滋賀県オーディション・宣材写真撮影のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

滋賀県のオーディション・宣材写真撮影のカメラマン

髙田崇平

4.9
starstarstarstarstar
ブロンズ

万能型カメラマンです。約10年程カメラマンとして活動しております。 写真以外にも、一眼カメラの動画撮影も行なっています。 どの撮影現場も毎回違う環境や雰囲気と出会える事。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

松浦 悟

4.8
starstarstarstarstar

素敵な笑顔を切り取ります。初めまして。滋賀県でフリーカメラマンをしています。 松浦と申します。 昔から旅行が好きで携帯のカメラで撮影していました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

感photo

5.0
starstarstarstarstar
ニューユーザー

撮影を通して、あなたに、最幸の瞬間と癒しを。はじめまして!多くのカメラマンの中から、選択し、ご覧いただきありがとうございます。 【感photo】として活動中のカメラマンの髙井真美子と申します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

芯縁

4.8
starstarstarstarstar
ニューユーザー

はじめまして! 私、写真館 芯縁(しんえん)代表の竹田伊織と申します。 私は、高校時代に白黒写真をフィルムカメラ(ネガにするところから現像まで自分で行なっていました)で経験し、その後社会福祉の道に進み、7年間ほど高齢者・障害者施設で介護士として働いていました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

行事ごと、イベント、記念ごとでの写真撮影を行っています。 とったその場で表情を確認できるので安心して撮影できます。また、焼きまし、デジタル写真 仕上げなども素早く対応させていただいております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社リバーズ

ニューユーザー

証明写真・プロフィール写真・発表会撮影・即製集合写真はもちろん、 趣味の世界に没頭する様子を、まるで雑誌やアート作品のようなこだわりの質感で表現した生前写真や、 近年人気が高まって来ている、HP用出張撮影は企業向けから、個人のSNS用の写真まで、 お客様のニーズに合わせて撮影致します!第52回 滋賀県写真展覧会 入選 関西PGC カンテキ大会 銀賞受賞 2016年関西PGC第一回フォトコンGT 金賞 2016年度 富士フィルム営業写真コンテスト 『テーマ賞』 2017年関西PGC第4回フォトコンGT金賞。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ストリーム

ブロンズ

カメラマンをしている福谷です。 舞台撮影やコンサート、出版関係のカメラマンとして経験は豊富です。そのノウハウを活かしポートレートやプロフィール撮影、また商品、料理、宣材、ウエディング、スポーツなどありとあらゆるジャンルの撮影をお引き受けします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

滋賀県守山市にある 上原フォートスタジオです。 JR琵琶湖線守山駅より徒歩約20分、名神栗東ICより車で10分のところにあります。 ウエディング、成人式、七五三、ベビー / お宮参り、マタニティ、オーディション、就職活動など 様々な撮影プランをご用意しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

デカケルgraphy ODECO

ニューユーザー

約7年間の写真館勤務の後、フリーランスとして様々な撮影をおこなっています。 結婚式の撮影をはじめ、前撮り、七五三、成人式、家族写真、広告撮影、企業様の撮影などなど。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

坂本直樹

ニューユーザー

写真を撮るのが好きで数年前からカメラを本格的に学び始めました。 現在はハイブランドのPCやタブレット、スマホなどを販売する会社で働いています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

日野 盾嗣

0
ニューユーザー

個性的な写真が多いですが、カットモデルなどの撮影もしていましたので、普通のポートレートの様な感じでも撮れるかと思います。 インスタを見てもらうのが早いかと思いますので、良ければ見てみてください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

八田 祥平

0
ニューユーザー

撮って欲しい、記念に残したい。に全力でお応えしますポートレート撮影、マタニティフォト、キッズフォト、ファミリーフォト、カップルフォト、ヘアスタイルの撮影などお任せください! 基本的に料金と時間は要相談ですが 枚数に制限はしません。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

オーディション・宣材写真撮影のカメラマンをお願いしました

滋賀県におけるオーディション・宣材写真撮影のカメラマンの依頼例

よくある質問

オーディション・宣材写真撮影のカメラマンの料金はどのくらいかかる?

