成人式の写真撮影のプロが近くに1271人います

どちらで成人式のカメラマンをご希望ですか?

必要項目を入力する

日時や場所など、依頼したい仕事内容を記入します

見積りを受け取る

あなたの依頼を引き受けたいプロから見積もりが来ます

プロを採用する

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

国内で最も人気の成人式のカメラマン10選

ポートフォリオ

5.0
starstarstarstarstar
シルバー

タン ダニエル

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ
ポートレート、結婚式、イベント、ダンスのカメラマンカリフォルニア州の出身、今東京に住んでいます。日本の伝統的なもの、芸術、ダンス、音楽や大好きで、チャンスがあれば、いつも写真を撮ります。

永田 雅之

5.0
starstarstarstarstar
シルバー

濱口 恒太

5.0
starstarstarstarstar
シルバー

神林写真館

5.0
starstarstarstarstar
シルバー
お客様のご希望に沿うお写真を納品させて頂きます。はじめまして。カメラマンの神林(かんばやし)です。 営業出身のカメラマンとしてコミュニケーションを大切にしています。

実際の依頼例

日本の成人式のカメラマンの依頼例

成人式のカメラマンをお願いしました

 栃木県那須塩原市

依頼カテゴリ
成人式の写真撮影


予算
2.5万〜5万円


詳細
子供と旦那と撮りたい


成人式のカメラマンをお願いしました

 茨城県つくばみらい市

依頼カテゴリ
成人式の写真撮影


予算
2.5万円以内


詳細
成人式当日、実家の玄関等で家族5人と一緒に写真が撮りたいです。 また、ピンショットもお願いしたいです。 時間は10:30-12:30です。 お願い致します。


成人式のカメラマンをお願いしました

 長野県上田市

依頼カテゴリ
成人式の写真撮影


予算
2.5万円以内


詳細
成人式写真


成人式のカメラマンをお願いしました

 長野県塩尻市

依頼カテゴリ
成人式の写真撮影


予算
2.5万円以内


詳細
娘の成人式の写真


成人式の写真撮影の種類

前撮り、後撮り

前撮りとは、成人式より前の別の日に、あらかじめ写真を撮っておくことです。後撮りとは、成人式が終わってから改めて別の日に写真を撮ることです。

就職や通学の関係でから離れて暮らす人は、成人式には出席せず、写真撮影だけの成人式として前撮りや後撮りを利用するケースもあります。前撮りや後撮りをすると成人式の当日は式典や同窓会への出席に集中でき、後撮りはメイクや髪型が気に入らなかった、写真が気に入らなかったような時に改めて納得のいく写真を撮影できます。

前撮りの撮影時期は、成人式の1年前くらいからが多く、前年度の成人式が終わった1月下旬頃から夏前までの撮影がおすすめです。10月から11月は七五三の時期に重なり予約が取りづらくなるので、早めの予約を心掛けます。後撮りの撮影時期は、成人式後1年以内が一般的です。

成人式の当日

成人式の式典が行われるその日に、ヘアメイク、着付けをして写真撮影を行います。1日で済ませることができますが、早朝からの準備など過密スケジュールになります。

一般的にはヘアメイクと着付けの後、写真撮影を行ってから式典へ外出という流れですが、スタジオの予約状況によって、式典後の撮影になる可能性もあります。成人式当日は大変混み合い、時間的な制限もありますので、ポーズや撮れ高を確認しながらじっくり撮影することはなかなか難しいでしょう。

予約時期のめやすは、成人式の1年前から2年前です。早めの予約を心掛けましょう。写真スタジオの前撮りプランなどでは、成人式当日の衣装レンタル、ヘアメイク、着付けが含まれていることがあります、上手に利用しましょう。

成人式の写真撮影の、料金や相場

写真スタジオ、スタジオに出向く

撮影プランは大まかに、前(後)撮り、当日撮りと外出、前(後)撮り+当日着付けと外出の3種類に分けられます。

前(後)撮りのプランは撮影料、衣装レンタル、着付け、ヘアメイク、撮影データがセットになっていることが多く、約35,000〜10万円程度です。当日撮りと外出のプランは、同様のセット内容に加え、衣装を着たまま成人式へ出席できます。料金は約40,000〜10万円程度です。

当日撮りには時間の制約があるため、ポーズ数に制限が付く場合があります。また、撮影後に直行バスで会場まで送ってくれるプランもあります。

思い出の場所やロケーション撮影の撮影場所に出向く

衣装、着付け、ヘアメイクは自前で用意する場合、約20,000~50,000円程度です。着物のレンタルや着付け、ヘアメイクが必要な場合は、約70,000~16万円程度で、プランによっては美容師の同行が付くこともあります。

料金には撮影料、撮影データが含まれ、カメラマンの出張料(交通費)の有無は確認しましょう。他にも駐車場代や通行料金などがかかることもあります。土日祝日と平日では、平日の方が安くなる傾向があります。

価格が抑えられているプランには、撮影時間が60分など制限付きが多く、カメラマンの拘束時間が長くなればその分料金もかさみます。

撮影衣装

振袖の場合は、写真スタジオや呉服店でレンタルをする、新たに誂えたり、母親などの家族が着ていたものを受け継ぐなどいくつかの選択肢があります。自前の衣装を使用する場合は、打ち合わせ時に衣装を持参して、着物の状態などを見てもらいます。小物類も一緒に持参して確認してもらい、足りないものだけをレンタルすることもできます。

振袖レンタルでは、体形補正用の脱脂綿やタオルだけは自宅から持参するよう指示がある場合もあります。また人気の柄やセットは2年近く前から予約や問い合わせが入ることもあります。希望の色や柄、こだわりがある場合は早めの予約を心がけましょう。

スーツを着用する場合は、新調する、持っていたスーツを着用する、レンタルなどの選択肢があります。

ヘアメイク

スタジオ撮影であれば、ヘアメイクは着付けと一緒にしてもらえることがほとんどです。そのほか、自分で全て行う、メイクをして美容院に行き髪をセットしてもらって振袖を着せてもらうこともできます。振袖の写真を持参して前もって打ち合わせをすると安心です。希望の仕上がりイメージの画像があれば、それにも目を通してもらいましょう。

一緒に撮影する人の服装やヘアメイク

家族の服装は、フォーマルファッションが基本です。礼服までは必要ありませんが、成人のお祝いの席にふさわしいきちんとした印象の服装を心掛けます。父親や祖父ならスーツを着用します。兄弟で学生なら制服、シャツにネクタイ、綺麗めのパンツにベスト程度でも良いでしょう。

母親や祖母なら着物、ワンピースにジャケット、ツーピーススーツ、姉妹なら、兄弟と同じく制服で良いですし、ワンピースやツーピーススーツなども多いです。