸に近い、露出度の多い衣装も着ることもあります。これまでに撮影経験のある男性カメラマンであれば、「他の妊婦さんがこの人に撮影を選んだのだ」と安心できます。

またカメラマンにマタニティフォト撮影経験があれば、妊娠中の被写体を無理なくガイドできる屋外のロケーションや、いい写真の仕上がりになる、なおかつ妊婦に無理のないポーズやアングルなどをガイドできるか、「マタニティフォト」というまだ主流とは言えない撮影に慣れているか、子連れのマタニティフォト撮影など子供の相手もできるかなど、マタニティフォトの撮影経験があると安心できます。

その他気を付けるべきポイントは?

お腹にペイントをする「ベリーペイント」というものがあります。お腹の肉割れなどが気になる妊婦さんは、ベリーペイントをすることでうまくお腹の皮膚の様子などを隠しながらマタニティフォト撮影を楽しむこともできます。

ベリーペイントを施してくれる人は一緒に撮影もしてくれることもあるため、「カメラマンを探す」だけでなく「ベリーペイントのアーティストさんを探す」という方法でも、いいマタニティフォトのカメラマンが見つかるかもしれません。