宣材写真の撮影のプロが近くに105人います

どちらで宣材写真のカメラマンをご希望ですか?

必要項目を入力する

日時や場所など、依頼したい仕事内容を記入します

見積りを受け取る

あなたの依頼を引き受けたいプロから見積もりが来ます

プロを採用する

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

国内で最も人気の宣材写真のカメラマン10選

ポートフォリオ

5.0
starstarstarstarstar
シルバー

タン ダニエル

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

堂谷 健悟

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

永田 雅之

5.0
starstarstarstarstar
シルバー

濱口 恒太

5.0
starstarstarstarstar
シルバー

実際の依頼例

日本の宣材写真のカメラマンの依頼例

宣材写真のカメラマンをお願いしました

 福岡県北九州市 小倉北区

依頼カテゴリ
宣材写真の撮影


予算
2.5万円以内


詳細
風俗用


宣材写真のカメラマンをお願いしました

 奈良県橿原市

依頼カテゴリ
宣材写真の撮影


予算
2.5万円以内


詳細
LIVE配信で使いたいです


宣材写真のカメラマンをお願いしました

 東京都港区

依頼カテゴリ
宣材写真の撮影


予算
2.5万円以内


詳細
現在芸能事務所に属しており、所属事務所を辞めるに当たって宣材写真の取り直しをお願いしたくてご連絡させて頂きました。 偶然見つけたシマモトさんのお写真がとても綺麗だったので是非お願いしたいです。 このようなサイトでご連絡を入れるのは初めてなので、料金や場所など教えていただけたら嬉しいです。よろしくお願い致します。 ジャンル タレント、モデル イメージ ナチュラル 衣装 1.2パターン レタッチ希望


宣材写真のカメラマンをお願いしました

 広島県広島市 東区

依頼カテゴリ
宣材写真の撮影


予算
2.5万円以内


詳細
オーディション用の写真撮影


宣材写真とは

宣材写真とは宣伝材料写真の略で、モデルや俳優、タレントといった芸能人のプロフィール写真、またはオーディションのために使用する自己アピール写真のことです。

宣材写真の種類

全身写真

全身写真とは、頭の先からつま先まで身体のすべてのパーツの情報を得るための写真です。
主に足の長さや腕の長さ、骨格、各身体パーツの状態とバランス、髪の長さ、全体の雰囲気、何頭身かなど、その人が持つ身体的特徴を見ます。

バストアップ写真

特に顔のパーツや輪郭、バランス、表情、肌の色や質感、髪型とその長さ、色などを見るための写真です。求められる役柄のイメージと照らし合わせたり、想像を膨らませたりできるような1枚を用意します。

スナップ写真

スナップ写真はカメラを意識しない、いつものあなたをアピールする写真です。例えば、ギター演奏が得意であればギターを抱えた写真であったり、アウトドアが趣味であれば自然の中でリラックスした様子を撮影するなど、一般的な宣材写真とは一味違う一枚を用意します。

宣材写真の料金相場

全身写真撮影

全身写真の撮影料金相場は、2,000~16,000円程度
ヘアセットは、3,500~5,000円程度
メイクは、3,000~5,000円程度
メンズメイクは、2,000~5,000円程度
衣装チェンジは、1,000円程度~
背景チェンジは、2,000円程度~
肌荒れ、ニキビ、吹き出物、ほうれい線などを目立たなくするデジタル修整は、一箇所につき1,000円程度~

バストアップ写真撮影

バストアップ写真の料金相場は、約3,000~19,000円程度です。

ヘアメイクは自分で行うか、プロに任せたいか、全身写真とバストアップ写真で背景や衣装を替えて撮影したいか、などによって料金は前後しますので予算と相談しながら決めます。

スナップ写真撮影

スナップ写真の料金相場は、4,000~38,000円程度です。

宣材写真を撮影する前に準備しておくポイント

髪型

髪型は長さがわかるようにダウンスタイルが基本です。凝りすぎたヘアセットは行わず、清潔感を大切にします。男性は、眉毛や耳を出してすっきりした印象に整えると良いでしょう。女性はフェイスラインを隠すことはやめましょう。長い前髪はすっきりと横に流すなどして、顔を出すようにします。

服装

服装は、自分の体に合ったサイズの、素材は春夏物などの薄手の生地が基本です。男性はシャツに細身のパンツスタイルがで、ボトムスはデニム以外の生地のすっきりとしたシルエットのきれいめのパンツを選びます。靴はブーツ以外の清潔感のあるものがおすすめです。

女性は、ブラウスやタンクトップにミニスカート、またはショートパンツスタイルが良いでしょう。トップスは首や胸元が出るようにし、ボトムスは膝が出る長さにして足の長さやフォルムがわかりやすいように考慮します。ワンピースなら、ウエストラインがしっかりわかるタイプを選びます。靴はヒールのあるパンプスが足を美しく見せます。

また避けたいのは、流行のオーバーサイズの服やゆったりめの服、装飾の多い服、重ね着や羽織もの、文字やロゴの入った服、目がチカチカしやすい細い縞の服や、80デニール以上の厚いタイツです。

メイク

メイクは、ナチュラルメイクが基本です。薄化粧という意味ではなく、魅力的な部分をより美しく印象的に見せるためのメイクをします。

基本的にはベースメイクでいきいきとした肌に見せ、欠点をメイクで隠したり補ったりするよりも、持って生まれた長所をより伸ばすようなポイントメイクに努めます。秘めた可能性を探り取ってもらうための、自分好みの普段メイクとは別物のメイクと考えましょう。

カラーコンタクト、大袈裟なアイライン、派手なつけまつげや濃過ぎる口紅は避け、顔のバランスと骨格を正しく把握してもらえるメイクをしましょう。男性は髭を剃り、ベースメイクできれいな肌に整え、眉毛を描き足します。

表情

女性は目に力を込め、口角をキュッと上げる笑顔が多いです。目を見開き過ぎてしまったり、逆に大笑いにならないように、自然に微笑みます。

男性は、キリッとした男らしい真剣な眼差しでカメラレンズの奥を見つめるような目元で、口元は凛々しく閉じても、口角を少し上げて微笑んでも良いです。

男女共にあごは少し引き気味で撮りますが、引き過ぎても上目遣いになり稚拙な印象を与えてしまうので避けます。姿勢が悪いとアゴも上がりだらしなくなりますので、背筋を伸ばしてカメラを見つめます。