長崎県マタニティフォトのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

長崎県のマタニティフォト撮影カメラマン

福永 庸一

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

長崎市在住のフリーカメラマンです。撮影ジャンルは多岐にわたり、結婚式、終活、慶事、家族等の各種ポートレートの出張撮影や、商品撮影等のモノ撮りにいたるまで各種対応いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

Holiday Photo Worksについて ホリデイフォトワークスは長崎を拠点に、 出張撮影をメインとした撮影サービスです。 主に、  ・記念写真撮影  ・ブライダル(スナップ撮影・アルバム編集)  ・広告写真・建築写真  ・写真撮影会 を行っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

稲田 純二

0
ブロンズ

男性、明るい、子供とのコミュニケーションが得意!!こんにちは、カメラマンの稲田純二です。 私は人の笑顔が好きで、カメラでそれを収めるのが人生の生き甲斐としてます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

※爽やかじゃない!と感じた場合、御代はお返ししますHaKaKaフォトの井手です。 わが子の保育園の運動会で、よそのお父さんに撮ってもらった息子の写真に感動したことがキッカケで、「自分でもこんな写真が撮れたらいいなぁ」と思い、カメラを始めました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

Photo studio 七海

ニューユーザー

ご覧頂き誠に有難うございます^_^ photographer ryojiとして活動しております! 主にドローンでの航空撮影や一眼レフでの撮影などを行いお客様の最高の一瞬を一生の思い出として残せるようにお客座目線で撮影などを行っております🎶 ドローンや一眼レフ他の撮影機材などを駆使してメモリアルムービーなども手掛けておりますので、気になる点や不明な点などがございましたらお気軽にお問い合わせください^ - ^ドローン撮影5年〔国土交通省承認許可済み〕 一眼レフ撮影7年。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

イメージに合った写真をお撮りします^^長崎・東京で活動しているフリーフォトグラファーです。 【得意分野】 ・ポートレート  →こんな写真が撮りたい!というイメージを伝えていただければイメージに合わせた写真を撮影します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

城崎 祥熙

0
ニューユーザー

日常の特別な瞬間をもっと身近に残しませんか?プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。 長崎県対馬市在住の城崎といいます♪ 長崎県対馬市をご存じの方はお分かりいただけると思いますが、 ここ対馬は九州と朝鮮半島に間にある離島になる為、 現在撮影対応可能エリアは長崎県対馬市のみと させていただいております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

長崎県長崎市の写真館です。 お子様の成長記録、成人記念、婚礼写真などの各種記念写真の撮影や、商品写真、複写・引伸、カラー名刺制作などを行っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

無人ヘリを利用した映像撮影から軽量物運搬、吊り上げ、河川調査、上空放射線測定など幅広い業務に対応しております。 各種史跡などの調査撮影、学校行事の人文字の撮影、結婚式など活用方法は無限にあり、無人ヘリの撮影により、いつもとは違う笑顔の映像が撮影できます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

マタニティフォト撮影カメラマンをお願いしました

長崎県におけるマタニティフォト撮影カメラマンの依頼例

よくある質問

マタニティフォトの料金はどのくらいかかる?

マタニティフォトを写真スタジオで撮影する場合、地域や内容によって差がありますが、平均して費用は3~6万円程度のことが多いです。

写真スタジオによってヘアメイクや衣装レンタルのサービスが含まれている場合とそうでない場合があります。カット数に応じて料金が変わることもあります。またデータのみでの納品か、プリントした写真をフォトフレーム・台紙・パネル・アルバムなどを付属させる場合は料金が高くなる傾向にあります。

屋外でのロケーション撮影や自宅への出張撮影はカメラマンの交通費がかかることが多く、屋外での撮影は場所によっては撮影許可取りや、本格的なスタジオを借りる場合はスタジオレンタル費がかかることもあります。

マタニティフォトの依頼における注意点は?

まずマタニティフォト撮影を依頼したい側は、「マタニティフォトを撮影したい」という気持ちが先行して無理のあるスケジュールを組まないようにしましょう。母体の健康が最優先です。体調が悪い時、優れない時に無理なスケジュールを組まないようにしましょう。また、マタニティフォトの撮影場所として一般的なのは、写真スタジオでの撮影です。冷房や暖房で温度管理ができる部屋の方が無理なく撮影できます。あまり張り切ったロケーション撮影をせず、スタジオ、もしくは無理のないロケーションにしましょう。

マタニティフォトを依頼する流れは?

カメラマンを決めるときは、テレビ電話や対面など、一度でも顔を合わせておくと安心して依頼できます。衣装にもよりますが、露出度の高い衣装を着るので、生理的に問題なく依頼できるカメラマンを選びましょう。カメラマンの過去の作品も見せてもらい、雰囲気の合う「こんな風に撮ってもらいたい」と思えるカメラマンを選びます。カメラマンを決めたらスケジュール、撮影場所、見積もり金額、データ納品の方法などを確認して撮影を行い、成果物を受け取り、支払いを完了します。

マタニティフォトカメラマンの選び方は?

男性カメラマンを選ぶときはまず会って話してみましょう。マタニティフォトは裸に近い、露出度の多い衣装も着ることもあります。これまでに撮影経験のある男性カメラマンであれば、「他の妊婦さんがこの人に撮影を選んだのだ」と安心できます。

またカメラマンにマタニティフォト撮影経験があれば、妊娠中の被写体を無理なくガイドできる屋外のロケーションや、いい写真の仕上がりになる、なおかつ妊婦に無理のないポーズやアングルなどをガイドできるか、「マタニティフォト」というまだ主流とは言えない撮影に慣れているか、子連れのマタニティフォト撮影など子供の相手もできるかなど、マタニティフォトの撮影経験があると安心できます。

その他気を付けるべきポイントは?

お腹にペイントをする「ベリーペイント」というものがあります。お腹の肉割れなどが気になる妊婦さんは、ベリーペイントをすることでうまくお腹の皮膚の様子などを隠しながらマタニティフォト撮影を楽しむこともできます。

ベリーペイントを施してくれる人は一緒に撮影もしてくれることもあるため、「カメラマンを探す」だけでなく「ベリーペイントのアーティストさんを探す」という方法でも、いいマタニティフォトのカメラマンが見つかるかもしれません。