岩手県マタニティフォトのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

岩手県のマタニティフォト撮影カメラマン

マサイ ヨシカズ

5.0
starstarstarstarstar
シルバー

一緒に理想のイメージを創り上げましょう!!日芸写真学科卒。講談社写真部勤務を経てフリーランスとして活躍。主に私立の大学・高校・中学のパンフレット撮影や政治家のPR用撮影を手掛ける。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

PhotoSalon Takumi

4.8
starstarstarstarstar
シルバー

あなたに寄り添う写真家×業界初!異色のカメラマンこの度は、 当店のページをご覧になっていただき 誠にありがとうございます。 岩手県盛岡市を拠点に県内外、海外で 活動をしております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社三桜

5.0
starstarstarstarstar
シルバー

よろしくお願いいたします。岩手県花巻市に本社を置く「株式会社三桜(さんおう)」と申します。 個人・法人問わず、皆様の暮らしの【御用聞き】になります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

畠山カメラ店

ニューユーザー

出張による団体写真(集合写真)および個人撮影を行っています。 イベントや慶弔スナップ、建物・風景・ペットなどの撮影にも対応いたします。写真歴30年。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

写真に関する撮影、印刷ならお任せください。 一般的なカメラの現像から昔の写真のネガが無いというものまで焼き増し可能です。 手続きなどで使用する証明写真から生前に撮影しておきたい葬儀用写真、オリジナルのカレンダーや写真集まで何でも対応致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ENdo studio

ニューユーザー

岩手県盛岡市を中心に県内で各種出張撮影サービス(ロケーション撮影)をしております。 スナップ写真から家族集合写真など各種記念撮影、プロフィールやオーディションなどのポートレート撮影、SNSなどの広報活動に使用される料理や商品などの広告写真や会社・店舗撮影、サークル・スポ少のスポーツ撮影などなど。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ウエノヒロシ写真事務所

0
ニューユーザー

・ウエノヒロシ写真事務所は、全国二科展・国展入選の写真家 上野比路諮が撮影します。 ・結婚式出張撮影 岩手県 盛岡市 北上市 奥州市 一関市 二戸市 遠野市の結婚式 出張撮影 女性カメラマン同行6万円(税込・交通費込)1000カット以上写真撮影+ビデオ撮影DVD納品 ・盛岡市滝沢市の記念写真 成人式記念写真 成人式前撮り撮影 ニューボーン 卒業入学 七五三 スタジオ撮影料5千円+写真代(六切り台紙付1面5千円・2面7千円・3面9千円 税込み) ・盛岡市滝沢市のオーディション写真 プロフィール写真=1万円 スタジオ撮影+写真2カット+画像CD(税込み) ・写真集撮影:スタジオ撮影+A523P+画…

. . . (もっと読む)
詳細を見る

みなさんのいろんな「想い出」を、素敵な「カタチ」に残せるよう、いろんなコト考えながら日々営業しております。写真撮影及び写真現像・焼き付け業務 並びに、写真機械器具の販売。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

マタニティフォト撮影カメラマンをお願いしました

岩手県におけるマタニティフォト撮影カメラマンの依頼例

よくある質問

マタニティフォトの料金はどのくらいかかる?

マタニティフォトを写真スタジオで撮影する場合、地域や内容によって差がありますが、平均して費用は3~6万円程度のことが多いです。

写真スタジオによってヘアメイクや衣装レンタルのサービスが含まれている場合とそうでない場合があります。カット数に応じて料金が変わることもあります。またデータのみでの納品か、プリントした写真をフォトフレーム・台紙・パネル・アルバムなどを付属させる場合は料金が高くなる傾向にあります。

屋外でのロケーション撮影や自宅への出張撮影はカメラマンの交通費がかかることが多く、屋外での撮影は場所によっては撮影許可取りや、本格的なスタジオを借りる場合はスタジオレンタル費がかかることもあります。

マタニティフォトの依頼における注意点は?

まずマタニティフォト撮影を依頼したい側は、「マタニティフォトを撮影したい」という気持ちが先行して無理のあるスケジュールを組まないようにしましょう。母体の健康が最優先です。体調が悪い時、優れない時に無理なスケジュールを組まないようにしましょう。また、マタニティフォトの撮影場所として一般的なのは、写真スタジオでの撮影です。冷房や暖房で温度管理ができる部屋の方が無理なく撮影できます。あまり張り切ったロケーション撮影をせず、スタジオ、もしくは無理のないロケーションにしましょう。

マタニティフォトを依頼する流れは?

カメラマンを決めるときは、テレビ電話や対面など、一度でも顔を合わせておくと安心して依頼できます。衣装にもよりますが、露出度の高い衣装を着るので、生理的に問題なく依頼できるカメラマンを選びましょう。カメラマンの過去の作品も見せてもらい、雰囲気の合う「こんな風に撮ってもらいたい」と思えるカメラマンを選びます。カメラマンを決めたらスケジュール、撮影場所、見積もり金額、データ納品の方法などを確認して撮影を行い、成果物を受け取り、支払いを完了します。

マタニティフォトカメラマンの選び方は?

男性カメラマンを選ぶときはまず会って話してみましょう。マタニティフォトは裸に近い、露出度の多い衣装も着ることもあります。これまでに撮影経験のある男性カメラマンであれば、「他の妊婦さんがこの人に撮影を選んだのだ」と安心できます。

またカメラマンにマタニティフォト撮影経験があれば、妊娠中の被写体を無理なくガイドできる屋外のロケーションや、いい写真の仕上がりになる、なおかつ妊婦に無理のないポーズやアングルなどをガイドできるか、「マタニティフォト」というまだ主流とは言えない撮影に慣れているか、子連れのマタニティフォト撮影など子供の相手もできるかなど、マタニティフォトの撮影経験があると安心できます。

その他気を付けるべきポイントは?

お腹にペイントをする「ベリーペイント」というものがあります。お腹の肉割れなどが気になる妊婦さんは、ベリーペイントをすることでうまくお腹の皮膚の様子などを隠しながらマタニティフォト撮影を楽しむこともできます。

ベリーペイントを施してくれる人は一緒に撮影もしてくれることもあるため、「カメラマンを探す」だけでなく「ベリーペイントのアーティストさんを探す」という方法でも、いいマタニティフォトのカメラマンが見つかるかもしれません。