宣材写真とは宣伝材料写真の略で、モデルや俳優、タレントといった芸能人のプロフィール写真、またはオーディションのために使用する自己アピール写真のことです。

全身写真の撮影料金相場は、2,000~16,000円程度、ヘアセットは、3,500~5,000円程度、メイクは、3,000~5,000円程度、メンズメイクは、2,000~5,000円程度、衣装チェンジは、1,000円程度~、背景チェンジは、2,000円程度~、肌荒れ、ニキビ、吹き出物、ほうれい線などを目立たなくするデジタル修整は、一箇所につき1,000円程度~が料金相場です。

バストアップ写真の料金相場は、約3,000~19,000円程度です。スナップ写真の料金相場は、4,000~38,000円程度です。

ヘアメイクは自分で行うか、プロに任せたいか、全身写真とバストアップ写真で背景や衣装を替えて撮影したいか、などによって料金は前後しますので予算と相談しながら決めます。

オーディション・宣材写真撮影のカメラマンの依頼における注意点は?

髪型は長さがわかるようにダウンスタイルが基本です。凝りすぎたヘアセットは行わず、清潔感を大切にします。男性は、眉毛や耳を出してすっきりした印象に整えると良いでしょう。女性はフェイスラインを隠すことはやめましょう。長い前髪はすっきりと横に流すなどして、顔を出すようにします。

服装は、自分の体に合ったサイズの、素材は春夏物などの薄手の生地が基本です。男性はシャツに細身のパンツスタイルがで、ボトムスはデニム以外の生地のすっきりとしたシルエットのきれいめのパンツを選びます。靴はブーツ以外の清潔感のあるものがおすすめです。女性は、ブラウスやタンクトップにミニスカート、またはショートパンツスタイルが良いでしょう。トップスは首や胸元が出るようにし、ボトムスは膝が出る長さにして足の長さやフォルムがわかりやすいように考慮します。ワンピースなら、ウエストラインがしっかりわかるタイプを選びます。靴はヒールのあるパンプスが足を美しく見せます。また避けたいのは、流行のオーバーサイズの服やゆったりめの服、装飾の多い服、重ね着や羽織もの、文字やロゴの入った服、目がチカチカしやすい細い縞の服や、80デニール以上の厚いタイツです。

オーディション・宣材写真撮影のカメラマンを依頼する流れは?

複数のカメラマンに見積もりを依頼しましょう。自分の撮影してほしい内容をカメラマンに伝えて、どのような条件や金額の見積もりが出てくるのか確認します。これまでの撮影実績や作品も見ながら、インターネットで口コミなども確認して、最終的に依頼するカメラマンを絞りましょう。屋内やスタジオで、着衣が少ない状態(キャミソールとショートパンツなど)で撮影したほうがいいような宣材写真を撮影してほしい女性の被写体の場合は、カメラマンに同性カメラマンを選ぶと安心して撮影に臨みやすいでしょう。

オーディション・宣材写真撮影のカメラマン業者の選び方は?

これまでの撮影実績や写真を見せてもらい、撮影した人の出演実績(オーディションなどの通過実績)などを質問しましょう。

たかが写真ではありません。オーディションや宣材写真は重要です。加工を入れすぎず、今のあなたを正しく、しかし美しくも撮影してもらうことが重要です。写真に加工を入れすぎて「写真としての仕上がりは美しいけれど実物とかけ離れている」ということでも問題ですが、仕上がりの良くない写真で書類審査さえ全く通らないようでも問題です。

その他気を付けるべきポイントは?

メイクは、ナチュラルメイクが基本です。薄化粧という意味ではなく、魅力的な部分をより美しく印象的に見せるためのメイクをします。基本的にはベースメイクでいきいきとした肌に見せ、欠点をメイクで隠したり補ったりするよりも、持って生まれた長所をより伸ばすようなポイントメイクに努めます。秘めた可能性を探り取ってもらうための、自分好みの普段メイクとは別物のメイクと考えましょう。カラーコンタクト、大袈裟なアイライン、派手なつけまつげや濃過ぎる口紅は避け、顔のバランスと骨格を正しく把握してもらえるメイクをしましょう。男性は髭を剃り、ベースメイクできれいな肌に整え、眉毛を描き足します。

女性は目に力を込め、口角をキュッと上げる笑顔が多いです。目を見開き過ぎてしまったり、逆に大笑いにならないように、自然に微笑みます。男性は、キリッとした男らしい真剣な眼差しでカメラレンズの奥を見つめるような目元で、口元は凛々しく閉じても、口角を少し上げて微笑んでも良いです。男女共にあごは少し引き気味で撮りますが、引き過ぎても上目遣いになり稚拙な印象を与えてしまうので避けます。姿勢が悪いとアゴも上がりだらしなくなりますので、背筋を伸ばしてカメラを見つめます。